<< 練習会のお知らせ | main | ちびっ子登場! >>

2008.03.31 Monday

ドッグショー観戦

久しぶりの大きなショーを見に行ってきた。
最近はどうしても行かなくてはならないショー以外にトンとご無沙汰である。

ショーリンクの前でMAGICファミリーの人に犬の見方なぞ簡単に解説していてふと周りを眺めて見れば、知らない人ばかり・・・。

知り合いにこの人はだれだれさんと紹介されたけれど、たぶん覚えられていないんだろうなぁ・・・。
でも懐かしい顔ぶれもいて、今日の審査ならこの犬だよねぇ〜と、あたりはずれを楽しむ余裕もできた。

フィールド系、トライアル系といわれる動くほうのスポーツドッグがメインになった私の頭の中は、どうしてもその犬が生まれ持った構成と大昔から受け継がれ続けているはずのハーディングとしての能力を感じさせてくれる犬に魅力を感じてしまうようになった。

ゴージャスで毛量豊かな美しいシェルティーはもちろん好みのうちに入るが、一日中走り回ってもへこたれないように感じさせるはつらつさと、なにごとにも動じない様に見せるきりっとした精神がにじみ出るような顔つきのシェルティーをショードッグの中で探すのはなかなか難しい。

それでも今回は勝ち上がった犬たちの中にドッグスポーツをやらせてもきっといい成績を残すだろうなという犬が見つかって嬉しかった。

ドッグショーを観戦しているというのに、頭の中は今年中に我が子たちを競技会に出られるように、理想とする成績が残せるように作れるだろうかという想像ばかりだった。

先週DISCの大会でアトムのパパに出会い「今年はなにやらやらかすんですか?」と聞かれ、書いていましたよ〜といわれて多少なりともぞっとしている(苦笑)
それは無言実行ではなく有言実行をポリシーにしている自分へのプレッシャーに他ならない。

・・・無言にしておきゃよかった。

でも何を書いたのかも覚えていないのでとりあえず今思い描いていることに着手するしかないか?

若手の育成には時間がかかるが昨年ジェニーのことでへこんでしまった気持ちを起こし、今年ミールが頑張ってくれたことに答えるためにも時間を調整して犬たちに学ばせる時間を作ろうと思う。

シェルティーが多くの人に良い犬種であると知ってもらうために、そしてどんな人も犬と多くのことを共鳴して楽しめるということを伝えられるように・・・。


話は変わるが買いものツアーの途中にかっこいいドッグカートを見かけた。
「MR MAC」というロゴの記憶を頼りに検索してみるとカートは見つかった。が・・・88000円なり(苦笑)

人間用の乳母車のほうが安いじゃん・・・。うちのカートもまんざらじゃないけれど、MR MACはもっとがっちりしてていいなって思ったんだけどね。

お買い物で足が棒になってやたらに疲れたショー観戦だった・・。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

Trackback URL


Comments

Comment form