2011/12/11 Sun

蘭、再び発作。。。

調子よく食べてくれていて安心していたら、今朝また発作が起きた。

JCCの本部展を見に行こうと用意していた矢先、ドアに向かう私に向かって走り寄ってきて突然倒れ込んだ。正気に戻るまでの時間は今までよりもだいぶ短かったけれど、目の前でよろめきながら倒れこんだ蘭。

いこいの村までは遠い…。現地で会う約束をしていた友人もいたけれど、本当に悪いけどこういうときは行くことができない。だって、いつまた同じような、もしくはもっとひどい発作が起きるかもしれない不安を抱えて、出掛けられるはずもない。急遽お出かけは中止になった。


午前中、気をつけて様子を見ていたがその後発作らしきものは起きなかった。ホッとしながら原因を考えてみる。そんなに興奮するようなことは無かったとは思うけどパパも私も朝早くからバタバタと動いていたので一緒に行きたくて多少なりとも興奮しちゃったのか、ここ最近パピーフードを気に入って食べていたのが良くなかったのか、なんとも言えない。とりあえず薬を飲ませて静かにさせておいた。発作がおさまってすぐは自分でも何があったんだろうと言う顔をしていたけどほどなく薬も効いたのか落ち着いてくれた。


蘭は心臓が悪くなってきてから急に白髪が増えた。13歳になってもいつまでも赤ちゃんみたいに見えるからもうおばあちゃんなんだよと判るように白髪も生えてくるんだろうか。。。発作が起きなければ薬が効いていると元気いっぱいの蘭。愛ちゃんと約束を果たせなかった分、蘭とノンとはお互いにおばあちゃんになるまでずっと一緒にいるんだよと我が家に迎え入れたその日に約束をした。だから、シェルティーの2ヶ月の子犬くらいの大きさの蘭とノンとの時間は昔よりも今ずっと大切なものとなっている。


もう直クリスマスだから、サンタさんの洋服を着せて写真撮りたいなって思っているんだけど、もうしばらく様子を見てからにしようと思う。だんだん寒くなってきた今日この頃、こたつに入れば飛んできて抱っこをせがむ蘭&ノンと久しぶりにゆっくりした日曜日を送った。

sCIMG6954.jpg
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

2011/12/09 Fri

蘭と心不全その4

ここ2週間ほど蘭の調子が良くなかった。元気がないし、食欲もがくっと落ちた。寒いのがダメなんだろうなと室温を上げてはあるけれど、食べるものが数種類になってしまった。あんなにコロコロしていたのにすっかり痩せてしまっている。

なんとか食欲が出てこないかと食事を見直してみる。
生のラム肉と、ラムのレバー、鳥のささみ、鳥のレバー、安納芋(蜜芋)の焼き芋、白菜を軟らかく煮たものならそれなりの量を食べるようになった。馬肉も食べないし、牛・豚肉関係も今はだめらしい。ご飯類も顔をそむける。

こうなったら好きなものだけ食べれればいいと思う。

ドッグフードは一切受け付けなかったけれど、たまに他の子のものを食べたそうに見た時はどんな種類でも少し上げてみるようにしたら、プラスの食べているパピー用を少し食べた。

何の心配もない筈だった蘭のほうがノンちゃんよりも心臓が悪くなってしまうなんて思いもよらなかった。。。でも生きている以上年を取って行けば何かしらあるのが当たり前なんだと思えるようになった。

私ができる事は私の犬たちの生きている生活スタイルの質を上げてあげることだけだ。がんじがらめの理想論ではなく、経験から学んだ中で見つけだすほんの小さな、幸せの継続のためにできる数少ない事。それを見つけだして命を繋げていく。。。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村
1/1