<< JP1を目指して? | main | 28秒!? >>

2007.01.30 Tuesday

舐められたもんだね(笑)

先日のアジの練習のとき、お供にダッシュもいたので道具をかたずけた後ほんの少し疲れない程度にDISCをさせてみる。

自分で言うのもなんだけど、まだまだ現役で出来るよねと思わせるくらい正確なままだ。彼は今年の4月で12歳になるのに・・・君は怪物だよ(笑)

5歳でデビューと遅咲きの彼の血はようやく昨年あたりから巣立っていった子供たちが開花し始めている。ところが本家本元にまだすごい奴が育っていなかったんだなぁ。。。
実は気配はあるのだけど肝心の動かす人間が完璧にその子を見くびっていたらしい(笑)


我家でなかなか彼の直子の男の子を残す計画には至らないまま時は過ぎ、(実はダッシュにそっくりな柄の子がいいという果てしなく難しい希望があった為・・・)後を引き継ぐ子を育てていなかった。

DISCをできる子は数頭いるが、出産を伴う女の仔軍団ではダッシュのように活躍する機会も少なく美しい毛をたなびかせてフリーフライトを表現するシェルティーは数少なくなっていく。土台スポーツドッグはオスのほうが断然有利である。生まれ持った体力というかバイタリティーがまったく女の子とは違うからだ。

ひょんな事からダッシュの毛色(ブルーマール)ではないトライのママのクリスにそっくりな男の子が我家に残ることになったのは2年前の秋だった。
このおちびさん、飼い主さんが決まっていたのに渡す直前にたいそうな病気にかかってしまい、渡すことを断念した上に治療の為に5ヶ月近くまで運動らしい運動をさせられなかった子である。

元気になって完全回復してから、走らせても走らせてもドタドタ走りのまま人間に追いつかないスピード。。。あまりの遅さにこんなシェルティー見たことないけどどうしようというのがその当時の本音である。
そのころはその仔にダッシュの息子だという認識もなくなってしまうくらい何も期待しておらずただただひたすら元気に幸せに育てればと思い育んできた。

頭角が現れ始めたのは8ヶ月を過ぎる頃・・・一度覚えたフォームを忘れない頭の良い所や、ダッシュと同じ背の高さなのに体の長さがある彼はダッシュとは違った伸びやかなフォームで動くのでこれってもしかしたら宝石の原石だった?と思わせるようなところが垣間見えてきた。

うちでは犬を真面目にトレーニングし始めるのは1歳半を過ぎた頃からである。早期教育でしくじる傾向のある我家なりの方法論だ(笑)
それまでの間に基本的なしつけと飼い主を大好きにさせることに集中してほぼ自由に育てている。

家族みんながそれぞれ思いついたものを教えているままで時は過ぎる。

ダッシュの子で男の子なんだからという期待がわきあがった息子たちが彼とDISCがしたいと多少なりとも基本を教えるが、行動学とか心理学を完璧に知らない彼らではその仔に磨きはかかっては行かない。

子犬は思惑通りDISCを大好きにはなったけど、昨年までは多少のイベントなら使えても大会にでて結果に繋がるかどうかはかなり厳しかっただろう。

パートナーの息子もなかなか進展していかない壁に業を煮やしてDISCトレーニングをしなくなった(苦笑)

実は・・・私はこのときを待っている。
うちでは多くの犬がいるが家族も多いので動ける犬がいると皆がその仔に集中してしまう。だからあきるのを待ってそこから始めるのだ(笑)

今年はアジにエクストリームにDISCにサンダーをお披露目していけたらなと願った。スロースタートでも今年の終りに結果が出ていればいい。
暇を見てはほんの数分づつ繰り返すトレーニングはちゃんと結果に繋がり始めた。

アジの練習が終ってダッシュが少し遊んだ後、裕貴に『本当なら今日はDISCの大会だったんだからね・・・アンタが組む犬なんだからたまには飛ばせて見たら?』と誘ってみると『だって持ってこないからいいよ。遠慮しておく・・・』

「はぁ?・・・あぁソウだね、前はね(苦笑)マァ文句言わずに動かしてみな。」とフィールドに入れた。

そこには伸びやかに走り素晴らしいジャンプキャッチができるサンダーがいる。戻りもトコトコ走りじゃなくてギャロップで戻る。何回も同じ事が出来ることはある意味で裕貴にはカルチャーショックだっただろう。
黒いのにダッシュを見ているようだ。
投げ手の顔がほころんでいる。スーパージャンプキャッチには本人から歓声が上がった。

だからね・・・(笑)言ったでしょ(笑)

舐められたもんだねサンダー(苦笑)アジだってDISCだってエクストリームだって家族が信じてくれなくて花開くはずがない。ましてや共に戦うパートナーは何があっても信じろよ!
出来るか出来ないかからだけではなく、動かしてみて触ってみてその犬の持つ本質を見抜けるようになったら一人前だ。

ダッシュは私たちが初めて手がけたスポーツドッグだった。彼を越える犬になる予感を持たせるサンダーは今年開花するだろう。
ダッシュよりも2年早く表舞台にたつサンダーに期待ひとしおのオヤバカ日記でした(^O^)/チャンチャン。めでたしめでたし(爆笑)
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

Trackback URL


Comments

Comment form