<< 親子の証・・・ | main | 楽な方法 >>

2007.11.27 Tuesday

パパのダッシュ自慢!?

日曜日、今日はおでんにしようねと早くから準備して夕方にはおいしいおでんが完成した。

夕飯の時間にはまだ早いけど、晩酌したそうなパパにたまには早くからでも良いでしょと2・3個出来上がったおでんをつまみに渡してそのまま晩御飯に突入。

程よい晩酌は大歓迎だけど、今日はいつもよりペースが速い上に飲みすぎたパパ。次第に絡み酒になってくる。

可哀想なお相手はダッシュ。
愛しているヨから始まってベタベタとかなり迷惑なスキンシップを我慢するダッシュはかなり偉かった。

殆どの仔はパパのお酒の臭いにスススススゥ〜ッと遠ざかって白い目で見ている。彼らが話してるとしたら「ヤバイよねぇ〜・・・捕まったらアウトよ〜!絶対放さないからさ・・・触らぬ神に祟りなしよねぇ〜・・・」とでも言ってるのだろう。

本当はいつものパパが大好きなダッシュ。彼だって酔っ払いに抵抗はある。でも律儀なんだなぁ・・・大昔、パパはキャンディーに鼻の頭をかじられた事があった。軽くなんだけど痛みはあった様で超激怒したのを覚えている。でもその時に家族みんなが「それはキャンディーが悪いんじゃない!!!パパが悪いんだからキャンディーに謝れ!」っていった記憶がある。

実際にはどんな理由があっても飼い主に威嚇行動を越しちゃいけないんだけれど・・・気の毒なキャンディー以下我家の愛犬たちはパパがお酒が過ぎると近寄らないでことを済ますようになった(笑)

そんな状況の中、ダッシュに限っては何をどうされてもキャンディーのような行動はパパには絶対に取らない。不思議な関係だなぁって思う。

犬の事は詳しく知るわけでもないパパはダッシュに絶対の信頼を置いているし、ダッシュもまたそれに答えてる言わば親友のような関係だ。

酔っ払ったまま迷惑そうな顔をしているダッシュに「お父さんは後6年で定年だからな。そうしたら二人で旅にでるんだからそれまで元気で今のままでいるんだぞ!」って・・・

ダッシュ&パパ

ダッシュは今年11歳を迎えた。あと6年って・・・17歳だよ。
実際の状況を考えると頭が痛くなってくるけれど、その時に今くらい元気なままのダッシュでいられるように健康管理して行くのは私の役目だよなぁって思う。

ベタベタとダッシュに絡みつきながら「こんな犬はいない」とか「最高の犬だ」とか、「誰も俺たちの間には入れない」とか・・・ハイハイいくらでも聞きますよ。貴方のダッシュ自慢をね・・・(~_~;)

これじゃ我慢しないわけに行かないね、ダッシュ!(^O^)/
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

Trackback URL


Comments

我が家でも時折見られる光景です(^^;
もっぱら絡まれるのは雷。
パパさんとダッシュ君のようにうるわしい愛情表現にならないので見ていてちと気の毒ですが(爆)
猫なで声で呼ばれると「やばそう……」って顔をしつつお愛想に行くエライ兄ちゃんです。
ちなみにジェットは遠くから様子見です。
あっはっは!そういえばうのちゃんも実はパパの被害者だったっけ(笑)

ソウなのよねぇ〜。。。うちのパパはどこのオタクにでもいる極普通の溺愛飼い主ですからネェ〜!でもそれが大事なんだなって思っていますよ。
何もかもがきちんとしすぎて追い詰められてしまったら犬達は窮屈で仕方がないものね。
「言う事聞かない!!」って怒っても多少は仕方がないでしょう(笑)
でもダッシュのような関係になれるイヌは少ないのかもなぁって思います。彼らは同性なのに相性が良いというかダッシュ君は出来た犬だというのか・・・(爆笑)

何とかパパの定年まで元気に一緒に遊んでいられるダッシュであるように注意深く暮らしていこうと思っています。
パパが酔っ払ったら「タイへーーん(汗;;」
と知っているのは我が家のうのもですよ(爆
確か、うののマズルも餌食になっていたような(爆

それにしても、そんなことに付き合ってくれる犬達は本当の家族になっているのだなーと感じます。
可愛いはずですね。そしてかけがえの無いパートナー。
ダッシュ君はきっとパパの定年を待ってくれると私も信じています。

Comment form