<< 天罰の話 | main | そばが好き!? >>

2007.09.14 Friday

毛色の話。

犬の毛色の事って勉強して行くと頭が痛くなる。
突き詰めて行くと最後はまだ解明されていない事がたくさんあるので結局答えが見つからないからだろう。

もうずいぶん前に色々調べてみたけれど、土台純血種って大元の犬からかけ離れて人為的に作出されてきてしまっているので研究者も多くない。そこに恐ろしい数の種類に分けられた一種類ごとの純血種を研究しようとするとめちゃくちゃ大変な作業だ。

物好きな人は調べてみたら面白いと思うよ。数列に直して毛色を表現するアルファベットで表現して行くのが一般的なんだけど、私の頭じゃ無理だった(爆笑)

結局どんな毛色遺伝子の組み合わせが犬の健康に被害をもたらすのかの方が最優先だと思うようになって、病気の子の毛色には興味を持つようになったけど、健全である固体の毛色にはあまり興味がなくなっている。

昨日、面識はない人からバイの事等で質問を貰ったんだけど、久し振りにそうネェ毛色のページも直してるんだけどなぁとおもいつつ返事を書いた。
良く勉強されているようで日記を見に行ったけどがんばってっるなぁっていう感じだった。

普通に犬を飼う人たちがいろんなことに興味を持ってたくさんの知識を持って欲しいなと思っている。それが「問題のあるブリーダー」や「悪徳ペットショップ」に騙されない秘訣だからだ。

不幸な犬たちは今日もまた産まされている。いつかそういう犬たちが生まれなくなる日を願って・・・。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

Trackback URL


Comments

Comment form