<< 天才チンパンジー? | main | 可愛すぎる(^^ゞ >>

2007.12.07 Friday

くるくる回る犬と吠え付く犬と自由気ままな犬

シェルティーにはクルクル良く回る犬が多い。
意図的に意味があって回るのなら許容範囲でも、自分の要求が通らないことにいらだってストレスで回り続けているとかが少なくはない。これって要求を通したかったらその動きを止めれば良いと教えられればちゃんと犬は止まるんだけどね。
止められるようになったら今度はその動きを利用して技を教えてやると犬は楽しんでくれる。

同じようにシェルティーには吠える犬が多い。
意味があって必要な吠えは人の話すのと同じだから許容できるけれど、けたたましく吠え続けたり、禁止してもやめないとか完全な要求吠えは始末に悪い。
あえて吠えることをやめさせるのに逆に「吠えろ」を教えたほうが良い場合もあるけど私は通常使わないコマンドは教えていない。

現実には、小さい時から興奮状態にした後すぐに完全なクールダウンをさせる習慣があればでてこないものなんだけど・・・。動きのある遊びに入るとなかなかネェ〜(笑)

DISCをはじめるとその癖というのか回り込みながらまとめる作業が好きなんだなと思える犬と、ストレスで回っちゃう犬とはてきめんに分かれる。ストレスで回る犬と同じくらい吠え立てる犬も多い。このままじゃまずいでしょ?と思う。

ストレスで回る犬の多くは早く大好きな遊びをしたいのに、いつまでも人間が行動しないことに業を煮やしてという子が多い。これって実は吠えることにも共通している。

自分の犬にこういう事を教えたいなって思う時に躓くことはたくさんあるだろう。でもその場その場で正しく意図が伝われば犬は一瞬にしてその行動をとる。単純明快なわけで・・・(^^ゞ

問題行動の場合、問題と思われる行動自体を飼い主が問題と思っていない場合にはその先に起こる行動に広がってしまうのでそうそう簡単に直せない。ある意味、危機意識がなかった事で被害を広げちゃったみたいな感じだ。

直せない理由として多いのは、殆どが問題と思う行動をしているにもかかわらずその行動を動きを止めることをしないまま彼らの要求を呑んでしまうからだ。

うちの場合だって最初の内はやるぜやるぜと吠え立てる犬もいる。やる気がある子はそんなもんだ。でも殆どの遊びの時に私がやっているときは吠えたらやめちゃうから・・・くるくる回るのも同じ。ココを回ってと言う事をやったら遊びは続くけどソウじゃない場合は要求は呑まない。逆に座らせたり伏せさせたりをすることもある。すぐに反応すれば遊びは続くけどしなかったらアウト〜(笑)

私が犬達に伝えているものは、リーダーは私。君たちと何をやるにしても決定権があるのは私。
だから吠えていてやめろと言ってもすぐにやめないから彼らがやりたがっている事をやらない。へらへらされてもゼ〜ッタイやらない(-。-)y-゜゜゜誰がやるもんか!って感じ(笑)

勿論黙ったままで犬が自発的に吠えるのをやめるまで待ったりもしない。吠えるのをそのまましていたら何より近所迷惑な上に、犬にどれだけ吠えれば相手が折れるか試させているようなもんだから。。。

はっきりしっかり、その状態をやめなさいと禁止する。アクションを起こすこともあるし言葉だけもあるし詰め寄って圧力を掛ける場合もあるし・・・マァ色々使う。でもやる気満々すぎて室内では聞き分けられるはずのルールが外などで環境や状況が変ったら聞こえないことだってあるだろう。リーダーの私が禁止したのに聞く気無しの場合、何で犬の遊びに付き合える?そこまで暇じゃないしってわけで結果は・・・遊ぶの終了です。。。(苦笑)

勝手に見えるだろうけど、私自身は犬と遊びたくてDISCやアジをやってるわけじゃないから(笑)言う事聞けないならもうやらないよ!って言うだけだ。
可哀想とか思わない。だって・・ルールを作ったんだからそれを守ったらいくらでもやれるんだしね(笑)
犬に楽しいときにもルールは存在していると教えなかったら暴走するのは目に見えてる。実際暴走されて修正にずいぶん時間をかけて大変だったから2度と同じことはしたくない。(笑)

そんな簡単なこと・・・ルールはいつでもどこでも継続中ってことを理解させられるかさせられないかは人の腕次第って言うのか考え方で変えられるもんだろう。

直せない人の殆どは犬を遊ばせてやるリーダーとしての立場ではなく、自分自身が犬を遊ばせている行動を楽しみにしていて自分の為にやり続けたいから止められないのだ(笑)
これじゃ無理だよねぇ・・・

昔ファミリーの人がDISCをやろうとしても多少やった後は声をかけても知らん振りしてて勝手な行動をすると相談されたことがあった。

私はそういう態度を犬にされて頭にこないのかと聞いたら???という反応だった(笑)そこで「貴方が犬の為にわざわざ車を出して、広い場所に連れて行き、思いっきり遊ばせてあげようねという思いを犬に踏みにじられたのになんでネェネェ遊ぼうよ〜と媚びなきゃならん?せっかくココまでしてやっているのに一緒にやらないならもう帰るって犬を連れて帰っちゃえばいいのに」とアドバイスした。
ついでに車の中では犬を絶対無視して媚びてきてもかまわないほうがよいと言っておいた。

その子はうちで生まれた犬の中でもずば抜けて賢い子で記憶力も高いし、蝶ヨ花よと人の子を育てるようにたくさん話しかけて可愛がって育てたので、大人になる頃には、飼い主が可愛すぎてへらへらしてたら人様を手玉にとるような犬だろうと知っていたからアドバイスをそのようにしたわけだ。

実際その頃にはすでに手玉に取られていたし(^^ゞ(おっと失礼!)

どの犬でも今書いたようにしたら次は良い仔になるって訳じゃないのでまねしない方が良い。(笑)犬にあった伝え方って言うのがあるわけでこの子の様に人の言葉の意味を良く理解して人があわらす態度もすべからく認識できるようじゃないと意味を成さない。

マァそんな犬だったので結果は大成功だった。

その犬にしてみたら飼い主はいつも自分の思い通りにできる相手だったから自分が周りを堪能するまでいつも付き合ってくれているのが当たり前だった。もうすでにやる気が無くなったDISCなんかで遊ぶ気がないから呼ばれても振り向きもしないでいれば飼い主からもうやりたくないの〜?ネェネェやろうよ〜って言ってくる。だからたまには相手してあげればいいんだわってね・・・少し離れすぎれば飼い主から自分のほうへ寄ってくる事まで知っていたし、好きなように自由を謳歌できたわけで・・・

それがある日突然飼い主が今までとまったく違う行動を取ってきた。(笑)
ふらふら〜と飼い主が呼ぶのも無視して歩いていたらとっ捕まって車にほおり込まれて、来たと思ったら一瞬の自由は終わり、ハイ!ご帰宅。(-。-)y-゜゜゜
そのうえに車を運転中のかなりご立腹の飼い主に「ネェネェ〜今日はどうしたのよ〜」と媚びてみても「うるさい!」と跳ね除けられた(爆笑)意味はわからなかっただろうけどなにやら雲行きが怪しいことだけは確認。さぁ。。。こうなると頭の良い犬なら考えるんです。いつもの毎日じゃない、いつもの何でも言う事を聞くママじゃないわけだから・・・


間は省略(そのうちどこかの誰かが自分の子ですと曝露する日が来るだろうから笑)

その日から犬の飼い主に対する姿勢が一変してきたと報告があった。
私の動きを良く見ています〜(喜)
ふっと見ると目が合うんです〜(喜)
こうすれば良い?って聞いてくるんですぅ〜(喜)

嬉しい結果だ。うちの残している仔に良く似たタイプの子(そこそこ手のかかるタイプ)だったことと、飼い主さんがハッキリクッキリ態度を変えられたことが功を奏したんだろう。

禁止する場面は禁止する。でも行動を止めてこそ意味があり止らなかったらそれ以上の楽しみは与えない。これ我家の鉄則。

問題行動にするかしないかはやっぱり飼い主次第だなぁって思ってしまうのは私じゃなくても伝えたい事を正しく犬に伝えられた人には出来るからだ。
そういう人が増えてこそなんだけど、皆さんがんばってくださいです@教えている人たち様(笑)
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

Trackback URL


Comments

ひゃっはっは!信じるものは救われるのだ(爆笑)
私の言ってることって最新情報じゃないやり方も多々あるからね・・・でもちゃんと犬には理解できることしか人には伝えてはいないんだ。

犬のスキルの高さも関係するけど、クッキーはマジ頭良いからね・・・ちゃんと伝えないと鼻の穴おっぴろげて暴走するタイプだし(^O^)/

MAGIC流は信じない人も多いけどネェ〜(^^ゞ
聞いても実行しないなら教える必要もない。でもがんばる人なら最後まで面倒見るわ。それもポリシーになりつつある。

有言実行あるのみだから私もボチボチだけど動いています。みんなみたいに時間はないけど、スキルと経験は数十倍は持っているので何とか追いつき追い越して見せますよ(^_-)-☆

そのうち(春になったら)またどこかの競技会に一緒に行こうね。私はオタクのパパに良い思いさせるのが夢なんだ。彼にはその資格がありすぎるくらいあると思ってる。
だから地道な努力だけはがんばっていてください。
3歩進んで2歩下がるくらいで確実に1ッポは進んでいていてくれればOKよ(^_-)-☆
はいっ!(挙手)

手玉にとられてるのにヘラヘラしてた飼い主と飼い主をアゴで使える頭脳を持った子は、まさしくアタシとクッキーの話でございます〜(自爆)

今でも鮮明に覚えております_(^^;)ゞ
あの時は、自分でも頭から湯気出てるんじゃないかってくらい気がついたらホントに怒ってました(笑)

その後のクッキーは、アタシから呼ばれるだけで☆^∇゜)ニパッ!!(爆)
大抵1回で「はいっ!」って言うし(爆)、当然アタシも「さすがクッキー♪」と激褒めされるもんだからますます☆^∇゜)ニパッ!!(笑)

正直言って実行するまでは、アタシをいつも怖がってオドオドしてしまうんじゃ…と思ってました(苦笑)

でも結果はまるで真逆!
アタシを避けたりビビったりするどころか、自発的に怒られるようなことはかなり減り、たまに注意されればめちゃめちゃ聞き分けは良い(笑)、当然アタシ的には褒めてあげられることばかりになり、アタシは嬉しくて毎日嬉し泣き(爆)、クッキーも毎日☆^∇゜)ニパッ!!と、これまでが嘘みたいでした。

感情あらわに怒りを言葉と行動で示す必要な場合もあるということをこの件で良く解りました!
そういえばアイスだって、クッキーやココアに怒る時は遠慮なんかしないでめちゃめちゃ怒るし…(アタシなんかの比じゃない:笑)
クチ(言葉)だけじゃなく手(軽く咬む)出して怒ることだってあるし…(笑)
だからってクッキーやココアはアイスのことをビビッたり怖がったりなんか全くしないどころか、アイちゃん大好き♪と慕ってるくらい。
アイスはアタシのお手本です_(^^;)ゞ


でも実は…
最近またクッキーの手玉にとられていたようです(;^_^A アセアセ
コメント書きながらたった今ふと気づきました(自爆)
MAGICさんがたまたまブログにこの件を書いてくれたお陰で、また目が覚めました(爆)
ありがとうございました〜_(^^;)ゞ


あ、でも先日電話でMAGICさんからもらったアドバイス(猫の気配を気にする件)はさっそくやってみたら、やはりバッチリ♪でした(笑)
「何でもないの!無視無視!」と毅然と言い放ったら、「え…?あ、そう…」ってな顔したあとは立ち上がりも吠えもせず、すぐにまたうたた寝続行してました(爆)

あのままアタシのやっていた対応ばかりしてたら、最終的に望んでいたのとは逆に毎回クッキーの仕事にさせてしまうところでした(^^ゞポリポリ

重ね重ねありがとうございましたm(_ _)mペコリ

Comment form