<< 脳の話や占いなどなど(^O^)/ | main | 筋肉痛 >>

2007.02.12 Monday

罰金制度&初心者2回目

本日7時半に起きたのに2度寝して大遅刻しながらのアジリティー練習会。

夜のうちに作ったココナッツミルク入りのカレーを持って朝食も食べずに大慌てで会場に向った。
今日からレオン&ルナチームが来るし、遠くはクッキーママも視察に来る(^O^)/

いつものメンバーは全て揃わないが人数がある程度いるので道具だしは楽である。

この会場はアジの道具は設置されていないので行くたびに出してかたずける決まりだ。物は古いのでかなり重量があっておかげで私はひと月近く筋肉痛になったくらいである(苦笑)道具出しに約30分かたずけに30分くらいはかかるので人手が多いときは早くて嬉しい。

またここでは厳しい決まりがあってフィールド内と駐車場ではおしっこ&ウンチ厳禁である。マァどこだってソウだろうが恐いのは罰金制度があることだ(苦笑)コマンドでトイレができていない犬の場合にカナリやばい状況になる。お金持ちで気にしないって言う人ならいざ知らず、おしっこ1回1000円、ウンチ1回3000円だ。

会場使用料は安くても罰金はかなり恐い(苦笑)

mama_1113_tomo_1.jpg

ここで練習をするようになっておかげさまであちこちでマーキングを気安くさせてしまうような行為が減ったことは嬉しい限りである。
犬たちも心得たもので大人の子達はフィールドに入る前には「ワンツー」しにいく習慣が出来た。

トイレの習慣は我家では気にしてかなり真面目にやっていたつもりだったけどココの会場を管理している先生とお話をしてはじめて自分の甘さが露見して恥ずかしかった。

室内トイレが出来ていればあとは外でひと様に迷惑がかからない所ならどこで犬が勝手にしていても良いと考えていたことは、そうじゃないでしょと指摘されて返す言葉が見つからなかった。

「だから日本の犬達の環境は良くならないんだよ。飼い主が悪いんだよ!」と先生はおっしゃる。確かにその通りだ。
「何もね・・・盲導犬や聴導犬や介護犬だからコマンドでトイレが出来なくてはいけないのではなくて人と暮らす犬ならみんな同じだろ?トイレもコントロールできないから言う事も聞かせられないんだ」

もう本当にその通りで・・・その御年80歳は越えているであろう大先生にへへぇ〜とひれ伏したのがアジの練習の始まりだった。


中のいい人たちの集まりになるとついつい「大目にみちゃおう」という傾向があるのだけれどMAGICファミリーって自分にも厳しいけど人にも結構厳しいのよね(苦笑)
ご本人が気が着かなくてもだれかしら見ていてもしやっちゃったら「ぶぶ〜!ばっき〜ん!」と声がかかる。
我家も数回しくじって痛い思いをしながら現在に至っているわけだけど、何より大事なことは犬から目を放さなくなるっていう習慣が付くことだなって思う。
おしゃべりに興じて自分の犬がしている行為も見えないようじゃこりゃ確かにまずいわけだから「ぶぶ〜!」といわれる前にしないような努力をすることになる。

大先生はそれを求めているのであって罰金を徴収するのが目的じゃないらしい(笑)

新しく参加したりビジターで見学を兼ねてくる人たちは犬を下におろすのが恐くて抱っこしたままだったりする(笑)気持ちはわかるけどそれじゃ意味ないからおろせ〜となって痛い目を見ないように動くことになるわけだ。
罰金を払わなくちゃならないのは最初のうちだけと子犬がなかなかしてくれないままフィールドに入れたときくらいなものだ。

今回我家もレナが我慢してしまってなかなか他の場所でしてくれないので走った後なら出るかなと入れたらほかの子を気にしている隙にやられて罰金払ってしまった。う〜ん・・・時間が惜しくて急いだ自分が悪いんだから仕方がないけど久し振りの罰金だったなぁ・・(/_;)

罰金の痛手は辛いが初心者組みは結構楽しくハードルを飛んだりできるようになったし、いい進み具合かなと思う。
今日はそれぞれの問題点を見つけ出して直しながら走らせて見た。
ハンドリングのときのそれぞれの癖は言われないと見つからない。
それにコマンドで犬が動いていると錯覚していたり、ボディーアクションをおろそかにしていたりするとそれなりに犬が動くのはかなり笑えて面白いものだ。

ど素人集団の癖に次はこんなのやってみようヨとかこういうのが入っていたほうがいいよねとか生意気な楽しみ方をしている。

思い返せばまともにやり始めたのが1月中旬だったよね。

昨年のセミナーのときのサンダーたちしか見ていないクッキーのママは、レオン&雷&サンダーの飛躍的な成長にビックリしていた。
そうなのよねぇ・・・走れるようになってしまうとあのころのこと忘れがちだけど確かにセミナーのときはひどかった(笑)
周りが気になって他の犬のほうへ何度も逃亡していたサンダーが今じゃ自分の家の子のモリーにどんなに付きまとわれたって無視してアジを楽しんでいる。
ほかのうちの子なんかまったく眼中にない。

ともちゃんにリードを渡したら逃げて行ったサンダーもまるでダッシュと同じようにクッキーのママとやってくるんだよと言い聞かせればちゃんとお付き合いしてコースを走ったりもできるようになった。

私にとってアジはDISCと同じようにしつけの為に使う道具のようなものだろう。犬を楽しませながら要求を満たしながら時間を掛けて自分の理想とする犬に仕立て上げるための手段なのだと思う。

犬はこちらがいくらいい仔にしようともがいても彼らのことを受け入れて満たしてやらないと答えてはくれない。

一緒にアジを楽しむメンバーがその事に気がついてアジリティーの練習を利用しながらいい仔にしていくのを楽しんでいる(^O^)/
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

Trackback URL


Comments

 トイレもコントロールできないから、言うことも聞かせられないとおっしゃった、先生の言葉に、うーんと考えさせられました。そうですよね。ちゃんとしていいところでさせておけば、人間と暮らしていく関係、環境がよりよくなっていくんですよね。罰金を取るということも感心させられました。そこまでできれば、飼い主が目を離さない癖がつきますよね。
 以前、赤十字のバザーの会場で、二匹のダックスを連れた年配のご夫婦が混んだ会場に入ってきたのですが、全く犬に注意を払ってなく、一匹が、ウンチをし始めたのに、全く気がつかず、ウンチをしかけた犬を引きずりながら歩いていく。当然、ウンチは、あとに転々と・・・見ていた私たちが、ちょっとーと声を上げたのにも気がつかない。隣にいた若い女性が、走って追いかけて夫婦に声をかけたのでようやく引き返してきたのですが、なんとウンチ袋も用意していなかったのですよ、この夫婦は・・・ほんとに、飼い主のモラルの問題なんですけど、この夫婦はひどすぎ! この夫婦に比べたら、私は、十分気を配っているつもりだったけど、先生のおっしゃたレベルには、まだまだ達していないなと反省しました。
私は最近痛くならなくなってきたよ〜!これもたびたび動く習慣がついたからかもネェ〜!

サンダーくらい動くようになると楽なんだけど初心者組みは人間が走らないとね(笑)
しばらくの間きついけどがんばれぇ〜!
お疲れさまでした〜!

ホント、去年のセミナー以来1度も見てなかっただけにサンちゃんはもちろん、レオンも雷も上手にやっててビックリしやした〜!

思いがけずサンちゃんとコンビ組ませてもらえてすっごいキモチ良かった〜(爆爆)

あ、明日にはちゃんと日記書くんでもちょっと待ってくだせぇ…

なぜって?

お約束通りカラダがキシキシいってるんだもの…(^^ゞポリポリ
(足よりも何故か背筋とか首筋がパキパキ中:苦笑)

Comment form