2008/11/30 Sun

また・・・

昨日の夕方からまた立てなくなったマリン。くの字に寝ていたわけじゃないんだけど、立とうとするとまたくの字になっちゃうんだな。

朝は大丈夫だったんだけど、今日は暖かいからってストーブを消しておいたせいかしら?寒くなかったんだけどなぁ…このくらいでも寒かったのかなぁ。

ご飯を食べる〜とワンワン呼ぶけどうまく立てないので定位置で首だけ持ち上げて騒ぐ。ご飯は入れ物を持って体を支えて食べさせたらうまく食べられた。前回のときはご飯の入れ物にも顔を入れられないくらいだったので重症じゃなさそうだ。

ご飯を食べたら騒ぎ過ぎて疲れたのかくたっと寝てしまった。明日は人が少し暑いくらいでも暖かくしておいてあげなきゃ。

しかし…誰かが出かけるって言うと具合が悪くなるってどういうことなのかしらね。自分がいつもと違うことが起きるのでバタバタしていてマリンに気が回らなくなっちゃうからなのかしら。

被害者はマリンか…ごめんね、もっと気をつけなきゃね…。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

2008/11/25 Tue

Category: 闘病記録

記録しておくこと。

現在サイトを直していて、昔の思い出とかもちょっと手を入れながら作成中だ。ずっと書こうと思ってもなかなか書けずにいたものは長いことつけ続けてきた日記が役に立つ。

でもその日記も1999年の11月からしか残っていない。マリンのことやキャンディーのことはその当時にこんな風な歴史があるんだよとページとして作っておいたので今でも懐かしくその当時を思い出せるのに、あれもこれも自分の糧になった重要なことを残していないのがもったいなかったなぁと思う。

特に病気の子とのことをこの闘病記録のように書き残し始めたのはマリンが大きな病気に見舞われてからで、日記自体にもほかの子のこととか書かないまま来てしまった。

少しづつ思い出しながら夜中にこそこそ書いているけどやっぱり泣けちゃって書けないことが多い。落ち着いたら書こうって思うよりも、キャンディーのときのように、スズのときのように、ジェニーのときのように、ミールのときのように、感情にまかせたままでも書いておけばよかったなと後悔してばかりだ。

毎日の何気ない暮らしの様子を書き遺しておくこと、それは自分がいなくなっても確実に残る。そんなことをぼんやり考えながら遠い昔を思い出しページを作っている毎日なのだ。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

2008/11/24 Mon

私だって見たい?

今日は子犬の内覧会をした。といってもまだ1頭しか決まっていないのでひと家族のみ。

仔犬を見せる時に今一番困ることはマリンをどうするかなのだが、最近腹をくくったので部屋を広くするためにマリンの部屋に座卓をどかして対応するようにしている。

彼女が寝てしまっていれば座卓の陰に隠れて見えないし、たいていパパがそちらの部屋に入ってくれるので仔犬を見に来られた人も年寄り犬の姿を気にしなくていいかなと思うからだ。

が…いつもならグ〜グ〜寝ているはずのマリンはお客さんが来たらのこのこ起きてきてわざと見えるほうにねっ転がる。蘭ちゃんが寝ている長座布団の上に寝て背中を座卓の足に寄りかからせて、まるで仔犬たちを見張っている大ボスみたい。

自分で自分の体を思うようにできないから、そのうち背中がずれて座卓の下にずり落っこちて起きれずにもがき何度パパに起こしてもらったことやら。

あの・・・いつもの定位置で寝たほうがいんじゃないでしょうか?と提言したくなるほどずっこけまくりでおちおち寝ていられやしない。それでも子犬がみたいのか?

マリンの行動は今では前のようにこうだねとすぐにはっきり分かることばかりではなくなってきているけれど、今日ばかりは私をハゴ抜けにするんじゃないわよと昔の女帝復活っていう風に見えた。

年をとっても耳なんか聞こえなくっても、自分の体をうまく動かせなくっても、意志だけは貫こうとするマリちゃん。御見それしました(*^_^*)
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

2008/11/22 Sat

室内の温度

マリンが調子が悪くなるときはきまって寒い日だなぁと思う。
ここ数日一段と冷え込むようになった東京。さすがにストーブをつけるようになった。やっぱりエアコンとは違って暖かさは抜群だ。

日中も夜中もほぼ同じ温度を保たせておくと、マリンは調子を崩さずに済んでいる。いつまで持つのかわからないけれど、病院も温度って一定だから、体にはそのほうがいいんだろうね。

おおよそ20度くらい?適温といえば適温。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

2008/11/17 Mon

病院で・・・

今日は子犬の予防注射と一緒にマリンの薬をもらいに行った。

抗生剤とステロイドは飲み続けなければ今が保てない。随分と長いこと飲んでいるようなぁと思うけど、注射しかだめだった時期から比べたら体への負担は雲泥の差でご飯と一緒に飲めてしまうんだしそれはそれでいいんだろうと思うようにしている。

たいてい月に一回のペースでもらいに行くので、この間もう駄目かもしれないって状態だったという話をした。「くの字」になっちゃった事や、座布団で強制的に姿勢を直していたら治っちゃったこととか話すと大笑い。

写真も載せたから見ておいてくださいと言うと是非にとのお言葉(笑)そうよね…言葉だけじゃわからないことも写真があれば状況が見える。今まできれいだったマリンのイメージを壊したくなくてあんまり載せてこなかったけど、写真は撮っているんだよね。

先日はあんまりうれしかったから、もう汚くってもいいやって乗せて自分的に満足し、その後こういう状況だからって載せておいたほうが記録になるやと思いなおしてくの字も状態も載せてみた。

実際に見るよりも写真はそんなに細かいところまでは大きなデータじゃない限り見えないのでなんだこんなものかと思う。

記録といえば写真をあちこりにしまってあるのを探した折に、毛色の説明とかでこういうのを使えばいいのかっていうのに気がついたのでそれもマリンのおかげかな。

やることはいっぱいあるけどなかなか先には進まない。でもやらないで止まるより一日1ページでも作ったりすればいつかは完成するものね。マリンが具合が悪くなったのでつい今は別のカテゴリーに手を移している。そのおかげで初心に戻れる。マリンが来たあの時の感動を今また思い出し、老後を支えていく自信が大きくなった。

記録はとっても大切なんだね。(^◇^)
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

2008/11/15 Sat

くの字のわけ

マリンの体がくの字になっちゃったっていう理由は写真のような寝方をするからなんです。眠るとかなりの時間この体制のママ・・。今回はえらい目にあったのでこの体制で寝ると・・・

20081114_marin_1.jpg20081114_marin_2.jpg


強制的に修正されることになり、多少眠りを妨げられてかなりご立腹なお顔に…デモねぇ…そのまま固まっちゃうよりナンボかいいでしょ?



20081114_marin_3.jpg20081114_marin_4.jpg

今回は前回の逆バーションにお曲がりになっています。(^◇^)
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

2008/11/14 Fri

妖怪復活。

マリン、再度復活しました。曲がった体は元に完全に戻り、ぐるぐる回ることもなくなり、目も見えています。

ちょっと眼が白っぽくなったけど、それも左目だけだし、ご飯もぺろりと平らげるようになりました。「ご飯でしょ?早く早く」の催促の声もかなり大きく出るようになって少しうるさいくらい…。

がんばれマリン、妖怪でもなんでもいいよ。長生きしていこうよ!

20081113_marin_1.jpg

20081113_marin_2.jpg

20081113_marin_3.jpg

赤目補正したらちょっと変になっちゃってごめんね。本当はもっと美人なんだよねぇ…。

ご飯をくれと催促しに歩いてきたところです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

2008/11/11 Tue

マリン…。

実際の話、この1週間、もう駄目かなぁって思ってた。そんなに長くないかもなぁって・・。


体がくの字に曲がっちゃってなかなか治らないし、うまくたっていられないし、ご飯は食べなくなっちゃっていたし、ウンチも、ご飯をたくさん食べないからでないし…。

ご飯を食べなくなったら…。いろんなところにそんなことが書いてあるのを見なきゃいいのに見に行ってみる。それで余計に不安になって…。

どうやって復活させてるのか?何が今必要なのか?どの子の介護も皆違うからやっぱり手探りの中にいる。

一時期、ものすごい下痢に一年以上も悩まされて、毒ガス状態のものすごい臭いと下痢便をかいくぐってようやく安定したって言うのに今度はどうしたらいい?

ミールよりも先に天使になりそうだったのに、きっと一緒に逝っちゃったらママが死んじゃうかもって思ったのか頑張りぬいて立てなおしたよね。

おなかの中は腫瘍でパンパンだし、腸も膀胱も圧迫されてて、ウンチ立ってイッタンモメンみたいなのしか出ない今のマリン。
おしっこもウンチもちゃんとトイレに行って気張るけど、結局つぶれてしまうマリン。
口の中だってどうしようもないくらい歯石もたまって口臭もひどいけど、よだれで前足も真っ白だったエプロンもピンクに染まっちゃってる。

足だって少しづつ曲がってしまって、きれいだった昔の面影なんかみじんもない。でも…毎日抱っこして今日は少しは重くなった?と骨ばった体をさすり、体に何もできていなか調べるよね。

生きるために仕方がなかった毎日の注射の後は大きなかさぶたになって薬焼けしたように剥けちゃったね。

ボロボロのマリン。眼やにをとってもとってもあとからあとからまた出て固まっちゃって。口のまわりも歯茎の部分もガーゼで拭くのは嫌なんだよね。
伸びた爪を切るのだって、もう昔のようにネンネして切ることもできなくなった。

病院の先生に生きてるのが不思議なんだよって、もう出来ることは何もないよって言われてるね。

でもマリンは頑張る!今日はまたいつものように「御飯にしてよ〜!」と吠えられるようになった。しゃがれ声でかすれ声で、それでもいいよ。今まで散々いい子だったんだから、いっぱいわがまま言っていいよ。今日は何が食べたい?またおいも入れて甘い御飯にしてあげようか…。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

2008/11/11 Tue

介護犬!?

マリンがうまく動けなくなったこの2・3日。なぜかチョコがやたらにマリンのそばに行くなぁと思って眺めていると!

なんと…彼女はマリンの口の周りを綺麗に舐めたり、よだれで汚れがちな前足を丁寧に丁寧に舐めている。
キャンちゃんにはなめられても文句は言わなかったけど、ほかの犬なんかに舐められそうになるとすごく嫌な顔をして拒否してきたって言うのに、なんか気持ちいいのかすんなり受け入れている。

マリンの御飯は皆よりもちょっと美味しめにできてるからそのせいかなぁ?と思ってみたけどどうもそうじゃないらしい。
抱きしめるように頭まで抱え出して、サルの毛づくろいじゃないけど前歯でハムハムしはじめた。なんか妙にかわいい(笑)

マリンのおでことか、目の周りとかほっぺとかあちこちハムハムしてるし・・・。あんまり見たことのない光景だ。ダックスはほかにもいるけど、昔よくミールがチャーの耳をハムハムしてたことがある。痛くないのかなぁと思う位口の中に耳が全部入っちゃって結局ぐちゃぐちゃにされるんだけど、気持ちいのかうっとりした顔でされるがままだった。

逆っていうのは今までない?

チョコはマリンの口の中まで舐める。歯茎とか特に丁寧に舐めてる。私としてはすごく助かるんだよ。ガーゼで拭くと嫌がるから・・・。

散々舐めまくって気が済んだのかマリンの水のみで水を飲んで戻ってきた。「チョコちゃん、いい子だねぇ〜!えらいねぇ〜、マリのお世話してくれたのね」と言ったらすごくうれしそうにしっぽを振ってマリンのほうを眺めた。

わかってるみたい(笑)ようやくチョコと少し会話だできたような気がした。いつもべったりだった怖がりのちびっ子は少しおねえさんに成長したのかもしれない。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

2008/11/09 Sun

工夫

どうしたらマリンが苦しくなくていられるのかずいぶん考えてみた。やれることはいろいろやってもなかなか思うような変化がないし。

寝てるときでさえ左前脚が突っ張っちゃって、右側に曲がって寝てる。年をとっているだけでなく、長い時間そのままで熟睡するので固まっちゃうことも分かる。

かといってその恰好を直そうと体を触ればすぐに起きてしまうわけで、抱き上げても起きないよりはましでも、マリン自身は眠れなくて余計に疲れるようだ。床ずれとかができないように位置を直すのは大切でも、今はそういう心配がないぶんゆっくり寝かせてあげたいし・・。


で…クッションとかだとどけてしまうし軽い座布団だとやっぱり動いてずれちゃうので強硬手段で重たい座布団(おばあちゃんが使っていたやつ)を引っ張り出してカバーをかけて二つ折りにしてマリンの左側に置く。彼女の体の右側は仏壇。(苦笑)だから寄りかかっているので右には向けない。

必定的に左側に顔を投げだすしかないけど、重い座布団があるのでその上に顔を置くしかなくなった。マリンはまっすぐに顔を向けた形に寝られないからどうしたって座布団に顎を載せるしかない。

で・・・治ってきた!だよね・・・。やっぱり固まっちゃってるんだ。少しづつもとに戻せばもどるんだね。気温も低くなってきたし、人だって暖房がないと少し寒いなぁって思う時間帯もある。老犬は寒さに弱いんだもの、そこに長い時間動かないでいたら固まるんだ。

マッサージも必要だけど、体の向きをどうしておくとか、問題が起きたら何かしら工夫しないと状態は保てない。若い子とは違い老犬の介護は、ミールとはまた違ってマリンでも色々な経験をする。

今は大変だけれど、きっといつかほかの子たちが次々と年を取っていくこれからのためにマリンが教えてくれているんだと思う。
ありがとうねマリン、そしてとりあえずなんとかまっすぐに戻ってよかったね。

今日もおいしいご飯作ってあげるね(^−^)
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村
1/2 >>