<< 季節厳しきおり・・・ | main | 命日・・・ >>

2007.08.06 Monday

ヒロシマナガサキ

ヒロシマナガサキ・・・ドキュメンタリー映画が上映されている。

東京でも岩波ホールで上映されているそうだ。
見に行こうかなと思っている。

戦争は知らない。父や母も疎開経験はあるが戦場にはいけない年齢だった。疎開先での大変な話を良く聞かされて育ったせいか、体験もないのに戦争が怖い。

パパのお父さんは海軍で勲章とかもいっぱい残っていた。よく、夏で水不足になると「人間はな、洗面器一杯の水で歯磨きから体の洗浄まで出来るんだぞ!」と言われたものである。でも・・・その彼も戦争自体の話は一度も聞かせてはくれなかった。体験者ほど、口をつぐむ?

予告でも流れているが、今の若者の多くは広島や長崎に原爆を投下されて多くの命が一瞬にして失われ、生き残った人々がどれほどの苦しみを抱えながら生き延びてきたかすら記憶の片隅にもないのか?

いま・・・戦争を知らない世代が殆どになった。愛国心とか言うものも世界中に比べて日本は格段に低いそうである。

ホームレスの人を「犬や猫と同じ社会の迷惑!」と言って襲撃する子供たちは今の日本で育った。人間の命の尊厳すら理解できない子供が育つ国?

犬や猫の命が軽んじられて当たり前か・・・その先にあるものの恐ろしさは大きな声で騒がれることはまだ少ない。

世界中で唯一原爆を投下され多くの被害をもたらされた経験を持つ日本は、本当はどこの国よりも命の重さを知る人の国にならなければいけないはずだろうに・・・。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

Trackback URL


Comments

アメリカ在住の日系三世の方が監督の作品ですね……。
映画が紹介されたTV番組を見ていました。

アメリカは、核は既に抑止力ではなく、使われる前に使うべきだという方針を打ち出したそうです。
日本も、作ろうと思えば作れてしまうのでしょう……現に検討すべき、と言い出した人も国の中枢部に居るようです。

どんな戦争も、争いも、醜い、有っては成らないものだと思います。
核を落としたアメリカが一方的に悪いのではなく、日本だって沢山悪いことをしました。
ただ、核の武器がどんなものか分かって尚、使おう、作ろうとする心情は私には分かりません。

人間の作り出したものを、安易に他のところへ押し付けるのは良くないことだと思うのですが、今私に魔法が使えたら、世界中の武器を太陽に放り込んでしまいたい。
(もっと牧歌的に、人が手にする武器を花に変えてしまいたい、の方が美しいかしら(-_-;))

武器を持たない恐怖よりも、武器に命を奪われる恐怖が遥かに大きいです。
(銃を持つ自由を叫ぶアメリカの人は価値観がおかしい、と思う。)

学生の頃、原爆を語り継ぐ会に、友人と出かけたことがあります。
……若者は、私達だけでした。
話をしてくれたご老人に、近頃の若者は……と責められました。
知ろうとして訪れた私達を責めたところで、逆効果だ!と屈辱感と怒りがこみ上げてきましたが、それでも言わずには居られない戦争体験者の気持ちを思って俯いたまま我慢するしかありませんでした……。

未来も過去も語ろうとしない国が、今の日本です。
どうしてこの国は、世界はこんな風になってしまったのでしょう?
自分に何が出来たのか、今から何が出来るのかを思う、夏です。

Comment form