<< パパのセカンド | main | 限度越えてます(/_;) >>

2007.08.16 Thursday

運命

5年前の今日、キャンディーの重責発作を抑える為に強い麻酔を入れてもらって入院させた。抱っこしたキャンディーが苦しんでいるのがす〜っと溶けてぐったりと全体重を預けたあの重さをまだ私の腕は忘れてはいない。

その2年後の同じ日、キャンディーの息子のダッシュの子供たちが兄弟4頭生まれてきた。

キャンディーの命日の一日前に生まれた子達だけど、私には命日に産まれてきたのと同じように感じる部分がある。キャンディーは5年前の今日、私に抱かれたまま意識を失い、その後目を覚ますことなく翌日の夜7時半過ぎに亡くなった。心臓は動いていたけど、あれが最後だった気がしているからかもしれない。

生まれてきた4頭は揃いも揃ってスポーツドッグの道を辿っている。
兄弟4頭が全て楽しみの方向が同じ向きを向いているというのは不思議としか言いようがない。

サンダーアジ1



わざとそういう飼い主さんを選んだわけでもなく、ましてやサンダーはうちに残るはずじゃなかった。
サンダーをうちの仔にしなければならなかったのはきっと天国のキャンディーの計らいなのだろうなと思うようになっている。

キャンディーから受け継がれてきた私の大事にしているものはみんな子供のダッシュに引き継がれ、その子供たちに様々な形に変化しながらも繋げられている。

見た目にそっくりな子とはまだ一度も会えないけれど、我家で生まれる多くの子犬にはキャンディーの血が入っていて、なんとなく垣間見える彼らの後ろにいるキャンディーにちょっと嬉しくなる私がいる。

我家を、私を、変えてくれたのはキャンディーだから、最初の頃のあの気持ちを今も無くさないでいられるのはキャンディーの何かがずっと私たちを支えているからなんだろうと思う。

犬は素晴らしい生き物だ。人生ですら変えてしまう事もある。
愛して愛されて、理解して理解されて、求めて求められて、はじめて人と犬は一体になるんだろうと思う。

繁殖者として多くの子犬の飼い主さんたちが、犬が成長しきった後もずっと連絡をくれて近況を報告してくれるありがたさにただただ感謝するばかりだ。
いいコトばかりじゃなくたって嬉しいし、良い結果発表なら大いに感激し感動する。
一番悲しいことは連絡がなくなることだ。最初の1・2年は密にとる連絡も大人になって問題が無くなれば無くなるほど便りは減ってくる。
便りがないのは元気な証拠と思いながらもいつだってあの子はどうしてるのかなぁって思っている。

そのなかで秀でているのが今日、この日に生まれた4兄弟だ。
3歳になってもこの目で実物を見ることができ、この手で触ることができている。みんな遠くに嫁がせたのに、運命の犬たちなんだろうかと思ってしまう。

リスキーは和歌山

リスキー子犬

ニートは神戸 

ニート子犬

とっぷは京都 

とっぷ子犬


そしてサンダーは東京にいる。

サンダー子犬

我家は大所帯で老犬が一杯いて、今までも病気の仔に手がかかっていたからなかなか会う機会が作れない。でもなぜかこの4兄弟は何故かしら会えてしまう。

会わせてくれようとする飼い主さんに感謝し、会える機会に感謝し、彼らのこれからのたぶん思いもよらない活躍ぶりを想像し、父のダッシュを遥かに超える素晴らしい名犬に育ってくれるように願っている。

ダッシュが頭角を現したのは5歳。君たちはこれからだ。
美しく聡明なマリンとお転婆で活発で愛らしかったキャンディーの血を固めた4兄弟。
良いライバルとして切磋琢磨しながら互いに成長しあってまたみんなで揃って記念写真が撮れる様に・・・3歳の年が君たちに素晴らしい年でありますようにと願って・・・HappyBirthday!!
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

Trackback URL


Comments

サンダー君、リスキー君、ニート君
そして、我が家の愛して止まないやんちゃ坊主のとっぷ・・・
お誕生日おめでとう\(^o^)/

初めてMAGICさんの御宅にお迎えに行ったとき、
今日の事は想像も出来ないぐらい可愛い子犬たちでしたが、
早いですね・・・もう3歳なのですね。

MAGICさんの愛情をたっぷり受け継いだ四兄弟は大した病気にもならず元気に育ち、各家庭でまた愛情たっぷりに育っていますね!
活躍する事も大切ですが、そんな四兄弟である事が一番嬉しい事だと思っています。

そんな我が家のとっぷも色んな方々の愛情たっぷりで育ってきたお陰か、とても心優しい頼もしい青年になってきたように思います。

もちろん、まだまだ家の中では人一倍やんちゃで困った事もするんですけどね。
ふとしたときに見る後姿が、頼もしい時があるんです。

MAGICさんのコメント読んできっと、キャンディーちゃんから繋がるダッシュパパやマリンちゃんから繋がるクリスママの面影と重なるからなのだなぁと、感動いたしました。

3歳の大切な時を、噛み締めながら楽しんで行きたいと思います。
MAGICさん、誕生日メッセージありがとうございますm(_ _)m

この四兄弟にはいろいろな事情が有って、各家族のもとに行ったんですね。

確かRiskyも本当は先約の方がいらしたとお伺いしたような・・・・

私達がお迎えに行った時、MAGICさんの御好意でコーギーのしっぽさん、たくみままさんとご一緒させて頂いたおかげでワン繋がりの輪が広がっています。

関西に3頭も行くって初めてなのって、MAGICさんが言われてましたね。

私達がMAGICさんの大切な子をお譲りして頂く時、関西の他の二人(NEAT家・とっぷ家)はしっかりした方達だから何かあったら頼って行ってね。と仰って下さったお陰でNEAT家・とっぷ家にはいろいろと御指導頂きいろいろな形で良い方向に導いて頂いています。

NEAT家・とっぷ家と比べればまだまだ未熟者の私達ですがMAGICさんから頂いた大切な宝のバトン、しっかりと受け継いでいきますので今後とも宜しくお願いいたします。

PS. MAGICさ〜ん、Riskyは兵庫じゃなく和歌山で〜す。
4兄弟のお誕生日、おめでとうございます。
こちらのサイトにお邪魔するたびに、サンダー君がMAGICさんちの仔として残ることになったのはまさしく運命だったのだと思います。
息子も「サンダー君はMAGICさんのところで幸せだよね。拓美はサンダー君のお兄ちゃんになれなかったけど、やっぱりサンダー君はかっこいいよ。」と、サンダー君の写真を見てはニコニコしています。
きっと私のところに来ても、彼の才能を開花させることはできなかったでしょう。
今はサンダー君の元気な様子をサイトで拝見させていただき、かげながらエールを贈ることしかできませんが、私と息子の憧れのシェルティーであることに違いありません。
これからもサンダー君を筆頭に、兄弟たちの活躍をずっと見守って生きたいと思っています。
ソウでしたね(^_-)-☆ニートも最初ダーナのところに決まっていた子でしたね。

ダーナのところにニートが行かなかったことも、コーギーのしっぽさんのところに行ったこともみんなキャンディーor神様の計らいのように思います。

ニートはジュラちゃんとの素晴らしい時間を過ごし、今はあなたにかけがえのない仔に育ちましたね。それと同じようにダーナもまたバジルさんのテオに素晴らしい時間を与えられ、素敵なレディーに成長しています。

今から思えば最初から決まっていたことのようにも思えるのが不思議ですが、ジュラちゃんが女の子でニートが嫁ぎ、テオ君が男の子でダーナが嫁いだのは天命だろうな・・・なぁんてね(^_-)-☆

いつも思うんですよ・・・あなたの元にやってくる子は最初からそう決まっていたんでしょうってね・・・
だからどんなことがあっても可愛い子犬の時代から変らずに愛し続けてくださるんだと信じているんです。

良い意味でも悪い意味でも運命は決まっていてそれはその人とその犬に定められたもので、多くのことを学ぶ為に神様が采配したんだろうと思うんです・・・。
ステキなメッセージをありがとうございます。

いつも、こうやってMAGICさんの想いを耳にするたび、ニートたちがどんなに愛しまれて、大切な2ヶ月を過ごしたのかと感謝しています。

運命といえば、サンダーくんが残るはずではなかったように、ニートも私の下に来るコではなかったことを思い出します。
「あなたのところに行く可能性はないコなんですよ?それでも大丈夫?」と念押しされて伺ったあの夜・・・まさに運命でしたね。

MAGICさんの原点を繋ぐ4頭が、それぞれのお花を大きく咲かせる日を夢見て・・・
Happy Birthday! クリス's Babies!

Comment form