<< おっぱい大作戦! | main | 夢に向って・・・byユノ >>

2007.12.21 Friday

待て!うち流?

訓練というほどでもない程度で良い、1歳くらいまでにはマスターしておきたい躾けに【マテ】がある。この待てって以外に曲者で出来た様でなかなか出来ないものなんだ。

我家は確かに2歳くらいまで野放図に育てて訓練といったものは気合を入れて教えたりはしないけれど、基本的な【待て】と【コイ】については訓練じゃない躾けのひとつと言う気持ちで取り組んでいるので1歳くらいまでにはその犬によって求めるレベルの差はあるけれど一応教えている。

ちゃんとできない人が多いのは、犬を待たせちゃうからなんだろうなって思うんだけど、確かに最終形態の【待て】は犬から人が離れても、指定された場所から犬が動かないでいられる事だから、一足飛びにやりたい人はしくじりやすいのかもしれない。

【待て】の最初は犬の前に立って【待て】と言葉と手のひらを犬の顔に見えるような角度(ほぼ平行)にかざして犬に動かないでいるように諭す。
この時犬の形は立っていても座っていても伏せていても良いのだけれど、動きにくいという意味で座らせてから教える事が多い。

つまり座った形から教えると言う事なら【座って待て】という命令を出したことになる。この場合座れが理解できていないとしゃれにならない(笑)

で・・・一瞬でも犬が動かなければイイコだねぇ〜って褒めて行くわけだが、最初の内は飼い主は動かずに犬の前に立ったままでじっとしていられるかを確認して時間を伸ばしたほうが上手く行く。
意味を理解できない犬は時間を伸ばして行く事で座っている作業すらやめてしまうことが多いからだ。
そうなると離れたらややこしくなる上にすぐに元の座れに直してばかりという現象がおきてしまう。

こういうのは犬は嫌いだ(笑)

どんなしつけも訓練も、犬に取っては遊び感覚の方が上手く行く。でも教えようとするあまりに飼い主は気が着かないままに強制し始めてしまうので犬が面白くないから気持ちが拒否して理解に繋がらないのだ。

犬の前に立って【待て】と言って数分動かないでいられるような優等生なら一歩下がる。
最初と同じように少しづつ時間を伸ばして行くが、まずは【待て】と言って一歩下がったら一呼吸くらい置いてすぐに犬の前に戻る。そして大いに褒める。

つまり、離れてもすぐに戻ると教えるわけだ。
一歩はなれて時間を伸ばし良い感じに待つなと思ったら離れる距離を長くしていけばよい。少しづつに決っているが、DISCと同じで多くの人は急に距離を伸ばして犬を不安にさせるのでせっかく犬が学べたのに飼い主自ら壊してしまうのじゃないかと思う。

出来ているという確認作業を怠らなければ数回づつ繰り返して徐々に距離を伸ばせるくらい犬は実際は賢い生き物だ(^_-)-☆

サンダーは数日で数十メーターはなれても確実に待てるようになった。
今日はココまでと決めて離れる距離が短いうちにたくさん失敗してもらい確実に待てるようにしてから伸ばすことにすればそんなに難しいことじゃない。
もっとも数十メーターはなれて待つことなんか要求する必要はほとんどない飼い主さんが多いはずなので直線距離は5メーターも離れられればヨシと考えれば良いと思う。

私はサンダーとのサークルを広くしたいと言う思いが最初から合ったので離れても不安感を持たせないために徐々にだけれど最後はかなりの距離を取って離れても不安にならないように教えてある。これは遠隔の作業に持ち込む時に都合が良く、離れる前にそばにいる時に山ほどの誘惑とストレスをかけて狭いサークルの円を縮めておく作業もこの時に一緒に教えておく。そうすればどんなドッグスポーツをするのにも犬との距離を測る必要が無くなる利点があるからだ。

距離を離れられるかは最初のポイントの【飼い主は自分の元に戻ってくる】という公式を犬が理解できなければならないのだから、待たせた以上は動かずにその場にいたことを犬のいる位置に戻ったら大いに褒めて、その子がどれほど賢いか、どんなに嬉しいことをやってくれたのかを犬に伝えなければ犬も伝えられる意味がない。
犬が動いてしまう事で怒りを感じたり、むかついたりしたらもうその日はやめたほうが良い。どの道【待て】にしたって【遊ぶ】という感覚でやるものだし、遊びの中には怒りや失望はありえない感情だからだ。失敗を笑って許せるくらいじゃないのなら犬に何かを教えることなんかやらない方が良い(苦笑)

次に同じ【待て】と声をかけたら直線に下がることはやめ、犬の右側についてみたりして動かないかどうか確認をしていく。右が待てるなら左へ、両方とも大丈夫なら犬の後ろへ回って見る。
できるようならぐる繰り回ってみるとか、マァ犬を失敗させてみようと言うくらいの感覚でやりしくじったら「動かないでいるんだったよねぇ〜」と再確認させて行くと犬はちゃんと覚えるものだ。
最初は悲しくなるくらい動かれて失敗ばかりで修正し続けることになるものもあるし、一回で動かないので先に進める場合もある。成功しやすい子は飼い主が理解できていると言う錯覚に陥りやすく後々こんなはずじゃなかったのにと言う事に遭遇しやすいと思う。簡単な時に多く失敗を繰り返させたほうが犬には理解が深くなると思っている。

なので、どっちが後が楽かって言うと・・・(笑)私は側にいる時にしくじってくれる方が面白いし教えやすい。そばにいる時に何度もしくじった方が、何を要求しているかを伝えやすいためで、人がそばにいて失敗から学ばせることは、離れてからしくじったものを修正するよりもずっと短時間で要求している事への理解を確実にすることができる。

飼い主がいろんな行動をとっても、犬は動かない約束だねとわかるようになったら今度は歩くだけではなく周りを飛んだり跳ねたりしてみる。(間違っても【待て】を解除しないで・・・)

次には少し離れて動く動作を伴わせ、【待て】の理解が深いかどうかを確認して行く。

たいていはここら辺で【待て】ができるのだと思い込む飼い主が多い。
こんなもんじゃ何かあったらすぐにぶっとんじゃう(笑)この程度で犬のリードを放しても安心とは到底いえないレベルだ(笑)

当然だけど、信頼できない犬の状態なのだからロングリードを装着して教えることは言うまでも無い(笑)

で、ココからレベルアップして誘惑を掛けて行く。
他の犬が近くに着ても動かずにそちらに興味を持たないで待てる様に教えることも必要。待たされている犬の周りを違う犬達にぐるぐる回らせたり、側に寄らせたりするわけだけど全てはいきなりはやらずに最初は距離を置いて少しづつ馴らして行くことがうまく行く秘訣だ。
協力してもらう犬は最初は完成されたおとなしいちょっかいを出さない犬が理想。その次は少し元気があって臭いなんか嗅ぎに来る様な子へお願いして行く。最終形態はオスの場合は特に去勢されていないオスを使う。完全無視が出来ればPerfect!

その他にはボールとかが投げられても、犬が好きなおもちゃが何であっても指示に従えるように教える。勿論この作業になる時はそばにいることから始める。投げられたボールに反応して動いちゃったらアウトが当然(笑)犬は賢いのでちゃんと伝えれば動くものにだって反応しないでいられる。出来ないのは人間側の伝え方がわるいだけ。(苦笑)動くものを追うのは本能だから出来ないなんって言うのはナンセンス。こう言う事を教えていないから自転車とか人とかに飛びついたり吠え掛かったりもするんだろうなって思うんだけど違うかしらネェ・・・。問題とされるものをやめさせるって言うのは強制的に止める作業だけでできるものじゃない。もっと基本的なことを学ばせておかなければ応用編は犬には難しい(笑)

誘惑の種類には色々あってどこまで確実にするかは人の好き好きだ。私は昔キャンディーを他人から食べ物をもらっても良いと教えてあったばかりに誘拐されそうになった苦い経験があるので家族以外から食べ物をもらうようにするのが好きじゃない。(苦笑)数年前まではうちの犬は他人(ファミリーからも)から食べ物をもらわせないで着たのでPerfectだったのに、ここ数年それを崩してしまう状況に緩んでしまい、それは私の甘さが問題なんだと痛感したので今大いに反省していて修正しはじめている。犬には本当に申し訳ないなと思いながらだが、初志貫徹だ。だからうちの仔に食べ物をあげたがらないでね。(苦笑)

昔のオフ会では犬の運動会まがいのことをやった中で【お肉の誘惑に勝てるか?ゲーム】なんかもしていた。

犬なんか肉があったら無理だよっておもうかもしれないけれど、ちゃんと教育された犬は肉にも勝てるからネェ〜!
確かシークとシータが最後まで頑張って両者優勝にしたんだったっけかなぁ・・・懐かしい(^_-)-☆
マァ最近じゃそこまで頑張る人も少なくなったって言うかステータスが違うのかもねと思うことも多いけど、自分はこれを変えていない(笑)最初から拒食(他人からの食べ物は受け付けない)を持っている犬もいるけど、大丈夫なのねと教えたらひとたまりもない。マァそれのことは後々書くとして・・・

食べ物にも釣られないし、おもちゃにも釣られない。時間もこちらの解除まで問題なくこなせるとなればOKと言いたいところだが・・・完璧を期すのなら、もうひとつ、指示を出した人間から離れた位置で他人に犬を呼んでもらう。これは結構動くことが多い。これがクリアしたら?・・・実はまだまだなんだよね。(笑)

今度は姿が見えなくなると言う状況の中でもこちらの要求を理解できているかを確認して行く。最初はあきらかに犬から見える位置に隠れてみるが、すぐに戻っての作業を繰りかえすことは同じだ。
徐々に完全に見えない位置に行くようにし、時間を長くしていく。

犬が飼い主の姿が見えなくても待っていられるのは必ず戻ってくると言う信頼からだ。だから彼らを裏切ってはならない。
この作業まで来ると命令の中に意味が現れて犬は待つと言う仕事をこなす感情になる。ココまで持ち込めたらかなり良い感じ(^_-)-☆

こういう作業に持っていきながら誘惑も入れつつ完成に近づける。

で・・・最後の仕上げは家族の協力を仰いで、指示を出す人間(飼い主)の命令に従うことを要求してみる。つまり指示を出した人間(飼い主自身)が解除しない限り家族がどんなに呼んでも動かないでいられるって言うのが最終形態だ。家族の中の好きな人が呼ぶことも無視できちゃうくらいまで行ったらかなりスゴイ(笑)

こういう地道なトレーニングをして完成系に近づいた犬を私はまだ数頭しか知らないんだな。自分の持ち犬だってここまで完璧ですと胸が張れるかって聞かれたら最近の若手はまだ教え切れていないので、実際、頭掻きそうだし・・・(笑)
でも本来できるって言うのはこうしたものの完成形を言うのであって、形ばかりができる程度じゃ自分的にはNGと言いきってしまうのも理解してもらえるカナと思う。勿論私の犬に対してこういう事を理解できる子が好きと言っているだけで人様の犬の出来具合にけちをつける気は毛頭ない。(笑)

ただ実際に完成された犬を知っている以上、目指すものは頂点で良いと思う。上には上がいるので憧れの犬以上の犬に出会ったらもっと上を目指したいかもしれないけど(笑)

どこまで教えてみるかは人の好みの問題だと思う。私は自分の犬の命を守る為に外に出る機会が多くその危険が高い犬ほどきっちり教えようと思っている。

まだまだの子ばかりなんだけどネェ〜・・・。。。(^^ゞマァ楽しみながら地道に続けて行くのがうち流なんだわね、きっと(^_-)-☆
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

Trackback URL


Comments

おお〜!ソウだよ〜!がんばれぇ〜!

書いていて私も気がついたのよねぇ〜(笑)最近なまっとるわ(苦笑)
今年はジェニーの事で辛い一年になっちゃったからさ、秋から心機一転でサンダーと頑張り始めたけど、気がつけばな〜んにも教えていない奴らがわんさかいて!?(爆笑)
ジジババだけ良い子じゃしゃれになりませんからネェ〜(笑)
昔を思い出してトレーニングだけはやらねばと大反省中(笑)

来年はどこかの競技会で馬鹿笑いしながらコーヒー飲んで楽しもうぜ!(^O^)/
訓練なら足が故障中でも出来たんだと今頃気がついてるし(笑)がんばりまっせ!
懐かしいですね!
お肉チラチラ誘惑ありの待てゲーム…やりましたねぇ〜(爆爆)

あの時の我が家は、クッキーがユウちゃんとレイちゃんがそばに来たあたりで脱落(爆)、アイスもその次あたりの誘惑で脱落したような記憶ですが(自爆)、その後シークちん側の方で観戦してました!

あの時のシークちんはもう涙ぐましいくらい必死にお肉チラチラ誘惑にも負けずに待っていた姿が今でもハッキリ焼きついてます!
「ぼく、お肉見ちゃうとよだれ出ちゃうから、見ないで待つ…」と顔をそむけながら視線はずっとともちゃんを見つめていて、本当にすごい!素晴らしい!と感動したくらいっす。

一見ただの待てゲームのようだけど、実はそこに飼い主と犬との関係や主従関係や犬の理解度(つまりはそれだけ時間とプロセスをかけて教えてきたか)など、多くの要素が総合的に揃ってないと勝ち残れないという、奥の深いゲームでもあるんだと、今日この日記を読んでアタシなりに改めてしみじみ思いました〜。

と同時に…
またもやMAGICさんの日記を読みながら「あ…(;^_^A アセアセ」とか「げっ…」など小さく声をあげながら、ウンウンとうなづくσ(^◇^;)アタシ…(自爆)

3娘達…、とりあえずノーリードの状態(それでもウチはまだまだなので大抵旦那さんにそばで見てもらいながら)で待たせたまま、ディスクとかボール遊びとかの程度ぐらいは待てられるように今もなってますが、待たせた犬の前でアタシと解除された子がガウガウ飛びつきっこプロレスをやり出すと、我慢出来〜んっε=ε=ε=┌( ̄ー ̄)┘となってしまう地点っす(自爆)

いつか…言葉だけでも&手を使ったジェスチャーだけでも、3娘達といろんな遊びや会話がスイスイ出来るようになれたらなぁ〜と思ってまっす!

今年は新居のことで何かと気忙しかったり、自分や犬とのことを1度振り返ってみる…みたいなのもあったりで、なかなかアタシが3娘達と新たなレベルアップをはかることは出来ませんでしたが、アタシなりに「やはり自分は…!」という自分の中の芯が固まってきたので、年が明けたら心機一転♪ビデオ添削なんぞ再開しちゃおっかな〜みたいな気分っす(ホントか?:核爆)

そういう意味では犬とのことに関して【静】な1年でしたが、来年は【アタシと3娘なりの動】の年にしたいと思っているので、またビシバシお願いします〜(笑)←笑ってられるのは今だけ…_(^^;)ツ アハハ
はじめてコメントさせていただきます。
ワンオンワンの木村と申します。

いつもブログ楽しく拝見させていただいております。

弊社では、愛犬家の、愛犬家による、愛犬家のためのWEBサイト「woofwoof」
http://www.woofwoof.jp/では、愛犬家の皆様のブログをご紹介するサービスを
行っております。

ご登録いただいたブログには、月間150万ページビューを誇るwoofwoofからリン
クが貼られ、より多くの方にブログをご覧いただけるようになります。
各地域やカテゴリーごとにも記事の投稿ができますので、
愛犬家同士の情報交換にも役立つのでは、と考えております。
是非この機会に、オフィシャルブロガーとしてご登録いただき、人と犬とがもっ
と豊かに楽しく過ごせる環境づくりに力を貸していただけないでしょうか?

現在、ブロガーさんの登録キャンペーンをおこなっており、
woofwoofのバナーをブログに貼っていただきますと、
クオカード500円分のプレゼントも行っております。

以下のホームページに情報が出ていますので、ご登録をお願いします。
http://www.woofwoof.jp/blog_portal/



///////////////////////////////////////////////
〒107-0061 港区北青山3-15-16
株式会社ワンオンワン
TEL.03-5879-6033/FAX.03-6418-6101
http://www.1onwan.jp/
e-mail:kimura@1onwan.jp

愛犬家の、愛犬家による、愛犬家のためのWEBサイト
http://www.woofwoof.jp/
///////////////////////////////////////////////

Comment form