<< あさってはチバポNPA | main | NPA大会終了! >>

2007.12.08 Saturday

犬にまつわるニュース。

イヌが首つり自殺? 飼い主を書類送検

12月7日12時15分配信 産経新聞


 犬が自殺?、それとも事故か虐待か−。大阪市東淀川区の市営住宅ベランダで今年7月、体長1・3メートルの大型犬が首をつった状態で死んでいるのが見つかった。「犬が自殺するわけがない」と騒ぎになり、東淀川署が捜査に乗り出す事態に。同署は事故死と断定したが、飼い方がずさんで、狂犬病の予防接種を受けさせていなかったとして狂犬病予防法違反の疑いで飼い主の女性(36)を書類送検した。

 調べでは、死んだ犬は、スイス原産の荷車などを引く挽曳(ばんえい)犬のバーニーズ・マウンテンドッグのオス5歳。7月5日午前11時10分ごろ、通行人の男性が、東淀川区の市営住宅4階のベランダでドアのノブにくくりつけられたリードで首をつり、ベランダのさくに垂れ下がった状態で死んでいるのを発見し交番へ届け出た。

 体長1・3メートルの大型犬が、首をつって死んでいるという異様な光景に、近所の住民らは一時騒然。目撃した近くの男性会社員(42)は「犬が自殺するわけがなく、なんで首つりで死んでいるんだとうわさになった」と話す。

 東淀川署は当初、飼い主の女性が虐待死させた可能性もあるとみて、動物愛護法違反容疑で捜査したが、女性はエサを規則正しく与えるなど、犬をかわいがっており、虐待死の可能性は低いと判断。最終的に犬が、高さ約1メートルのベランダのさくを飛び越えた際にリードで首をつる形になった事故死と断定した。

 一方、一人暮らしの女性の部屋は、犬の汚物であふれて異臭がするなど、飼い方がずさんで平成14年8月以降は府に飼い犬の登録をせず、15年9月以降、年に1度義務づけられている狂犬病の予防接種を怠っていたことも判明。そもそも市営住宅で犬を飼うことは認められておらず、同署は狂犬病予防法違反での立件に踏み切った。

 当初はペットショップで売れ残っていたこの犬を「このままでは保健所に連れて行かれてしまう」と、格安で買い取ったという女性は「仕事が忙しくてなかなか面倒をみられず、散歩にもいけなかった」と話しているという。


こんな事件がありましたがぁ〜。。。
犬を飼える条件が整っていないのに、気持ちだけで買うのもネェ〜・・・結局飼育し切れなかったわけで、助けたつもりが窒息死じゃ犬が可哀想過ぎる。

室内で紐につなげたまま飼うとか良くわからない。犬の飼い主になれる資格というか飼える条件が整ってないのに飼っちゃいけないと思うんだけど、
売る側は売れれば良いから「そんなの関係ない!」って渡しちゃうんだろう。

自己申告を信用する以外渡す側には手はない部分が大きいけれど、何とかならないものかしらネェ・・・
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

Trackback URL


Comments

あ、これ。
悲しいですよねぇ。
最近犬事件多くて、悲しいなぁ。
土佐犬のこと、痴呆老人。
対照的なことですよね。
うちも自由にはさせてあげれてませんが、ケージです。
リードは散歩以外には使わない。
そういうもんだと思う。
面倒見れないなら迎えちゃいけないなぁ。

Comment form