<< 先週のアジ練。 | main | ほっとしたのもつかの間で・・・負の連鎖 >>

2007.02.27 Tuesday

順調そう・・・寅ちゃん(~_~;)

寅ちゃんがNORIさんのおうちに嫁いで3日目である。
すっかり慣れた様でトイレも成功したらしいし、ワクチンも終ったとブログに近況を書いてくれているのでほっとしている。ネットをやっている飼い主さんだと子犬の近況が早くわかって助かる事が多い。子育て日記は約一年くらいだろうが、その後もバシバシ書き続けてくれるとうれしいなぁ!


寅ちゃんは1頭で生まれてきて最初のうちは本当に一人ぼっちだった。
ママは初めての出産で子犬を構う事に慣れていないし、一緒に遊べるはずのダックス達は寅ちゃんがあまりに大きいので最初のうちは一緒にしてあげられなかった。その分裕貴が遊んでやり私がかまってやりを気にして接触したが彼の性質を強く育てたのはたぶんロックのおかげじゃないかって思う。
ロックは気が付いたらうちの末っ子である。犬の群れの中には微妙な順列はあるが狼のように確定的なものではない。年齢順でもないし持って生まれたものの強さみたいなもので多少の順列が出来る。しかし生き物の本能というのかとにかく女は強い(苦笑)
女の子が末っ子の場合には一番年齢の若いオスが末っ子状態になるのは我家ではよくあることだ。だからロックがうちの仔になる前はあんなに大きなサンダーが末っ子状態で、チビのパフィーにさえ「アンタどきなさいよ!」とか言われて・・(/_;)

男の子は女の仔に比べるとことのほか優しいと思う。自分が女だからなのか雌犬にはやたらと嫌な部分が目に付く事が多い。その点男の子はいいんだよねぇ〜!
心をつなげられる相手が同性であっても異性であってもなんら変ることはないように思ってはいたけれど、私の場合はやっぱり異性の方が相性が良いと思っている。やっぱ相手は自分に対して理解があって何もかも大きく包んでくれるような包容力ツゥ〜モンを持っていてくれたほうがいいに決まっている(^_-)-☆

犬の成長は人に比べるとはるかに早いのでいつの間にかサンダーもおとなになっている。おとなになった雄犬はこれまた素晴らしく理解があって包容力が大きくなっている。子犬のときとはえらい違いの子が多い。
サンダーは性質はダッシュに良く似ている部分を持ちながらクリスの繊細さもある。幼い時期に大きな病気をしたこともあるし、過保護に抱きかかえるように接触を密にして育てて来た子だ。勿論女の子だって同じように育てたらサンダーみたいになるのかもなと思うけれどある程度の大きさになったときに私のご主人はママだよねといってくれる女の子は少ない(苦笑)
リーダーはママだけど、ご主人はユウちゃんだもんという女の仔軍団にはたまにむかつく事もあるけれど、逆に動きの良い使いやすい男の子たちに裕貴が僕はママの方が好きすと言割れてムッとしているのを見るとついにやりとしてしまったりする。

長くなったけど、つまり私は雄犬のほうが断然好きなわけだ。
ダッシュはパパの犬になったけど、サンダーは誰に使わせても私の犬である。ロックもそうして行きたいなと思っている。寅ちゃんが残るかなと思っていたとき当然のことながら残るのなら私の犬にしようと思っていたのでたぶん一緒に多くのことを教えていくだろうロックとよく遊ばせるようにしてきた。

ロックと仲が良いと後々楽だからである。

ロックは実は強そうで強くない(苦笑)マァ大勢の兄ちゃん姉ちゃんがいるのだから男の子だって言う事も関係してチビのうちはサンダー同様強くなれるはずも無く厳しい制裁を受けつつおりこうさんになれるべく努力し続けている。
ところが寅ちゃんはおとなたちからうちの仔になるならあんたこうしてなきゃ駄目ヨという手厳しい制裁をあまり受けていない運のいい子である。要領が良かったのから数回で済んだのかもしれないが・・・(笑)

やたらしつこいロックとの絡み合いで如何に楽しく戦いごっこをするかってことくらいが寅ちゃんの作ってきた技で決して参りましたぁ〜といわないで体格差のあるロックといい勝負して遊んでいた。。。そのうえにたまに、女王様気取りのレナまでもが絡まって来たのだから、兄ちゃんの扱い、女の子の扱いも少しは学んでいただろうか?

最近の子犬は子犬同士で遊ぶことは知っていてもおとなの犬に対してどんな風に振舞うべきなのかを知らないまま人に売られてしまう子が多い。
まるで人間の世界の子供にも良く似ている。
寅ちゃんは白やイブがいてこれからバッチリしつけられていくだろうか(笑)

ロックも寅ちゃんも大きくなったら同世代である。あぁ・・頑張らなきゃね(笑)

マァ寅ちゃんは要領がいい子だったからそこら辺はうまくやっていくだろうな。問題はあの元気印の性質だ。NORIちゃん、お頑張りあそばせ・・・(~_~;)
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

Trackback URL


Comments

Comment form