2008/08/17 Sun

Category: つぶやき

キャンディーの命日。

今日は6度目のキャンディーの命日だ。もう6年たった。やっと6年たった。
マリンは約束通りキャンディーの分まで頑張っているよ。

candy_0728.jpg

この前メロの子でキャンディーにそっくりな子が生まれてきた。トライだったけどね。君に似て元気いっぱいでくりくりした目で人を見るかわいい子だったよ。今は長野にお嫁に行った。

君が私たちの人生に素敵な花を添え、大きく変えてくれたように、あの子はあのご夫婦に大事なものを届けに行ったんだって思う。

君の愛くるしさや賢さや美貌を受け継いできっと幸せを運んでくれるだろうね。

君のことを思うとまた涙が出てしまう。もう6年も立ってしまったのにね。アルバムの写真の中にはいつも元気でお茶目なキャンディーがいるのに、今私のそばにはいないから…。君から教わったたくさんのことを新しく生まれてきた子犬たちに教えているよ。
少しづつ君のもとへ旅立つ子が出てきて、気が変になりそうな時間も何回か繰り返しているのに、なかなか強くはなれないままだよ。

今日はあんまり考えないようにいろんなことをやっていたけど、君が逝ってしまった同じ時間にはぼんやりするしかできなかった。

また明日からがんばらなくちゃね。君と約束したんだものね。
キャンディー、大好きなキャンディー、聞こえている?
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

2008/08/09 Sat

Category: つぶやき

10年目の命日…。

ふわふわの天使が天に旅立って10年目の朝。下の息子が夏休みに入って友人と海水浴に行くと言う。

つい…「今日ね、愛ちゃんの命日だからさ、守ってくれるとは思うけどそれでもちゃんと注意して運転していきなさいよ」と口から出た。忘れることのできない日付…。

ai_tukayama_3.jpg


あの日、愛ちゃんが亡くなった時を子どもたちは知らない。徹夜で大喜びしながら現地について建てたテントの中で数頭の犬たちと一緒にぐっすりと寝ていたからだ。

私たちがキッチンを立てたりする時に何頭かの犬が起きだし、その中にママっ子の愛ちゃんもいた。ちょっと待っててねぇ〜と簡易に建てたサークルの中で事故は起きた。

その時から子供たちと愛ちゃんは会っていない。子供たちが目にした愛ちゃんはもう、すっかり冷たく硬くなって戻ってきた。何で死んじゃったの?どうして?お母さんは何をしていたの?・・・質問が悲しくて怖かった。。。

何をしても泣き崩れている母親を見ながら子供たちは何を思ったんだろうか。
あの時からちょっぴり大人になって、愛犬が亡くなるたびに口数が少なくなり泣いている顔は見せなくても泣きはらした顔でぼんやりしていると、そっと肩に手をおいて「お母さんのせいじゃないよ、頑張ってあげたんだから喜んでいるよ」と慰めてくれるようになった。

愛ちゃんを失って10年。拾い食いの怖さを知ってもう10年たった。
あの日以来うちでは拾い食いでひどい目にあった子はいない。
地面に落ちた食べ物のにおいをかぐだけで鬼みたいな形相で大声でしかり飛ばすママがいるからだ。

黙っていたら食べてしまうものも、「食べたら死んでしまう」という恐怖感には勝てずに犬が驚こうが縮こまろうがお構いなく叱りつける。
道路に飛び出した子供をひっぱたくときと同じように命には代えられないから・・・。

そうしていながらも、今でも耐えられない後悔が襲う。無知だった自分に対して…。

あの日、あの時、愛ちゃんに「食べてもいい?」と聞くように教えずに「地面に落ちたものは食べてはいけない」と教えていなかった不甲斐ない自分を戒めるために、この日は永遠に巡ってくるのだと心に刻んでいる。

ai_tukayama_2.jpg

ai_tukayama_1.jpg

ai_minna_1.jpg

ai_kouenmae_1.jpg
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村
1/1