<< 応用と工夫 | main | 排泄とマーキング。 >>

2007.10.30 Tuesday

暮らしてみないと解らない。

シェルティーって一晩二晩一緒に寝てみないとわからない。

本質っていうか、ストレスがかかっている時の様子と、開放されたときの様子とにギャップが大きな子がたくさんいる。

マイペースな子ですと聞かされた仔が実は飼い主に頼りきってる甘ったれだったとか、いつも後をついてまわると聞かされた仔は自分の目的を叶えない相手だと知れば、かな〜りしらけてるとか(苦笑)

よく犬は嘘をつかないとか言うけれど、イヤイヤどうして犬は自分の都合よく生きる為にかなり可愛い嘘をつきますよ。
見抜ければ可愛いうそも、見抜けなければ・・・

子犬のうちも成犬になっても、体にまとったふわふわの毛皮と愛くるしい笑顔と動作はそれだけで人にとって魔力を持っている。

魔力にかかるのも一興。私はかけるほうが好きだけどね(笑)
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

Trackback URL


Comments

Comment form