<< 横須賀2Days結果(*^^)v | main | 子犬の育て方の話その2 >>

2007.10.24 Wednesday

子犬の育て方の話その1

予防注射が終って、さてお外解禁。
念願だった愛犬とのお散歩デビュー!が・・・そう上手くは行かないんだなぁ・・・これが・・・(笑)

動かなくなる地蔵犬あり、挙動不審の最高潮っていう子犬もいる。ガタガタ震えちゃったり、地面に下ろしたら抱きついてきたり・・・犬を見たらとたんに吠えたっていう子も知っている。

ウ〜ンこんなはずじゃなかったんだよなぁ・・・って私だって最初の子犬育ての時はソウ思った。

なだめたりすかしたり、おだてたり、抱いたり、人によってはおやつは出るわ、おもちゃは出るわ(苦笑)ああだこうだと策を練ってようやく歩くことに成功する。勿論最初からイケイケゴ〜ゴ〜っていう子のほうがうちでは多いんだけど・・・固まられたことも何度もある。

ようやく歩いてくれるようになったその日から、我家はもう次のステップに入る。だって歩くんだから、もうその次に行っても良いはずでしょ?(^^ゞ

我家ではお散歩で歩くようになるとリードは引っ張らない(人間が)という約束を作る。
それは子犬の時からチョークを使う事で引っ張ったら首絞め状態にされてしまったり、そこまで行かなくても長い間圧力を掛けたままにしてしまうからだ。

引っ張られていること、首に圧力がかかっている事が平気になってしまうことは絶対に避けなければならない大きなテーマのひとつだ。

これは胴輪だともっとである。首が絞まらない分子犬の動きは自由に等しいからだ(^^ゞ

チョークリードの使い方がわかっていない人は合図を送ることが出来ずにぐいっと引き寄せてしまうからやっぱり首が絞まって、人の言葉なんか聞こえたりしなくなる。
合図はちょんちょんとするんだよと教えるととたんに引き寄せてしまうので、呼び戻すように言うんだけれど・・・。

胴輪の時は首が絞まらないんだから引っ張られても、自分の前になんか絶対に出させない。先に行ってしまうのなら立ち止まって呼び戻し、来たら歩く。来なけりゃ歩かないを決め込むことだ。

自分の横に来て歩くなら1歩だって10歩だって必ず上手だネェ〜って褒めて行く。横にいたら優しい声が聞こえ、先に行くと立ち止まられた上に呼ばれるのだから、子犬は徐々に横について歩くようになる。

ここら辺はかなり時間がかかっても良いことだ。だって一番肝心な事だから(笑)

リードを引っ張らないでお散歩させようって言うのは、犬を引き寄せないと言う事であって、犬が行きたい方向に紐が張ってしまうから付いていかなければならないと言う事ではない。

何もかもが新鮮で興味のある子犬に、「ねぇねぇ、こっちにおいでよ!』と呼び込んで自分の横に越させれば良いだけである。
来たら歩く、先に出てしまったら又呼んで横に来るまで子犬と見えない形で戦うわけだ。(^O^)/

この戦いに勝ってこそ(苦笑)飼い主の飼い主たる主導権を握れるのだが、大方はここら辺で言葉どおり、紐がピンとならないように子犬について歩いていくか、もしくは適度な張りの状態を続けてしまう事で、結局はお散歩係と子犬に決められてしまうんだろう。

3つ仔の魂百までというのは何も人間だけじゃなく、犬だって当てはまる。
1歳までに人の言葉を聞く意思を持ち、行動に移す犬におおよそなるとしたら、訓練の脚側行進などは出来ていなくても、飼い主のそばについて楽しいお散歩が出来る犬になっている。

他の犬や人に吠え掛かったり、知り合いの人が着たからと飛びついて行ったり、犬が行きたい方向にぐいぐいと引っ張って歩くとか、やたらめったらあちこちにマーキングなぞはしないでくれるわけだ。

ちいさな子犬の内には見えなかった問題が大きくなってくれば発覚するのは当然である。

子犬育ては1歳までが肝心。

毎日繰り返されるお散歩という決められて使われる時間の中に飼い主との関係を作る大切なものを、飼い主自身が気が着かない中でも繰り返されて習得させられているという現実である。これが間違っていればそれなりの答えを犬は返してくる。

『ねぇねぇココにおいでよ!』と声をかけたところで聞かない振りやら聞こえちゃいないってことになっているのはたぶん教える側に我慢が足りないんだろう(苦笑)
我家では人と一緒に歩くんだねと理解させるまでに何度家の門の前で行ったりきたりをくりかえしたか知れない子犬だっている。いつもの公園まで行くつくのにどれほどの時間を使ったか?
十数分付き合って家に入り、又しばらくして門の外に出て・・・暇人としかいえないような気長な時間をかけた子もいる。
でもそれが後から大きな答えになって帰ってくるのを知っているからあせったこともない。

大きくなって引っ張られているのに、良い感じに元気にお散歩してると錯覚したままでいたら、そのうちこちらがこうして欲しいという要望を出したところで、彼らからしたら毎日自分についてくるお散歩係の分際がなにやらしゃべっているようだが?くらいなものなんだろう。それじゃぁなぁ・・・私は犬と暮らしている楽しみが半減しちゃうなぁとおもう人間なのである。

犬に人サイドに都合よくしてもらうために必要な事柄は何も厳しく言いつけることとは限らない。如何に気分よく楽しく・・・それが意識的にではなくてもなぜかしら人間様の都合にあわさせられているって言うのが理想的なのだ。

子犬は可愛い、そしてとても単純である。
だからこそ、嬉しい思い、楽しい思いは大切なごほうびになる。基本的におやつを使わないでしつけている私はおやつの魔力に勝つ自信がないからだ。
我家のご褒美の代償行為はおやつ以外の彼らの望むことになっている。

撫ぜられる事が好きな仔(殆どがそうなのでかなり楽である)はイイコだネェ〜と言葉をかけながら撫ぜているし、時と場合によれば充分に遊んであげることも必要だろう。そのときにも物は使うことはない。
おやつもおもちゃも・・・

人を好きになって欲しい時期だから、あえて何かを教えている時におもちゃや食べ物を使わないで過ごすのだ。

あの小さな頭で語りかけられてくる自分たちの種族とは違った言語の意味を彼らは正しく伝えられればおおよその行動に繋げられるように理解できる。

でもそれはひとえに飼い主サイドの問題で、教えなければならない症候群に陥った人ほど上手くいかなくなるのかもしれないなぁと思う。

手っ取り早くおやつはおもちゃを使っていろんな事ができるおりこうさんに仕立てたつもりが、ゆっくりのんびりたくさん抱きしめてあえて代償を物や食べ物にしないまま仕立てた子のほうがずっと人が好きで注目し、集中力が持続する子になった。

犬育てにはコツって言う奴があるけれど、基本は犬に何を求めるのかと言う事に尽きる。
私の場合、犬に頼られる存在でいなければならないと思っているし、そうして上げる事で彼らの精神を安定させ、守られている実感を持たせ、信頼されている存在になれるのだと思う。
お手伝いさんやお散歩係やご飯の調達係に格下げされたくはない。

犬にリーダーは必要だ。でもその前に私は彼らの母親である。
だから彼らには私の子供であって欲しいと願う。
ある意味では親は子供のリーダーであるだろうしね(^^ゞ

ある一定の自由を与える為にルールを作り、それを守らせなければならないのだから、長い時間を幸せに暮らすためにも私の言葉を理解できる子に育てるのだ。
生まれてきたそのときから子育ては始まっている。命を託されたその日から立ち止まる時間はない。日々の成長に合わせてどんどん次のステップに正しく進ませなければいつまで立っても暴君の子犬のままだろう。

ゆっくりのんびり寛容な心で・・・でも確実に進歩させて行く。
子犬は毎日成長し学び続けていくのだから・・・
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

Trackback URL


Comments

犬の育て方は人それぞれなのでどの方法が一番良いというものは無いと思っています。
ここに書くものは我家はこうしてきているよと言う事だけであって、こうしなければならないというものではありません。

リングリードを使わないと運動が出来ないのだという理由があって、その方法が正しいのであればそれで良いと思いますよ。

私がロングリードを使わない理由も、しゅるる〜っと伸びるリードを使わない理由も、私の場合に限っては使用した結果に失敗に繋がっていて、その後の修正に手間取ったので運動の為に使っているとしたら私からしたら、良いことじゃないのになぁと思う次第です。
それはぶっ飛んで走ってしまうと言う事に限らないからで、離れていてもリードが繋がっていて呼ばれたらすぐにそばに戻るのだという事を教えるための道具だと言う認識なので、遊ばせる道具ではないと思うから書いています。

ある意味では勘違いから犬に違った情報を与えてしまいかねないという認識です。

教えなくてもいいことを教えた後にそれは駄目なんだよとやめさせる方が犬にとっても可哀想だし飼い主も大変だという経験から書いています。

これって便利かなとか良いかなと思って試したものは星の数ほどありますが(笑)結局シンプルに自分が動くことが一番なのだと知っただけです。

ドッグスポーツをやるような子たちでも、小さいころから過激に動かすことはありませんが、持続的に動いたり瞬発的に動いたりする事で充分体は作られるんではないかなと思いますが・・・実際うちの子たちは一般のご家庭の子達のように毎日決った時間を外に連れて行って1時間とか歩けるわけでもないし、本気で爆走できる日が早々あるわけでもありません。

苦情の事もあるので毎日毎日駐車場を走り回るわけでもありません。あの庭の広さでは頭数を数えたら運動できるスペースとはいえない広さです。

1歳を過ぎなければ自転車運動などはさせませんし、本気で走ることもよほど良いタイミングで走れる場所にいけたら出来るだけで殆ど無いに等しいです。
ひたすら走るとしても人が一緒で歩調をあわせてもらう程度でしょうか・・・。

でも・・・その足りない部分を家の中で人や犬とプロレスまがいの遊びをしたりカクレンボしたりボール投げをしたりする程度ですが、仕切りにしてあるサークルを飛び越えてみたり、ソファに飛び乗ったり、果ては爆走してみたり、階段にじゅうたんを張って上り下りで遊んだり・・・とホンの短い時間に納得するように遊んではいますが。。。

誰にも邪魔されずに危険のないドッグランのように囲まれた場所が近くにでもあればそういった場所を利用するでしょうがあいにく杉並区は厳しい区なのでひも付きで散歩する程度しか犬が行動できる場所はありませんし・・・。

外に行った時、ママのOKがなければ騒ぎ立ててはいけないというルールを作っているのでそれを守ってもらうためには、制限をかけるには幼いと思われるうちにあえて制限をかけないでいられる方法を取っているわけです。

私の場合は犬に自意識が芽生えちょっと小生意気になってくる前にママが大好きで多くの誘惑がある中でも話を聞こうとするように育てて行くのがポリシーなので、書いてある事だけを見ればやたらに犬に自由を与えていないように見えたり、あれもこれもやらせていないように見えるのかもしれませんね。

でも私の仔は大きくなって一人前になったとき、他の仔とはちょっと違う仔になっていると自信があるので、やっている事が間違っていると思ってはいません(~_~;)

与えないものがある以上により多くのものを与えているから私の犬たちは私の望みに答えるのだと思っています。

いまやっている事の答えは数年後、彼らが大人になった時に結果としてみることができるでしょう。犬の育て方は人それぞれだし、結果をOKとするレベルもまた人それぞれです。私は私なりの目標があって自分の犬たちが思うようになっていくことを楽しんでいます。
それと同時に巣立っていった子たちが成犬になった時にどんな仔に成長しているかを見ることもまた楽しみにしています。
ですがその結果は私の犬に私が望むことと同じではありません。
その家庭の色に染まった仔であれば、大事にされて可愛がられているのであればそれで充分だと思っています。
 毎日小さな積み重ねで、少しずつ良い方向へ変わっていることを信じているので、楽しく修行中、という感じです。

 広い所に出たら即、気持ちが高まって暴れるというようなことはないですが、例えばコンクリートの路面から芝生へ入ったときや、同じようにアスファルトの路面から砂浜に入ったときなど、足元の感触が急に変わるときに、スイッチが入ってバタバタしてしまうことは今でもあります。
 そんな時は普通の長さのリードですし、それを更に短く持っているので大して走ることが出来るわけではなく、更にたしなめて歩きなおし。
 これは、意識してそういう変化のある地面を出入りしながら練習中で、広さ云々よりも感触の問題なのではないかと考えているため、慣れれば落ち着くのではないかと思います。
実際、歩き出しから少し経てば普通に歩けるようですし。

 外で放したのは、先日のオフ会のドッグラン以外ではありません。
 芝生の広場でロングリードにしても、遊ぶよ、と言ってこちらから誘って追いかけっこやディスク遊びをする時以外は、テンションが上がって勝手に走ると言うようなことはしませんし、させていません。
勿論、外でただ放すなんて、仮に呼び戻しと待てが出来たってもっての他です。

 我が家の場合、庭もないですし室内もそんなに広いわけではないので、家の中で遊ぶと言っても運動になっているとは考えにくい状況です。
 そしてお散歩も、日に二回一時間かそこらずつ歩いても、犬にとっては運動と言うよりは気晴らしの部類ではないかと思います。
何しろ、ゆっくり歩いて立ち位置を調整し、しばしば立ち止まって呼び戻し、交差点では一々待たせて座らせたり、眉間に皺が寄りそうになったら少し休憩したり、で非常にゆっくりペースですから……。

 なので、多少は身体を動かして走るチャンスというのはとても貴重です。
お散歩の途中でも、少しの距離なら走ったり止まったりで付いて歩くことを教えながら程度は出来ますが、犬が満足するほどの距離と速さを、私が併走して出せるとは到底思えません。
 週に一度か二度、長いリードを使うのは、本気で遊んで、そして身体を動かして走ってもらうためです。
それでも、そういうときにハジケるかというと無茶苦茶に走るようなことはなくて、却って足元にまとわりついたり、投げたものを持って来て得意げにしたり、という状態です。
 家の中でそこはかとなく出来るようになった「おいで」を外でやるには余程の環境でもない限り長めのリードを使うしかないと思いますし、仮にそれをするにはまだ何も出来ていないのに早すぎる、としても、ろくに動かすことも出来ないままでは身体が出来ていく時に却って不都合がありそうに思うのです。

 以前他のところで例に出ていた、お勧めの自転車引き運動は、二輪車に反応してしまうのを直し中の現在、とてもじゃないですが始められませんし、そもそもウチには自転車がなかったりします。
(でも大分落ち着いて歩けるように成って来たんじゃないかと思います、まだ手綱を緩められるようになるには程遠いですが。)

 オモチャも……人間が遊ぼう、と誘う時にはじらしたりはしないのですが、犬の方から「遊んでよ〜」と言って来た場合、必ずすぐに応じていたら「遊んで〜(お願い)」が「遊べ!(命令形)」になりそうなのでコマンドを入れて、という感じになっています。
犬の方から誘える状況というのがそもそもよろしくなかったりするのでしょうか、個人的には、犬からの意思表示として、こちらが乗る乗らないに関わらず表明するのは構わないのじゃないかなと思っていたのですが。
当然、遊んであげられない場合はお断りして遊びには応じません。

 「こうしてね」「それはやめて」と直すところだらけのちっともスムーズではないお散歩ですが、それでもピースは「もうヤダ、行かない」とは言わずに嬉しそうに一緒に出かけてくれています。
 多少回り道したって構わないので、何とかお互いにとって良いパートナーになれるように、頑張ります。
仮にカリスマトレーナーに「一瞬で直せる」って言われても、(病気とか怪我は別として)私が直していくのでないと意味がないですから。

 長くてスミマセン_(._.;)_
悪戦苦闘といったところでしょうか?

外に出て広いところに行くと興奮して騒ぐ子はたいてい呼び戻しも教えていないうちにロングリードなどをつけて好き勝手に走り回らせることを覚えさせた仔に多いと思いますよ。
もしくは野放しに放しちゃったとかね(苦笑)

我家はよほどのシュチエーションが整わない限り(例えば先日のようなオフ会など)子犬時代にリードを放すことや、ロングリードをつけて勝手に走らせることはありません。

我家では子犬の時代には遊ぶときはあくまでも遊ぶだけ。
形を教えて復習させるときはそれだけに分けています。
そして飼い主の言う事が聞けるようになったと確信できるまでは1歳を過ぎても教える事で使う以外には放さないんです。

飼い主に呼ばれたら速攻そばに戻るとか、待てといわれたらその場で止まれるとかが出来ないうちに放すなんって危険極まりないという考えだからですね。

それに自分だったら遊ぶぞ〜って勢いがついているところに、勉強してからねってやりたいとは思っていなかったことをさせてくる相手と、すぐに遊びに入ってくれる相手とだったらどちらを選ぶかなと考えてみるからです。

おもちゃを置いておくことにしても、人間がいなくなって目を放さなければならないときには、これを貸してあげるから良い子で遊んでいてねとおくことはありますが、通常目が届いているときには遊び道具はかたずけてあります。

ケージやサークルに入るときには勿論ガムのようにかじるおもちゃ等は使いますが〔笑〕

本等に書かれた内容やセミナー等で教えてくれる内容は一般論というものです。
そのやり方が自分の理想とする犬の為の方法論であるとは限らないことも多いものです。

要は自分の愛犬はどういう子に育てたいかによって教え方、教える内容を選べば良いのだと思いますよ。
 まさしく、今この状況で根競べの戦いをしている最中なので、とても参考になります&耳が痛いデス。(っ_-;)

 お散歩での歩き方は、一段悪い方に癖がついて?しまっていたので、より負担の少なく、スムーズなここにある慣らし方は既に効かないということで、強制をかけつつ矯正している状況になるかと思います。
 先日見て頂いた時よりほんの少しでも良くなっていると良いのですが、芝生や砂地の上に出るとまだ「わーいわーい!」状態になってしまうかと思われます(・_・;)

 教える側の我慢……そうなんですよね、犬に根負けするんじゃなくて、させた上に、それを乗り越えて負けたとか我慢してとか思わずに付いて来て貰えるような人間にならなきゃいけません……。

 ウチではオヤツで釣ることはあまりしていないのですが、おもちゃ大好きっ子になっておりまして……名前を呼ぶと、「ヤッター!構ってもらえる!」とばかりに、こちらに一直線ではなくおもちゃを取りに行ってからそれを持ってこちらにやって来たりします。
それじゃ呼ばれて来た事になりません!って……。
 ちょっと違うんだけどなぁ、って苦笑しながらも、座らせたり、伏せさせたり、コマンドをかけて従えば少し遊んであげたりしています。

 犬が自由に持ち出せる場所にオモチャを置いておかないようにしないといけないのかな、とも思うのですが、好きに遊べるものがないと、いじってはいけないものに手を出したりしそうで全てを片付けてしまうのは却って危ないことになりそうで出来ずにいます。

 まだまだ勘違いが多そうなのが怖いですが、ビシバシご指導をお願いします。<(_ _)>

Comment form