<< シェルティー部会展のお知らせ | main | 頑張れマックス! >>

2007.05.09 Wednesday

かまわないと言う事の効果

先日、お気に入りの子犬に嫌われちゃったと書いた。

何が原因なのかこれかなあれかなと思い当たる節を探りつつ、私を恐がる子犬を要観察。
ためしにこれならどうだと言う手を二三試してみたがどれも的が外れているようだった。つまり、こうしたらどういう反応?と見る事が子犬の恐怖心を煽る結果になっている。

こういうときの対策は?(笑)そう・・・その感覚を忘れさせる事が一番なはずと私の場合には答えを出す。

丁度マックスのこともあって殆ど恐がりチビッコにもそのほかの子犬にも接触する時間をあえて作らなかった。

マックスが帰り又いつもと同じ毎日が始まり子犬に声を掛ける。

我先にすっ飛んできたのはあの子だった(苦笑)

かまわないという方法は意図的にも造れなくはないだろう。偶々あの子にはこの方法が効いたけれど状況と子犬の認識内容によってはかまわないと余計に関係がうまく行かなくなることだってある。

成功の(笑)秘訣はやはり私の場合には観察以外の何物でもない。

犬の行動学も心理学もぶっ飛ばしてただ彼ら自身が出している信号を上手くキャッチして合う方法に照らし合わせればことは良い方向に向く。

私に対する恐怖心が無くなったのはいいけれど今度は顔を見るたびに「だしてぇ〜だしてぇ〜」と掃除をしてても起きている限り叫ぶのはやめてくれ(/_;)
サークルの間に鼻面を差し込んで顔がゆがんじゃったまま笑わせてくれるのはやめて頂戴。
又可愛すぎてかまいすぎちゃうでしょうが・・・(苦笑)
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ 人気blogランキングへ ブログランキング参加中 ぽちっとよろしく♪

Trackback URL


Comments

犬はねこっ可愛がりだけじゃ信頼はしてくれませんからネェ(苦笑)

優しいのは一番ですがここぞというときは頼もしくなくちゃ信頼してくれないんだなぁって言う事でしょうね。なんかお母さんがちょっと可哀想かも(笑)


形にとらわれないって本当は一番重要なのかもしれないのに、日本人はとかくマネッコが好きですよね。自分に自信を持つってすごく大切なんですけど、他人と違うと不安になっちゃう人も多い中・・・私の場合犬馬鹿変人なので(笑)犬の事だけは形にとらわれずに自分の感性を信じちゃっています。

答えは犬が出してくれるもので答えに照らし合わせた犬にしないためにはそういう妙な部分が必要なのかしらネェ(苦笑)

経験という大きな状況が産むものの中には学校や社会で学ばなければならない理論的な部分を越えたものがあると思います。

観察は力なり・・・って事ですか(笑)
ウチのエラン(ウエルッシュコーギー)に限らずこれまで飼ってきた犬達もどうも私の母親は「かわいくてつい甘やかし、いけない時も叱れない」人なんです(^^;(そのくせ人間の子には容赦ないひとでもあります。)顔みるたびにオヤツをあげ、散歩から帰ると必ず牛乳をあげるんですが・・・。
私は朝起きた時や仕事帰りにスキンシップをはかり、オヤツは決められた時間ではなく抜き打ちであげます。悪いことはダメと威厳を持って接した結果、私と兄意外の家族にはいくらオヤツをもらっても耳がなくなるまでたらし目を細めお尻ふりふり(尾がないので本人は尻尾振ってるつもり)しません。
そぅですよねぇ〜。。
知っておくことはとても大事だけど、形にとらわれないのも大事ですよね。
星七を迎えてから、ほんとそぉだよなぁ〜って以前より感じるようになりました。
育てているようで育てられてるんですよね。ワンコの爪きりとかシャンプーとか、ちっちゃいことかも知れないけど星七がいるから出来るようになったし、経験することが出来た。。
大変だなと思う時もあるけど、その分楽しいし幸せをくれる(^^)
・・何か話それちゃったけど(苦笑)

マルス君の、ぶちゃいく顔みたい・・o(^^)o

Comment form