2008/07/22 Tue

恐るべし・・・!?

そういえばうっかりとノンちゃんにできた乳腺腫瘍の写真を撮るのを忘れてた。毎日、大きくなっていないよねぇ〜って触っていた割には、病院に行くとなったらとたんに不安になって、慌てふためいて結局術前の写真なし…。先生撮っててくれていないよなぁ…。

手術当日、早々にお迎えに行ってノンを抱っこした時に、できモノだけじゃなく万が一のことがあるので乳腺とリンパ節も取ったからかなり切ったので傷口が腫れるはずだよと言われていた。

そういうときにはってわけじゃないけど(笑)うちには必殺サプリのファクター君が常時在住しているので、もらったお薬のほかに飲ませ続けている。
14日に切って17日に一応見せてねと言われるくらい大きな傷だったけど、まったく腫れることなく綺麗にふさがっている。
先生も傷を見て驚いてた。ノンちゃん恐るべし!(爆笑)と笑われたけど、天使になった子たちがみんな生きているのが不思議と言われ続けてきたのはこのサプリを一杯飲んでいたからじゃないかなって思う。

傷は早く治るし、薬の効果も高い気がするし、余裕があるときは犬たちの分さえあれば自分だって飲みたいくらいだから。。。って人間のサプリだけど(笑)

先生は念のため2週間くらいしたら抜糸しようかって言ってくれたのでその予定だけど、当のご本人は傷口の大きさからは考えられないくらい切った翌日からごく普通にお暮らしだ。塗った数を数えたら15針あった。
2・3キロくらいのポメのお腹だからねぇ…。大きな傷だわ。

ちびっこ女王様なのでエリザベスカラーは嫌がるから(ストレスをかけたくないので)うろちょろするときにはおパンツ星人になってもらった。
犬用のおむつって以外に使い道あるんだよね。

マリンも毎日使っているけど、我が家の場合ウンチクンはちゃんとおトイレで踏ん張るのでこれはおむつの中に入ってくれると困るわけ。
だから毎回おむつの穴を大きくひろげなければならない。特に女の子は陰部が肛門に近いので踏ん張りながら中に出てしまってそのまま尻もちなんかつかれた日には場所が場所なだけにまた膣炎をおこしちゃって大ごとになるだろう。

だから穴は広げるに限る(苦笑)
ノンちゃんの場合にも粗相やヒートで汚れるとか男の子防止とかの理由じゃなくおパンツはいてねになったので同じく穴の大きいおパンツになった。

毎度「なめちゃダメだよ」と声をかけられることなく普通に生活できたので気位の高い女王様も穏やかに術後を過ごせたのかなぁと思う。おパンツさまさまだった。数日前から気にすることもなさそうなのでおパンツからも解放された。

しかしファクターってすごい。今回はもしも癌だったらと思ってパンフェノンと同じ会社が出している「イペット」も買っておいたが開けないで済みそうだ。

犬はまだ人よりも自分たちの体の力で治せるものがあるように思うけど、効果的なサプリがあればこそ薬だけに頼るよりもいい結果がもたらされるのかなぁと思いながら利用している。

ちなみにここに書くサプリメントの会社のまわし者じゃありませんが、ファクター君はどんなことにもつかえて重宝しているし、パンフェノンは年寄りの子にはかなり効果がある。心臓が弱ってきた子には特によいらしい。他にはドライアイとか目に問題がある子にも効果が高い。これはうちで実証済み。
今回はお試しでアレルギーに良いらしい「ラフィノン」も使ってみることにした。癌の子はいないからイペットは宙に浮いちゃった感があるけど。(苦笑)

人間も予防医療が発達してきたけど、犬も同じかなって思う。
たいていは具合が悪いってわかってから使い始めることが多いけれど、我が家は年寄りが多いので少しでも元気で長生きできるように、それにできればあんまり獣医さんのお世話にならなくて済むようにいろんなサプリを試して実証したものだけを使い続けている。

ちょっとグロテスクだけど、ノンちゃんの手術跡公開。
写真を見たい人は続きをクリックしてください
続きを読む>>
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

2008/07/20 Sun

病理検査の結果

7月14日、あっという間に手術を決めてノンの乳腺腫瘍を切除してもらった。ボコボコして少し硬いものだったし、犬の場合の乳腺腫瘍が悪性である確率は五分五分のことだったので、正直言ってこの1週間は生きた心地がしなかった。

今日結果を先生が知らせてくれて【良性でしたヨ】とのことで肩の力が抜けた感じ。

切る前に、もしも悪性だったとしたらって言う不安感がなくなるのは嬉しいのは嬉しいが、プールから上がった後のような変な脱力感にさえ似ている。
あの時はもう殆ど癌なのかもと思い込んでいただけに、残された時間に使う体力の事を一番に考えたし、何よりこの子が抗がん剤を使った時に耐えられるのかとかずいぶん悩んだ。

20歳過ぎまで一緒に生きているんだよって何度も念押しして迎え入れたノン。彼女には短い人生にさせてしまった愛ちゃんの人生も背負わせている。
ようやく半分の10年を迎えようとしている。この先もきっといろんなことがあるんだろうけど、ノンにとって一番良い方法を選択できるようにまだまだ勉強していかなきゃならない。

癌じゃなくて本当に良かった。本当に良かった・・・。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

2008/07/14 Mon

49日

49日って三途の川を渡って7回の裁きや教えを受けて最後に閻魔大王から生前の行いについてさばかれ判決が言い渡される日なのだそうです。

ミールの49日は今日です。

生前素晴らしい仔だったから閻魔大王であろうが神様であろうが天国にいける判決をもらえたに違いないでしょう。そしてきっと生まれ変わっても良いといわれてもう一度私の元へやってくるに違いありません。
でもその時に出会える彼はきっとミールであってミールでないと思います。

慟哭の日々が過ぎると、初めてあの子はあの子だけでしかなく、生まれ変わってきたとしても又新しい歴史を繋ぐ新しいあの子になると気がつきます。

生まれ変わっておいでと言う思いはそれほど愛しく、いつまでも一緒にいたい願いから生まれ出る言葉なのだろうなとあの子が天国にいけるこの日になってようやくたどり着きました。

愛ちゃんが忘れられずに我家に来たノン&蘭。キャンディーに瓜二つのメロディー。愛ちゃんは愛ちゃんでノンはノンで蘭は蘭で、キャンディーはキャンディーで、メロディーはメロディーです。

私と天国にいる彼らに必要な事は、【あの子たちがいた事を忘れない】でしょう。16日に送り火を焚いたらミールも天に帰るかなぁと思います。

彼の49日に御花をたくさん頂きました。覚えていてくれてありがとうございました
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

2008/07/14 Mon

ノンちゃんご帰還。

悲壮な顔で手術を終えてママのお迎えを待っていたノンちゃん。
うんともすんとも言わず、目だけが【大変だったのよ・・・。】と言っている。

麻酔の切れもいいし問題ないですよと太鼓判を押されたけど、乳腺やリンパ節を切っているのでしばらくは痛むだろうとの事。でも、飲み薬で対応できるそうなので今晩連れて帰ってもヨシ。ノンちゃんには何よりのことだろう。

帰り際にお支払いしているとき先生が「ポメラニアンの認識が変りましたよ〜!」と面白いご意見。
「え〜?ナニガ?」と聞くとノンちゃんは凄く我慢強くてビックリするほどイイコだったそうな。そういうポメってあんまり見た事がないんだって・・・。

おかしいなぁ・・・。(笑)だってノンちゃんはうちで一番わがままでエラ〜イ女王様なんだよね。お客さんが来ても遠慮なくアンタどこの誰なのさとアンアン言いながら付きまとうし、抱っこしなさいとか連れて行け〜とか私に命令できるのは実は彼女しかいないわけで・・・。生まれてこの方?叩かれたこともなく、叱られつつも結局はしょうがないわネェ〜って許されちゃう特約付きのお嬢様。

そのお嬢様も今年もう10歳で・・・。
でもとりあえず手術だけは無事に終ったので一安心。後は結果待ちです。
癌じゃないことを願って・・・。

頑張ったノンちゃん偉かったね。お疲れ様!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

2008/07/14 Mon

後ろ髪が引かれる中。

ノンちゃんを病院へ連れて行った。手術前の検査ではご本人はかなり神妙。付き添いの私のほうが心臓がバクバクしていて、それをノンちゃんの心臓もバクバクしてるねと言いながら自分をだます。

先生に昨日の晩思いついた自論を発表すると(人間は乳がんになっても、子宮や卵巣の切除はしないって言う奴)先生はニヤリと笑って、人はひとつとってものこりはひとつしかないからね・・・といわれた。

non_niwa_1.jpg

た・たしかに・・・。

で・でも・・・。正常なもので本来は生きる為に必要な器官だと思うから、盲腸みたいに用はないから取っちゃえとは思えないといいつつ、できものだけの切除で合意する。

レントゲンをとってもどこにも異常はないし血検もOKなので連れて行かれたノンちゃん。
しばらくすると彼女の抗議の声が聞こえ始めた。

【アンアン!】ちょっと、ママがそこにいるのはわかっているのよ、私をここから出しなさい!!

ごめんね、ノンちゃん。今日は言う事聞いてあげられないよ。だってノンちゃんとはあなたが20歳になるまで一緒のおばあちゃんになって行こうねって約束したからね。悪いものを今のうちにとっちゃわないと後10年一緒にいられないんだよ。だから今日はイイコで頑張ってきてね。後でちゃんと御迎えに行くからさ。今日はラムのお肉を買ってきたよ。帰ってきたら食べようね。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

2008/07/13 Sun

手術・・・。

先週から病院に行かなきゃと思いながらのびのびにしていた蘭&ノン。
蘭はヒートのなったようなならないような変な感じで、オマタをよく舐めているので子宮蓄膿症かなと思いつつ要観察。でもそれらしい兆候はない。
これってエコーとレントゲンと血検しないとわからない程度なのかもなと思いつつ・・。
ノンは一番下の乳房に小さなシコリがあってぷにょぷにょして柔らかかったので脂肪腫かなぁと思っていたが、昨日のジャスミンの知らせでノンが癌になった夢を見て朝起きたら枕が濡れていた。
だったらさっさと行けばいいのよ・・・。

ran_non1126_1.jpg

病院では蘭はもうじきヒートになるような感じもあるので一応念のために抗生剤を投与し様子見。白血球もそう高いわけじゃないし、レントゲンにも何も映らないし、エコーで多少ふくらみがあるようには見たけど、【あたり!】と言うほどの状態じゃないので・・・。

ノンは乳腺腫瘍だろうとのことで明日手術をお願いすることにした。
犬の場合乳腺腫瘍は50%くらいが悪性。
悪かったら癌だってことだ。避妊もしちゃうかどうか聞かれたがなかなか決められない。

もし良性なら避妊も効果があるかもしれない。元々子犬のうちのでも避妊しちゃえばホルモン系の病気にならないわけだけど時間が立っているとなんともいえないのが実情。とれば多少効果は期待できるって感じだろうか?

でも、もしももしも悪性だったら取る意味がある?

頭の中にはいろんなケースが舞い踊ってしまってなかなか結論がでないでいた。

人それぞれの考え方だろうけど、人が乳がんになった時に子宮と卵巣を取るかなと考えてみた。取らないんだな・・・。

だからノンは今出来てしまったできものを取ってもらうだけにしようと思う。もしも又できてしまうようなら避妊しなさいという意味なんだと諦めてとることにして今回は体力の温存を一番に考えることにした。

良性ならそれでヨシ、悪性だったら今後の備えて体力を残す。
はぁ・・・でも気が重い。どうか悪性ではありませんように・・・。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

2008/07/12 Sat

Category: つぶやき

オヤスミ ジャスミン。。。

今日、夕方その知らせは突然届いた。
いつもなら「お!又可愛い写真が送られてきたかしら?」と送り主の名前で気持ちが嬉しくなるのに、今日は酷く嫌な気分になった。

それはどうしてなのかは解らないけれど、本当にまだもっと先にしておきたい知らせである気がしたのだ。

メールを開くと、そこにはジャスミンが天使になったとの知らせだった。

200805161339.jpg



13:45・・・静かにひとつ大きな呼吸をして眠りに就きましたと書いてあった。
ジャスミンを託してくれてありがとうと言うメッセージがあって、思わずポロポロと涙がこぼれる。メールが滲んでしばらく読めなくなった。

10歳まで頑張れたらいいねと、連絡を貰うたびに願っていたから・・・。
家族にどれほど愛されているのかよく解ったから・・・。

ジャスミンはキャンディーが産んだ2回目の子で、先日なくなったコディー君との間に生まれた可愛いトライの女の仔だった。

今年の1月に久し振りに連絡を貰ったとき、二年前に体調の変化があり通院していたが昨年2月初旬に膀胱がんの摘出手術を東大動物医療センターで行ったと言う知らせだった。若く発病したせいなのか進行が早かったと聞いている。

膀胱全摘出、その後水腎症になり腎臓も摘出したと言う。難度の高い手術をクリアし回復してきたのもつかの間で移行性上皮癌を再発。もう残された時間が少ないことが連絡へのきっかけだったのかもしれない。

病気と戦う犬も人もいろんなケースがあって、闘った人にしか解らないものは多い。
我家でも病気との闘いが毎年続き、書き残しておくことで自分の気持ちをさらけ出すことが出来たり、こんな時はどうしたんだったっけとか、こういう進行だったのかとか、こういう変化を見落としちゃいけないんだとか、自分の為に役立てるようになった。

知らせをもらった時こういうものを使うといいかもしれないよと知っている限りの事を伝え、とにかく幸せに暮らして行くことが一番大切だからと伝えてきた。送られてくるジャスミンの写真はいつも輝くように可愛らしく、如何に愛されてその生涯を送っているのかが手に取るようにわかるものばかりだった。

奇しくも家族にもっと一緒にいたいと願われながら9歳7ヶ月と言う母のキャンディーと同じ年でジャスミンが天使になろうとしている時に不思議なことが起きた。

突然頭と目の奥が痛くなって景色がゆがみ動けなくなってしまったのだ。たった30分の間のことだったが、丁度仔犬の飼い主さんを向かえる約束があってどうしようか焦ったので時間までしっかり覚えている。おかしくなったのは1時20分くらい。良くなったのは1時50分。

ジャスミンがお別れに来たのかも知れないなと思ったら又泣けてきた。
会いたいねと言いながら会えないままになってしまった不甲斐なさが涙を止められないのかもしれないけれど、彼女に素晴らしい飼い主さんとであわせて上げられたことだけは幸せになれたねと胸を張ってあげられる。

ジャスミン・・・素敵な家族に見守られて幸せな生涯だったね。そして一杯頑張ったよね。偉かったねジャスミンゆっくりオヤスミ。そしていつか又みんなの元へ生まれ変わって帰ってくるんだよ。。。その日までゆっくりオヤスミ・・・
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

2008/07/05 Sat

Category: つぶやき

嬉しかったこと。

昨日の朝、知らない人から電話を貰った。友人の犬の病気のことで良い病院を紹介してもらえないかとのことだった。
内情をお伺いして、状況ごとにこういう方法がある、こういう病院があると伝えた。検査や病院の選び方や値段がどのくらいかかるのかとか、たぶん知りたかっただろう情報は与えたつもりだ。

その話の後、その方が私のこのサイトを見てシェルティーを飼い、そのことトレーニングを積んでトレーニングチャンピオンを取ったんですと教えてくれた。

うちで生まれた仔じゃなくたってこんなに嬉しい事は無い。だって自分の意見を発表できるこのサイトを見た人が自分が望んでいたようにシェルティーを選んでくれて、そのうえちゃんと頑張って一緒に勉強し、相対評価を得てくれたって言うのだもの!

ミールのような素晴らしい子を失って、落ち込んでいるけれど、彼がこんなに日本で幸せだったのよと彼の生まれ故郷の人たちにも知ってもらえるように【AIRMAGIC】を皮切りに英語サイトの作成してもらっている。

単に愛犬家のHPじゃ英語になっていたって誰も見もしないだろうが、アメリカにはシェルティーDISCDOGがいない上に、先日直接見せられる大きな機会を得て、サイトの存在を知らせてあるから一人が見て二人が見てそのうちたくさんの人が見るようになったらあちらで有名な犬舎の犬が生涯幸せに暮らしていましたと解る日が来るだろう。

日本にも犬を物みたいに扱わない人たちがちゃんといるよと、そういう事が重要だよねと思う海外の人たちと交流が持てたら又大きな広がりができる。

夢の始まりは最初はちいさな思い付きからだ。達成には時間がかかるし、邪魔もされるし、嫌がらせもあるだろう。でも真ん中のスジがしっかりしていたら崩れる事は無い。仲間だって徐々に増えてくる。同じ方向を見据えることができるなら何をどう動くかは関係ないし、同志って言って同じ志を持つっていう事が大事って事なんだもの。できることをできる人がしていけばいいんだよね?

レスキューされるような犬がいなくなる日本になるようにとかっかりはどこからだっていいはずだ。
見知らぬ人にきっかけを与えることができたように、少し筒少しづつ変っていくのだから・・・。

国内の事しか考えていなかったのに海外に目を向けるきっかけを作ったのはミール。君はやっぱり凄い犬なんだね・・・。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

2008/07/03 Thu

Category: つぶやき

つぶやき。。。

いろんなことで詰まったり、収まりが付かなくなったりすることがあった時に黙って聞いてくれる犬達がいる。

こんなことやりたいんだ、こうなったら良いねという希望をやっぱり黙って聞いてくれる犬達がいる。

犬にはねたみや恨みや意地悪やいじめを感じない。あるように思った事が無い。嫌なものは嫌、好きなものは好き、関係ないものは関係ない。素直なだけだ。

犬は卑劣じゃないし、意味の無い攻撃はしない。でも人はするんだよね・・・。
だから人より犬が好きなのかもしれないね。そういう人生もありでいいよね。

犬みたいな真面目さや率直さや信頼するに値する相手である事を望んでいると回りに同じような人たちが集まってくる。それが嬉しいことでそれが望んでいること。さて、またがんばるよ。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村
1/1