<< あと少しです・・・ | main | 新年会 >>

2008.01.11 Friday

Category: 我家

あれもこれも・・・

サイトが変らないまま時間が過ぎている(/_;)。凍結していたのでこれから頑張ります。

何も手につかないで数日寝ていなかったのでうっかりと仔犬の狼爪を切り忘れる所だった。

私は自分では子犬の狼爪が切れない。あの痛みと恐怖の為に出す声を聞いていられないから・・・切ったら血が出るしそんなのマジに駄目。で・・・獣医さんに切ってもらう訳。

大昔、獣医になりたかった時に生きている動物を自分たちが学ぶ為に犠牲にする時間があると聞かされて目指すことを一瞬で断念した。
息子も同じく。よわっちいヘタレ家族だ(苦笑)

生きられるものを助けたい、苦しみを減らしてあげたいと言う願いはそれを叶える前に勉強する過程で自分には出来ないものを強いられる。乗り越えられない人には無理なのだ。その場面まで行く前に自分を知ってるから諦められる。とイイワケして今がある(笑)

犬達の悲鳴が胸に突き刺さり涙がこみ上げてきてしまうような私には、死ななければならない理由が人のエゴによるもので、それも人間にはしないのに動物だからと言う理由で認められてしまっている理不尽さを受け入れられないんだから仕方がない。痛がったり苦しんだりしている姿を冷静に見ていられる強さがなくちゃ獣医なんかもとい、医者なんか務まらないんだろう。私はヘタレでソウ言う事にはとっても敏感すぎて、自分は本当は痛くないはずなのに同じように痛い気になってしまうんだモノ無理に決っている(苦笑)

だから狼爪切りは自分が出来るはずもなく、毎度獣医さんにお願いすることになるわけだ(苦笑)


子犬が生まれてくると「狼爪」という野生の時代の名残らしいいらない爪(指)がついてくることがある。
前足のものは私は犬と暮らしている中で彼らがちゃんと使っている爪だと知ったので今までもこれからもとる事はない。逆に切られてしまったら困るの再三前は何もしないでと頼んでいる。

でも後ろ足のものは引っかかってはがれたりしたら大怪我になると聞かされている。実際そうなったと言う事例はきいたことがないけれど、ショードッグから始まったばかりに今まで切らなかったことはない。

たった1頭ジェニーは大きな狼爪を両後ろ足に抱えたまま、切らないままで生涯を過ごした。でも危ないことなんか一回もなかったなぁ・・・勿論爪きりの数が増えるけれどね・・・

そんなこんなで狼爪を切ってもらったわけだけど、長いことお産がなかったせいで当然狼爪を切りに行くこともなかった。値段も前と同じだろうと思っていたら2頭で診察料込みだけど5000円だって・・・はぁ・・・物価上昇の折ですか・・・。

自分ができない嫌な仕事をしていただいたのだから高いの安いのと言う事じゃないんだけれど、そんなに払ってたかなぁと思うくらいビックリした(苦笑)

うちで使うペットシーツは50枚入りだったのが同じ値段のまま36枚入りに枚数が激減。14枚も減らすってそれって酷くない?
売れ筋のシーツじゃないから仕方がないのかもしれないけど、ため息が出る。

ドッグフードも軒並み値上がった。ナチュラルハーベストがぐわっとあがったと思ったら2月にはヒルズも上がるんですってね・・・

人間のものは我慢できても犬のものは我慢できないものもあるしこの上に消費税なんか上げられたらたまらない。増税反対!!(^^ゞ

話がずれてしまったが・・・

実は狼爪を切って貰っている時に病院の中でたぶんポメラニアンの子が診察を受けていたのだと思う。声質がうちのポメと似てたから・・。

そのポメちゃんは心臓が悪いのかしわがれた声で酷く辛そうな声で叫んでいた。聞きようによっては人間の新生児の声のように聞こえた。
私は身の縮む思いでその声を聞いていたけどそばにいた人たちは笑いながら面白い泣き声ネェ〜と言っていた。

犬への気持ちとか感性ってこんなに違うものなんだなぁと解ってはいるけれど突きつけられたようで悲しくなった。
苦しくて恐くて鳴いていても笑われてしまうんだね・・・その思いは伝わらないんだ。人間はどこまで鈍感なんだろう・・・。ふぅ〜・・・。

ちびたちは私が声を掛けて触ったら落ち着いてきた。さぞかし痛かったことだろう。化膿しないようにしばらくは良く傷口を見ていかなければと思う。モリーのようにかさぶたの下が化膿していたりしたら大変なことになる。

モリーの後ろ足の指はかなり深くまで化膿した結果動かない指がある。神経は通っているけれど動かすことはできない。生きるためには問題はないけれど毎日を楽しく走って暮らしているけれど大きな代償も支払ったモリー。
同じことは繰り返さない。ソウじゃなくちゃモリーに許してもらえないから・・・。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

Trackback URL


Comments

Comment form