<< 最初の1週間。 | main | ファンタ懐妊!(^^ゞ >>

2007.11.23 Friday

ハウリングの効用と犬の本能

先日ある番組でオオカミの研究者の話をやっていた。
その学者さんはオオカミの群れの一員になって研究したいという願いを、自身の手によって育て上げた狼たちからかなえることが出来た。

それまではどの群れにも拒否され(当たり前なんだけど)途方にくれていたという。
面白いなぁって思いながら見ていた部分のひとつは狼たちのリーダーになりきる為に食事も一緒に取るのだそうだ。リーダーは一番良い部分を一番先に食べなければ威厳を保てないから生のレバーを取り出して加熱しまたもとに戻していかにも先に内臓を食べてるんだぞ〜って見せ付けるのだそうだ。においに敏感なオオカミなので他のものは食べられないと言っていた。

実際ちょっと笑っちゃったんだけど(笑)

【オオカミと生きる】の著者ヴェルナー・フロントは超位オオカミとしてアルファ狼とは別の立場で3つの群れの頂点に立つことが出来た。彼は今回の学者さん(名前忘れました)のような食事を一緒にとるという行為はしていなかった。与えることはしたけれど・・・

食べ物もオオカミと同じものしか食べないなどというハードな状況ではなかったようだし、解釈の違いで行動がコウも変るんだと勉強になった。

ふ〜んと思いつつ番組を続けてみていたら、その学者さんはオオカミとヒトとの問題(家畜を襲われる)を解決する為に、ある方法を見つけ出したのだそうだ。

それはハウリングによって家畜にオオカミを近づけさせないというもの。

彼の観察に寄ればオオカミは自分たちの群れよりも数が多い群れが近くにいると遠ざかる習性があるのだそうだ。
つまりは種族保存の本能によって無益な争いを避けていると言う事だろう。
どうやって見えない相手の群れの数を特定するか・・・

それがハウリングだった。

実験は功を奏し、農場近くにいる群れの個体数の確認をした後それ以上の数のオオカミのハウリングを流したら襲ってくるオオカミはいなくなったという。

ソウだよねぇ〜。。。って思う。

ドッグランで見知らぬ犬同士が飼い主を置き去りにして仲良く遊ぶのってやっぱりおかしいんだ(笑)
本能に矛盾していることの強要はどこかに歪みをもたらす。

なかなか勉強になった面白い番組だった。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

Trackback URL


Comments

あっはっは、私も口を舐めてくるしつこい梅にはその手を使っているわよ。
でもひとつだけ難点があるのよねぇ〜・・・

犬同士の付き合い方を知らない仔には効果が半減するのよ(笑)
アイスに教わっていたクッキーでよかったわ(*^^)v
うちじゃモリーには効果なし!(キッパリ)
赤ちゃんの頃から威嚇されないまま育てられた子なので・・・

食べ物はヒトが同じ空間にいたら食べちゃったりはしないけど、姿も見えず声も聞こえずのように食べ物のある部屋から出てドアを閉めちゃったりしたらウチの子たちの老犬クラブの方々とダックス&ポメたちはかなりやばいはず(笑)

家の外に出たら完璧アウトだと思うよ〜・・・うちは座卓だしね(苦笑)
アタシも同じ番組見ました!(笑)
面白かったですね〜!

あの学者さんの顔を最初に見た瞬間「狼男!?!?」と思い(爆)、見れば見るほど狼の顔とそっくりに見えました(笑)

レバーを食べている時に歯をむき出して威嚇してましたが、実は昔…アタシも同じようなことをやったことあります(爆)

レバーを1番に食べた訳じゃなくて(笑)、昔たまたまアタシがパンを食べてる最中にまだこれから食べようとコタツの上に置いていた時に、クッキーがそれを見つけ「食べちゃおっかなぁ〜」と考えていたので、すぐに顔を下げながら低い声で唸り、歯茎丸出しな勢いで唇をヒクヒク動かしながらクッキーを思いっきりガン見してみたんです(爆)

あんな顔した態度のアタシをこれまで一度も見たことなかったからか、Σ( ̄口 ̄;;って顔のまま1〜2歩あとづさりし、固まったように2〜3秒アタシを見たあと、フニフニと鼻をならし体をクネクネさせ、しまいにはヘソ天になってのた打ち回ったあと、少し離れたところからアタシを見てました(^^;)ゞ

昔、MAGICさんから「アイスを良く見てアイスから学びなさい!(笑)」とよく言われてましたが(爆)、あの時はとっさにそれを思い出し、アイスの真似をそのまんましてみたんです…(爆)
アイスの「嫌っ!」はいつも迫力&効果満点で(笑)、アタシはアイスのそういうところをすごく憧れていたので強く印象に残ってたのかもしれません(^^ゞポリポリ

予想以上にクッキーに効いてしまったように感じたので(苦笑)、ちょっと可哀想になってしまい、結局最後のひと口は「クッキーおいで!」と呼んであげちゃいました…(^^ゞポリポリ

あ、でも今ではテーブルに食べ物が置いてある状態のまま、たとえアタシが背を向けて台所をしていても、3娘達は勝手に食べたりはしません!
ただ、アタシが家の外とかまで居なくなってしまったら…たぶん食べちゃうかもしれないなぁ(;^_^A アセアセ

Comment form