<< レナ&ロック | main | 梅ちゃんヒートが来る! >>

2007.08.25 Saturday

爪切り耳掃除&体高測定

毎日暑くて嫌になっちゃうけど、今日はうだうだ寝ている犬たちを1頭ずつ手入れをして見た。
なかなかヒマがなくて息子頼みだったんだけど、やっぱり爪がネェ〜。。。

夜中に水を飲みに歩く音が気になっていた数頭は魔女の爪になっていた(/_;)

あまりの暑さの上に二階の部屋は若者だけになったこともありフローリングにしてある。年寄りや子犬がいるときは危険防止のためと構成を狂わせないために絨毯敷きなのだが、フローリングの方が冷たいし水拭できて気持ちが良い。

が・・・夜中にカチャカチャ音を立てて歩かれてるのが気になっていた。爪が伸びすぎ状態ですっていう証拠だからね・・・。

めったに血がでるような切り方はしないんだけど、音がするほどまで伸びてしまうと血管も長くなっていて、血を出さないように気をつけても1・2本は「ごめ〜ん・・・」と言う事になる。

そうならないように豆に切らない私が悪いんだけど、勘弁してもらってそこそこ短くさせてもらった。

子犬の時から恐がらせないようにしつつ、でも動いちゃ駄目だし逃げられないと理解させて我慢模させているとは思うけど、仰向けで4歩足の爪をパチパチと切れるとき、どの子もみんなイイコだなぁって思う。

最初から意図的に痛い思いをさせずに、ホールディングも正しいやり方で犬に伝えられれば爪切りなんか実は簡単である。勿論反射的に足を引っ込めたりする子も中に入るけど「良い子ネェ〜エライネェ〜」の褒め言葉にはどの子もみんな好きなことじゃないけど仕方がないと納得してるんだと思う。

ホールドが上手く出来ずに恐怖感をつけてしまったり、逃げられるという経験を積ませてしまうと簡単に爪切りなんかさせない仔になるのは当たり前だろう。

手入れもしつけの一部である。飼い主のいう事を聞ける仔にすると言うのは何もトレーニングで技が出来るって言う事じゃないわけだ。

犬は自分が嫌なこととかやられたくないことがあった時に餌では釣れない事もある。

ホールドもある意味で餌を使わない伝え方だし、本当は正しいやり方をきちんと学べれば良い方法なんだけど、まともに使えている人を見た事がないのは悲しい現実である。

信頼関係を結ぶ・・・これが犬が大人になる前に育まれなければならない最大の問題だろうなと思いつつ、「ハイ次は○○ちゃん!、こっちにおいでぇ〜」と猫なで声を出し、ヤバイと気がついて自発的に来ない子は強制連行し、すべての子の爪切りを終らせた(^O^)/

今度この位まで切っておいた方がいいのよ〜って写真乗せたほうが良いかもね(^O^)/
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

Trackback URL


Comments

まだまだ暑い日が続きます。

 インディーの爪切りは、なんとかインディーの理解があってプチンプチンと切れるようになってきました。でも、やっぱり嫌なんでしょうね。
 爪が白いからわかりやすいけれど、黒爪は血だらけになるかもしれません。爪も赤ちゃんの頃と違ってだいぶしっかりしてきました。
久々にお邪魔します(^^)

MAGIC母さん、お元気ですか?

爪切り・・我が家の星七クンは、たいがい強制連行です(苦笑)
「い〜や〜だぁ〜」って言ってみるけど、やっぱ終わるまではダメなのネ・・って感じでフニャ〜って力が抜けた時が、ちょっと可愛かったりします(^^)

彼も来月で1才。。
月日が流れるのは早いですよネ・・

Comment form