<< これってどうよ!がけっぷち犬。 | main | 舐められたもんだね(笑) >>

2007.01.29 Monday

JP1を目指して?

日曜日、いつものように犬たちをパパに頼んでサンダー&裕貴のアジ連に行く。めきめきといい感じになっていくサンダーにアジにはめられたって感じの我家。
パパを誘ったけど俺はいいやって言うから連れて行かない(笑)
自分の目で見て自分が動かせると解ったらパパだってきっとサンダーとやりたいに違いない。でも今はまだ製作途中なのでその内やりたいっていわせるぞ!

さて今日は先日とどいたばかりのドッグスポーツジャーナルに出ていたセナととっぷが入賞していたJP1のコースを組んでCRできるのかとか、タイムはどのくらい行くのかとか試して見たいと考えていた。

マァ何よりそこまでのレベルじゃないだろうに無謀なチャレンジである。

毎度のことながら肝心のジャーナルを忘れて出立・・・到着してからあら本がない・・・

しかたがないので微妙にしか覚えていないコースをおもむろにくみ出してみた。

ハードルをまっすぐ3基、その先にブラックトンネルを90度曲げて設置。ターンしてハードル1基。続いて普通のカーブトンネル。その先に右に90度ターンしてハードル1基。そのまま直線で幅跳び、その先のブラックトンネルには右から入れる。直線ハードル2基。カーブに2基。まっすぐになって1基。ラストがタイヤ。

スラができる子はそのままスラに入ってでた所から90度ターンさせてなんていうやつだか布のかかったトンネル。

変なコースを作った(笑)


ブラックトンネルからターンしてハードルまでは苦もなくクリア、最初は次のトンネルを抜いちゃって失敗。
シュートのコマンドが遅いのか次の障害に向う体の向きのせいなのか(?)

トンネルを抜けてターンしてハードルの次、サンダーは幅跳びをした事がないので走り抜けた(笑)
やり直して飛ばせてブラックトンネルに戻るが、指示を出そうにも既にかなり先にいるわけで指差した所が見えるはずもなく右か左か判断はサンダー任せである。
こっちでしょ〜って雰囲気でいけちゃう子なのでそのままクリアしハードルはは走れ走れの爆走コース。
体勢を立て直してラストのタイヤを何度飛ばないですり抜けたことやら・・・。


途中休みながら、アジの競技会ってでたことないからわからないけど、見聞とかいうのやった後一回練習とかないんだよね?と疑問がでてくる。
ぶっつけ本番?初めてのコースいきなり走ったこともないままに犬にはCR求めるのか???・・・

アジやっている人教えてね(笑)私・・・参加したことないもんで当日の状況知らないのでそれならそれで教えなくちゃならないし(笑)

出来なかった部分を何度か教えなさいよとお茶を飲んでいたら裕貴に任せていたらなにやら『負傷しました』と戻ってきた。

どうやらあれほど飛べと言ってるタイヤの横をすり抜けていたサンダー君。
すり抜けるときに肩を強打したらしい。前左足を少し上げてる。
ちょっと痛いかなって顔。こういうときはやたらに触らずにまず休ませるが鉄則。数分後俺はまだやる〜と跳ねてるサンダーに戻る(笑)打撲か・・・

間違いを直すときは私の教え方の方がまだまだ理解は早いので(苦笑)サンダーとフィールドに入る。

まずは知らなかった幅跳びを繰り返し教える。次のトンネルに行かせる時に自分の体の向きで犬が幅跳びを飛んだときから方向が決まる事に気がついたのでとりあえずこのコースはこのままでいいかなと楽をする。

本当は右シュートか左シュートにコマンドではいる入り口まで指示できたら完璧なんだけどね。今日はやめておく(笑)

後は問題のタイヤだ。
なかなか決めたコマンドが効いていないのでひたすらクリアすると褒め殺しをし続ける。まずは反対側の見える位置から・・・呼び込みみたいな感じ?

これはだいたい問題なし。でもさこれじゃ駄目なんだよね。と言う事でまずはタイヤの横にいてコマンドで飛ぶ?を繰り返す。
それが出来たらサンダーのいる位置からコマンドをだす。
それが出来たらサンダーより下がって出す。
それが出来たらひとつ前のハードルを飛ばせながら自分はスピードを押さえて後ろにいた状態でコマンドを出す・・・

なぁんってやり方でサンダーは理解したらしい!?

マァこんなもんでしょといい手ごたえを感じたのでリュウちゃんがvideoを回すというし、コース一回回そうと裕貴と走らせる。

クリーンランって感動するのね(^O^)/
ビデオにも入ったし宝物になりそうだわ。(ダビング求む(笑))

意気揚々と家に帰りジャーナルを開いてコースを確認したらかなり違ってた(苦笑)
次回は必ず持っていくぞ〜!
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

Trackback URL


Comments

Comment form