<< 一気に5頭・・・ | main | 黒ちびの災難(笑) >>

2007.05.21 Monday

獣医さんも色々・・・

うちは頭数が多いし、年よりもいっぱいいる上に問題のありそうな子は必ず我家の仔になるので獣医さんとのお付き合いは普通の人よりも格段い多い。

子供のころの夢は獣医になることだったのも合って、こと犬の病気に関しては飽きることを知らず今も知りたい病のまま時が過ぎている。おかげで多少のことなら経験も手伝い、緊急か緊急でないか、診断が的確か的確ではないかの判断が少しは出来るようになった。

自分がココならと太鼓判が押せる病院をかかりつけ、またはセカンドオピニオンとして持つことは人医・獣医でも当然だと思っている。

うちのかかりつけは最新医療を手がけ多くの患者さんでごった返す病院だ。セカンドはこの獣医さん出身の先生の病院。おかげさまで大きな間違いなどに出会わずに10数年過ごしている。

相談事があった時に不安を感じたりそれは変じゃないかと思うときには必ずこれる人にはこちらの病院まで出向くように伝えたくさんの犬たちが助かってきた経緯がある。

先日も肝臓が悪いだけなので山ほどの薬をもらい様子を見るようにといわれた子がすぐにリンパ腫だったのを発見してもらった。

少し前には心臓が悪いといわれた子の相談ではすい臓がんだったと言うものもある。

股関節脱臼で手術しないと歩けなくなるといわれたものがJAHAで完璧に問題ありませんという診断結果をもらうこともあった。

例を上げたらきりがないので割愛するけど最悪だったのは膀胱がんで手術しないと助からないといわれた子が綺麗な膀胱で中には何もなく、がんだと診断された物体は実は直腸だったという笑い話もあるくらいだ。

はっきり言って獣医さんには専門分野があるからすべてをPerfectに診断できるはずがないのだと考えた方が妥当なのかなと思うような事例が多い。
犬も人と同じような病気になるのだから、切った張ったは外科の腕のいい獣医さんがいいし、内科的治療は経験が豊富な獣医さんが良いと思う。

今日の御題の獣医さん色々とは、実は今日も爆笑モノの偉い目にあった人の話である。

ずいぶん前に一度膀胱炎になった犬をもった飼い主さんがいた。(この飼い主さん、膀胱炎の後に膀胱がんと診断されて実は何もなかったという過去がある(苦笑)

さて狂犬病の季節なので予防注射を打つついでに尿検査もしてもらおうと思ったのが不幸の始まりだった。
犬は元気いっぱいなのに、検査結果が黒!思いっきり膀胱炎です!!治療しないとうんうん閑雲・・・

あわくってうちに電話が来た。私は誰も見つけられないような病気を見落としたとかいうものには寛容なんだけど、膀胱炎程度を診断できない獣医さんは信用しない主義なので、犬を見ていないけど症状が出現しないうちにそんなにひどい状況ですといわれる事に不信感を持った。
当然だけどこっちの病院に来るように言う。

結果は完璧な白!ストラバイト結晶もひとつもなく、出血反応もまったくなし。前の日にあったものが一晩で消えるか?
飼い主さんはなんでもなかった事で胸をなでおろしたが、私はむかむかしている。だって心底愛犬を心配してしまう優しい飼い主のその心情を逆手に取って病気でもない子を病気に仕立て上げるとは医療に携わるものとして恥ずかしくないのかといいたいからだ。

最近、そういう輩が裁判沙汰になっているらしい。
ちょっと具合が悪そうですと連れて行った犬をおなかにビニールが詰まっていたことにしたかったらしく口から飲ませようとして気道に押し込んで死なせちゃったとか聞く。亡くなった子の苦しみを想像すると体が震えてくる。

獣医さんも神様じゃない。商売の部分があってしかるべきだとは思う。でもやっていいことと悪いことがある。病院に来た犬や飼い主が札束に見える獣医さんにだけは行きたくはない。。。でも・・・実際身近にやばそうな獣医さんが多いことも確かである。
愛犬を守りたいのなら騙されないように飼い主は、飼い主自身が勉強しないとこれからの時代、益々大変だなぁと思うのだ。

無知はひとつの罪である。専門家ではなくてもおおよそのことは犬を飼うなら知っておかなきゃならないことがある。
だからこの言葉の意味はとても重たい事実だ。。。

余談・・・先日知り合いの人から愛犬を亡くしたと聞かされた。トリミングに出したら突然死だったとか・・・

思わず突然死って言ったって原因は多少なんかあるでしょ?と聞いても結局解剖もしてもらわず犬種的に良くあるんですといわれて泣き寝入りだったそうだ。人様の話なのでそれ以上追求することもないし悲しみを新たにすることだからと口をつぐんだけど、もしも自分だったら徹底的に戦うだろう・・・

犬に関わることって意外に飼い主側が泣き寝入りすることって多いんだなぁってちょっと悲しい話だった。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

Trackback URL


Comments

Comment form