<< ブリーダー崩壊 | main | DISCDOG練習会@サンダーチーム。 >>

2008.04.19 Saturday

ジャングル大帝レオは存在したか?

仰々しいタイトルの日記ですが(笑)

毛色の遺伝子のページ作成途中の折に中国で正体不明の動物を【怪物】として紹介などと言うニュースを見た。
ニュースはこちら

この動物ってたぶんハクビシンと言う哺乳類のアルビノだと思う。
書かれたニュースには

問題の動物は、全身を黄色い毛で覆われており、長い尾を持ち、姿は狐に似ている。顔には小さく突き出た口があり、形も色も子豚にそっくり。鼻はひしゃげて丸く、目はピンク色で兎の目に似ている。耳は楕円形で、白くて長い鼻ひげが生えている。


とある。つまりはアルビノ。日本の白兎と同じだ。
そのうちアルビノの事はページにするんだけど(~_~;)

さてお題のレオはいるかって言う事について実はレオはアルビノじゃないんだよね。彼は目が赤じゃないので白変種と言う現実に存在する白いライオンなのですよ。

当然ながら白変種についても今調べているのでそのうちページになるとは思うけど(笑)
白変種で有名なものは群馬サファリパークなどで見られる白い虎とか。

これとは反対の色の黒もある。黒変種と言って有名なのは黒豹。猫科の生き物に限らず色々出現してる。

これを知らなかったときはアルビノなのになんで目が黒いのかとか縞模様が黄色にならないのは何故なのかとか黒豹に模様があるぞとかずいぶん悩んだんだよね。。。

ちなみに今の所犬にはアルビノは無いといわれている。黒変種の方はわからない。そこら辺も勉強中。

ちなみに現在アニマルプラネットだったかナショジオだったかで【アウトサイダー】と言う題名で白変種のライオンとクロコダイルの成長を追った番組をやっている。アルビノっぽいヤマアラシも出てくるけど興味のある方はいかが?

漫画のレオも素敵だけれど、実物の白いライオンは神々しくてまさに神様の使いって言う感じ。それにしても人は撫ぜ白い生き物に神を想像するんだろうネェ・・・。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

Trackback URL


Comments

Comment form