2014/03/28 Fri

Category: 独り言

桜の季節、はなまるが終わりました。

今日で毎朝見ていた「朝ズバ」も、「はなまるマーケット」も終わるそうだ。朝ズバはみのさんが好きでよく見ていたけれど、あんな事件で降板してしまい凄く残念だった。後を引き継いだ若手のアナウンサーががんばっているのが好印象の番組だった。

さて、最後のはなまるが始まった。ちらちらテレビを横目で見ながらこれを書いている。

はなまるマーケットは17年半続いた朝の長寿番組。。。毎朝洗濯機を動かしながら料理のメモを取ったりして楽しみにしていた番組の一つ。主婦の定番といったところか…。考えてみれば、17年半という長さはダッシュが生まれた半年後に始まった番組だったんだと感慨深いものがある。やっくんも岡江さんも老けたなぁとにやついてみていたが、自分もなのだと苦笑いしている。

ダッシュは生きていれば今年で18歳になったはずだった。今はもうこの世にいない。一緒にいられた時間は長いようで短い時間だった。どんなことにも始まりがあり、また終わりがあるんだとぼんやりと解ったような気がする。

今は幸いなことに誰も具合が悪くて心配な子がいない。お年寄り軍団はいるにはいるが年寄りだなんって感じさせない元気印の奴らばかりで、新人たちはいたずらばかりだし、ようやく中堅所が良い感じに仕上がってきたかなと感じ、これからまた新しい命が生まれてくる。昔ほどのんびりゆっくりテレビを見ていられるわけでもなくなったけど。。。

この数年怒涛のような毎日で神経が休まる日がなかった。体も思うようにならなくなったし、目もすっかり悪くなった。集中力も格段に落ちた。
年を取ったのだなぁと痛感している自分がいる。同じ時代を生きた愛犬たちが皆旅立ち、また新しい時代を背負う犬たちをはぐくむ時期が始まっている。

毎年のように愛犬たちを並ばせて撮影してきた桜の季節がもうじきやってくる。昨年もおととしもダメージが大きすぎてそんな気になれずに撮れなかった分を今年はたくさん撮っておきたいと思う。きっとあの子たちも虹の橋のたもとで「お花見」しているだろうから。。。

杉並に嫁いで30年以上たち、見慣れた桜の木々もまた年老いてきた。見事なまでに花を咲かせ続けられるのが何十年あるのか私は知らないけれど、老木の傍にまた新しい桜を植えておいてほしいと思う。数十年たった見事な木は美しく神々しいほどだけど、いつかやはり寿命がやってくる。私の大切な家族だった愛犬たちと同じようにいつか尽き果てる日が来る。だからこそ、次の世代を育てておかなければならないのだと思う。しばらくの間は先人たちのように素晴らしい結果は残せなくても準備を怠らなければ必ずあとから結果は花開く。

太く大きくなって見事な花を咲かせるようになった近くの公園の桜を見てはこの公園ができたのは平成元年の前の年だったと思い出す。昭和63年春、この公園の開園とともに桜の木は26歳になった。子供たちとの思い出と、愛犬たちとの思い出を全部みている桜の木。最初あんなに細く弱弱しく大した花も咲かなかった木が、多くの人に慈しまれ手入れを受け、自然に立ち向かい、大きく育った。お花見の季節は多くの人が集まるようになった。

はなまるが今終わりました。

「いつも心にはなまるを…」やっくん、岡江さん番組にかかわった多くの人たち、毎朝たくさんの情報をありがとう!

一つの番組が終わるだけなのにまさか泣くとは思わなかった。ボロナキです…。
有意義だった時間をありがとう。毎日の習慣をありがとう!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村
1/1