<< 本格的な運動を始める時期。 | main | AIRMAGIC_DISCDOG_DEMO in 秋ヶ瀬JCC >>

2007.11.02 Friday

基礎体力の作り方。

仔犬時代から大人の犬になりきるまでの間、どんな事をやっていればいいのだろう?

いろんなトレーナーの話を総合すれば人の準備体操のような物をしなさいというものもある。我家ではそのなかで常時犬と遊びながらやれるものを選択し、改めて【基礎体力を作るぞ!】と構えないままやっているものがある。

まず回転。それはシェルティーが大好きなことのひとつだからである。前の日記にも書いてあるが、飼い主を基点として周りをくるくる回らせる遊びだ。
右回り左回りどちらも同じ程度させておくとバランス感覚の良い犬に育つ。

ランニング。飼い主の速度にあわせてゆっくり側対歩からの始まりでもかまわない。徐々にスピードを上げてトロットに変更させ、そのままギャロップに持ち込む。犬は早いし楽しいので飼い主は結構大変だが、人と一緒に動くことの理解はかなりいい感じに着くゲームだ。
ギャロプで少し走ったら逆にトロットに戻し、普通の速度の歩くに戻り、ゆっくり歩くに戻して行く。ホンの数分の運動だけど、これが結構いろんな意味で効果がある。

引張りっこ。タオルでもロープでもぬいぐるみでも、モノは何でもいい。
本気で噛んでも良い物を使って、思いっきり噛ませて引張りっこをする。
たいていのものは壊れる(苦笑)ダカラ壊れちゃまずい物は最初から使わないことだ。ココのポイントは数回のうち何回かは犬に勝たせてやることだ。勝たせないと犬はつまらなくなって興味を失う。

スゴイネェ〜強いネェ〜と言われた犬の誇らしげな顔が大好きな私は勝たせすぎちゃうことも良くあるけれど、始まりと終わりは飼い主が勝つ。これが鉄則だ(笑)

犬は思いっきり噛んで引っ張るという行動で生活して行く中に持ついろんなストレスの発散が出来る。最高の楽しみを飼い主がもたらすわけだから、飼い主が好きにならないわけが無い。それにストレッチをかけたようにいろんな部分を伸ばす効果もあるし、顎も鍛えられる。一石二鳥の運動だ。

ねこじゃらし。これは我家独特のものだけど、猫のおもちゃを使う。
仔犬の目の前にひらひらさせてじゃらして行くのだが、動体視力を高めるのに非常に効果がある。最初の内は見えなくなってしまうと飽きるのでゆっくり動かすのがポイント。
毎日数分じゃらすうちに何本壊されるか・・・(笑)これが成長の証になる。つまり犬の動体視力がついてくるとやすやすと捉えられるようになってしまうからだ。そうなったらどんどんフェイントを掛けて行く。横だけの動きではなく、縦も取り入れ、上から下へ下から上へ、ぐるぐる回ることもあり、右へ左へ斜めに・・・はっとすると消えてなくなるなどバリエーションを増やすほど子犬は食いついてくる。壊されてばかりじゃたまったもんじゃないから、飼い主ががんばらなくちゃならない。

この動体視力をちゃんとつけた犬は大人になってからボール投げなどをしても決して見失ったりしない犬に育っている。
集中力が半端じゃなくついているのだ。
ボール投げやDISC投げ程度なら飼い主のフェイントに騙されることが無いくらいになる。犬は生きる為に動体視力は元々良いのだ。それを磨く方が先の広がりに繋がる。

※ちなみに・・・集中力をつけないように育てるやり方・・・(笑)まだ捕獲できないレベルの内にやたらにフェイントをかける。犬が投げたであろう方向に向ったらその方向に後からボールを投げている。
つまり犬に先読みをさせているようで実は本来捕獲しなくてはならないものから目を離させると言う事を教えてしまうことに繋がるのだ。
ボール投げ大好きでも集中力のあるボールから目を離さない犬に混じったら取れるところに投げてあげても、まず一度もボールはとれないだろう。

毎日暇な時に、上記のようなことを繰り返していたらたいていの子犬は飼い主が大好きになる。好きになってもらってからが勝負だ。そのうえに基礎体力がしらぬまにつくのだから、こんなに楽しい事はない(^_-)-☆
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

Trackback URL


Comments

Comment form