2007/12/24 Mon

Category: つぶやき

新しい住人

数日前からサムがおなかを壊しているのでミールやマリンと同じ部屋の住人となった。
なんかスゴ〜ク嬉しそう。ダックスに胸の毛にぶら下がられることもないし、とぉ〜ッと飛んできた子の下敷きになることもないし、寝たいだけ寝て甘えたいだけ甘えられるこの部屋の環境は年寄りには命の泉なのかもなぁと思う。

サムとミールとダッシュは長い間男の子3頭で仲良くやってきた。ミールが今年になってすぐに下の部屋に下り、しばらくしてダッシュが当然のように上と下を行き来するようになった。サムは車でお出かけするのが大好きなのでいつも下に降りたがっていたけれど遊びが終ればそそくさと二階に駆け上がる子だったから、住人になる気がなかったように思う。。。

サム10歳


庭でひと遊びした後は二階に上がるのが当然と思っていたサムは、最初の日こそ、ボクはもうあがらなくちゃいけないんですよねと夜になった時二階に上がる階段の前に立ちすくんでいたけど、今日はこっちでネンネするんだよというとしっぽをフリフリお気に入りの場所へ走っていき、どかりと横になった。

次の日にはもう階段に近づこうともしなかった。

サムは下の部屋がいいんだね。もううるさい子達と一緒にいるよりも、のんびりゆっくりの子たちのほうが合っているんだね。サムは今日で満10歳になった。1997年12月24日うまれ。顔も少し白くなってきたよね。まだまだ達磨さんみたいになるほど生えてくる柔らかなコートは健在で時たま急に子犬みたいにしてじゃれてくるし、マイペースなところは若い頃とちっとも変らないけれど、10歳の大台に乗ったことだし、少し耳も遠くなったし、長い間一緒にいた仲間といっしょのほうが気がらくだね。

静かで穏やかなサムが一緒になって下の部屋は少し窮屈になったけど・・・(^^ゞ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

2007/12/19 Wed

新米・おいも・新鮮野菜

また調子を取り戻してきたミール。
毎日新米とサツマイモと新鮮な生野菜とがお気に入りだ。
今日の一番のヒットは生の大根のスティック。二番目がきゅうりのスティックだった(笑)

相変わらず肉類は目をキラキラさせて食べる事はないが、以前に比べれば多少は食べるようになった。少し太れたら良いんだけどなぁ・・・。

薬を飲む時にカステラとかオレンジケーキとか使うと良い感じで飲んでくれていたが、最近急になんでもよ〜く噛む様になって薬が大きいものはペッと吐き出す。う〜ん・・・ご飯に混ぜたらご飯を食べないし参ったなぁとおもいつつ、こうなったら薬だけ口の中に入れて飲ませちゃって後からおいしいもの食べさせちゃおうかって・・・結構嫌がるけど確実に飲ませられるんだな。

結果オ〜ライ。

嫌な顔して吐き出そうとすると目の前に大好きなものが・・・で・・・単純なので飲んじゃう(笑)出来れば嫌がることはしたくないんだけれど、薬だけは飲んでもらわないとさ・・・。

肝臓が弱ってきているので保護する薬を足し始めたのもあるのか、もう様子を見ながら吐き気止めを切ったりすることもやめたからなのか安定してきた気もする。

ミールが好きだから送ったわよと新米が今年はいろんなところから送られてきた。安く買えるよ〜と言ってもらって30キロも分けてもらったのも重宝している。
生でおいしいからと無農薬のお野菜や、自作のお芋や野菜類、立派な果物・・・送料だってかかるのに、たくさんの方から頂感謝している。

頂いたものはみんなミールも食べている。本当に幸せな子だなぁって思う。家の人たち以外からミール頑張れといってもらえるなんって、彼は何も表面的に大きな事をしたわけでもなく、子供も残っているわけでもないから子孫のつながりがあるわけでもない。
でもミールがミールであることや彼が私たちに教えてきたことを公開していることへの多くの人たちからの応援だと感謝している。

我家には人の目に解るように活躍する子もいれば、ソウじゃない子もいる。
活躍していない縁の下の力持ちの方が数が多い。そういう子達に多大なる応援をしてくださる人たちに感謝を込めて・・・ありがとう〜!ミール頑張っています&マリンもね(^_-)-☆ミールが残したものはマリンのおなかの中へ(^^ゞ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

2007/12/16 Sun

また偏食。

食欲がまだイマイチのミール。あんなに好きだったご飯は最近はいらないそうで口の中に入れてもベェ〜ッと出す。

今日は台所に置いてあった生のサツマイモをかじろうとするのでゆでたが食べない。

けんちん汁を作ろうとしたらジャガイモがなかったので残りのサツマイモを入れてみた。やたらに台所に来ては空気の臭いをかいだりする。
食べたいの?と聞くと尻尾を振るので味つきなら食べるってか?とためしにフゥフゥ冷ましてあげると目をキラキラさせて食べた。

う〜ん・・・味噌を使ってはいるけど染込んでいる訳でもないからなぁと思うので今日のご飯はこれに決定。

豆腐と小松菜とにんじんと大根とサツマイモをおいしそうに食べる。
焼いた鳥肉はやっぱりいらないって出すのでご飯をあげるとこれもいらないってさ・・・

結局けんちんに入れた野菜と芋と豆腐だけ食べた。

ずいぶんやせて8・4キロになっちゃったミール。元気な時は10キロは有に合った。年をとると痩せて行くとは言うけれど、見ている側は結構辛い。
まだマリンほどまではなっていないけど、マリンはもう6キロ台である。

昔ダイエットさせなくちゃと頑張った日々が妙に思い出されてくる。内臓が丈夫なのか、肝臓が完全に駄目だといわれてからもう5年近くなる。

ミールもマリンも、忍び寄る老化という敵に勝つことは出来ない。
私に出来ることは、あの子たちが食べたいモノを食べたいだけ食べれて、眠りたい時間を眠れるだけ眠り、いつも私たちがそばにいて何も心配はいらないのだと安心していられるように頑張ること。そんなことくらいしかないけれど・・・。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

2007/12/13 Thu

Category: つぶやき

悲しい知らせ・・・

ミールの好きなバターロールを買いに浜田山に行った。
偶然、本当に久し振りにシェルティー飼いの知人に会った。

我家がマリンとキャンディーを迎えてすぐ、セーブルの男の子を迎えて知り合った方だった。

我家がドッグショーなる物を始めたというとその人たちもチャレンジし始めたのよ〜と言う事でお散歩で一緒に歩いたりしたこともあり素晴らしくゴージャスな彼を羨ましく眺めていた頃を思い出している。

いつだったか偶然会場で一緒になってキャンディーと一緒に写真を取ったこともあった。

彼は今年14歳と7ヶ月。マリンとキャンディーよりも3ヶ月若い。
日々颯爽と歩く後姿を、パパを送ったり買い物に行く途中の車の中から見る機会が多く、あの子はいつまでも元気で若々しいネェ〜・・・と本当に元気でいいなぁって思っていた。

ずいぶん前、飼い主のママさんと会った時にマリンはもう10歳で駄目だって思ってたけど何とかがんばっているのよと話していたので、まさかこんなに急にあの彼が先に逝ってしまったなんって思わなかった。

「まだたった10日しか立っていなくてね・・・。ココに、この足元に今もいるように思えて仕方がなくてね・・・」と涙ぐむ彼女になんと言葉をかけて良いのかわからない。

おりしも昨日ミールを病院へ連れて行くような事があって多少なりともまた私の側からいなくなっていく日が来る子がいるのだと痛感したばかりだったから余計に身につまされる。

なんか具合が悪そうと思ってからたった10日だったの。。。そんな話を聞くと長いことがんばらせてしまった私の大事な子たちへの後悔の思いが湧き出てきてしまう。

どちらが良かったのか良くわからない。
あっという間に心の準備も出来ないままにさよならさせられてしまうことと、どこまでがんばらせ続けて良いのか答えが見つからないまま、苦しませているかもしれない恐怖にさらされる長い時間との戦いとは比べることは出来ない。

そして同じ体験をしない限り、どちらが正解という答えもまた見出せることはないのだろう。

今年心身を削って育てたと言っても良いほどの大切な命を神様に返した。
二年前に帰さなくてはならなかったかもしれない命を短い間だったけど一緒に暮らせる時間としてもたらされたものは何ものにも変えられないほど大きい。

でも・・・この手に感じた毛の柔らかさも、この胸に抱いたあの重さも、私の目を覗き込むあの愛くるしいキラキラした目も今はもう確認することは出来ない。

頭ではわかっている・・・その犬と出会えたことが大切で、出会えなかったことよりも出会えたことを感謝しようと・・・でも、ふと心が緩んだ瞬間にどうしようもない後悔の念と悲しみに押しつぶされる。

犬を失った人たちの多くが、亡くした悲しみが大きすぎてもう2度と犬は飼わないと思う。こんなに悲しい思いをするくらいならと・・・

私だっていつもそうだ・・・気が狂ってしまうのかと思うくらい悲しい。みんな元気なまま何時までも変らないでいたいのに何故年をとったり病気になったりしてしまうんだろう。

どんなに頑張ってもどんなに努力しても死は必ず訪れる。ただひとつ幸せなことは犬達はその死が訪れる恐怖を知らないようだと言う事だ。
仲間が亡くなったことは解る犬は多いが自分が死ぬのだと恐怖を感じてしまうことは無いといわれている。
人との大きな違いだろう。

そんな犬たちと暮らすと決めたならその子たちの生涯を必ず幸せだったと思わせてやりたい。それしか死によって共にいられることを裂かれる恐怖に打ち勝つ術は私は持っていないから・・・

どの子もみんな幸せに・・・家族に見守られて暮らしていますように・・・。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

2007/12/12 Wed

ミール病院へ・・・

昨日夕方から吐きまくりになったミール。
最初はいつもと同じかなと思いつつ様子を見ていたが獣医さんの時間もあるしあまりに混んでいたら連れて行くだけでも体力が消耗するだろうしどうしたものかなと悩む。

でもそういう時ってちゃんとひどくなる・・(/_;)

収まったかなと思ううちに今度は立て続けに吐くので飲ませた薬も出ちゃったし、緊急出動する。

獣医につくまでに10回くらい吐いただろうか?元々中身が出るほど入っていないのでよだれの塊みたいなものが口についたまま何度もグエグエしている。
運転中なのでどうしてやることも出来ないがどこを汚しても良い状態の犬仕様毛布敷きの後ろの座席をあちこち歩き回る。

ミーちゃん大丈夫だからね。心配ないからね・・・。そんな言葉しかかけてやれないが運転している私のところまで来てはグエッとなる。片手で頭をちょっと撫ぜてがんばれ!と話しかける。
もうじきつくからね〜。。。すぐに気持ち悪いのを止めてもらおうね〜。ミールはイイコだからがんばろうネェ〜。。。

人間の子供を励ますのと同じだ。犬も子供も自分ではどうにもならないことに遭遇するとやたらに不安になってしまう。だからこそ・・・安心させてやれるようにオーバーじゃなく落ち着いて優しい声ををかけるのだ。

もうじき獣医に着くって言う時になってようやく一番後ろに落ち着いて横になった。

腎臓か肝臓か・・・どちらかやばいと思うんだと話し血液検査もしてもらうことにした。
結果は意外にも予想していたよりは悪くはなかったけど元々胆嚢に砂がたまりやすい子だといわれていたこともある分肝臓だったかという思いもある。

ジェニーの様子に良く似た状態を続ける部分はやはり腎臓も弱っている。
お肉やお魚、豆腐とかを食べようとしない。偶々調子よく食べれば吐く。

そういえば吐く前の日は煮豆を気に入ってたくさん食べたんだっけなぁ・・・。豆もたんぱく質じゃん(/_;)

先生はご飯とかバターロールとか食パンとかしか好んで食べないんだというと苦笑いしていた。
ある程度は理解しているからミールが穏やかに気持ちよく残りの時間を過ごせれば良いと思う。
人によっては人間のものを食べさせるとどうのこうのとか、味がついてるのはああだコウだと言う人もいるけれど、若い元気な犬に常食として与えるのでなければ命を繋ぐ手段として食べたいモノを食べさせてやると言う事は犬への愛情だと思う。

食べたいものも食べられず、無理やり食べさせられたりイヤイヤ飲みこまされた上に気持ち悪くなったり下痢になったりするんじゃ犬のほうはたまったもんじゃないだろう。
少しでも元気になって欲しいと願い、犬の為に良かれと思うことをやるのは大切だけれど、一番は彼らが臨むことをしてやるほうが良いと思っている。
残り少ない時間を苦しくなく気持ちよく嬉しく暮らして行く為に・・・。

とりあえず吐き気止めを注射してもらい何とか持ち直したミールはベッドの上で丸くなり疲れた〜って言う顔をして私を見つめている。
ご飯も少しは食べてくれたし明日また食べられるものを食べてくれれば良い。

今日は久し振りの車でお疲れ様。ゆっくりオヤスミね、ミール(^^ゞ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

2007/12/02 Sun

やる気満々

今日の午後、秋が瀬にDISCの練習に行って来たりゅうさんが裕貴を送りとどけついでに立ち寄った。

丁度下の息子が車で出かけていて一台なかったのでパパが駐車場で洗車している。

一台車が無いと結構広いので犬達はワイワイとパパのお手伝い?もといお邪魔をしつつ遊んでいたらしい。

「りゅうさんが下に来てるよ〜」と声がかかったのでオ〜お疲れ様!と片付け物を中断して下に降りると・・・。

ジェットと雷が駐車場の中にいる。
練習してきたサンダーはそのまま部屋に上げてしまっているがお年寄り郡団長のミールはここ数日調子が悪かったのに、目の色を変えて「お前らなんなんだよ〜!」とエキサイト!(苦笑)

何が何でもマウントしてやる〜といきまいているんだけど、相手は若者ですのでネェ〜。。。それにミールのことは知っているからテキト〜にひらりとかわされちゃって・・・くやしぃ〜!!って言うのが手に取るようにわかる。

だってダッシュは洗車中の車の中にちょこんと乗って高みの見物決め込んでるし、ココはがんばらなくちゃならないわけで・・・
なんとしてもこの若造を突捕まえテェ〜っていうのは十分理解出来ますが、そんな高い所からダイブするのはこっちの心臓が持たないです。

声帯を切っているので出ない声でピルピル叫びながら大興奮・・・。

昔は優雅な紳士だったんだけどなぁ・・・穏やかで気位が高くてキリッとしてて、物事に動じない犬だったのになぁ・・・。どんな犬がいたって「ミール、やらないんだよ!」って言えばしっぽは立てていても相手にちょっかい出したりしなかったのになぁ・・・
耳も聞こえにくくなっているし、老化で理性も吹っ飛んじゃうのか。。。

ある意味では単調な生活に侵入者現るの構図で「やる気満々」は喜ばしいんだけど、心配していた通りジェットたちが帰った後ぐったりしたじゃん(/_;)

気にしてすぐに部屋にいれたけどあれでも体力使い果たしてるんだわ・・・

犬は気合で動いちゃう子が多い。ジェニーもソウだったしキャンディーもソウだった。自分で制限できれば良いけど、年を取るとそれも出来なくなるんだ。
まったくもう〜。。。って思いつつ、自分がちゃんとしてあげなきゃ駄目なのねと反省仕切り。

揺り動かしても動かないほど寝込むまでエキサイトさせないようにしなくちゃね・・・ごめん、ミール・・・。

ちょっと昔だけど、ミールのすごい寝方の写真を「アニマル川柳」(下の息子が書いているブログ)に提供したらこんなのを作ってくれたので貼っておこう(笑)

アニマル川柳ミール1

本日ミールが食べたもの。

オレンジケーキ半分。
キャベツと豚肉の入ったお好み焼きみたいなもの4分の1枚。
zd-ultraのフード100cc分
食パン6枚切り1枚。

動いたせいかとりあえず食べたのでヨシとしますか・・・(^^ゞ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

2007/12/01 Sat

オレンジケーキ

犬にオレンジケーキなんか良くないとはわかってる。でも何も食べないんじゃどうしようもない。

私がおやつに食べようと買ってきたオレンジケーキをさも欲しそうに眺めに来るミール。ヨタヨタと体力がないのが良くわかるからちょっと食べてみる?と差し出した。

いつもなら臭いを嗅いだら顔を背けてしまうのに、は?食べてみるわけ?
甘いケーキはおいしかったらしい。そういえばジェニーも何も食べなくなった時にマンナで繋いだことがあったっけ。

たんぱく質系のものは殆ど顔を背けてしまう。人が食べていると興味をそそられるのか食べられそうかなと思うのか欲しそうにするので今日は餃子にしたが中身を犬が食べられる食材だけにして(豚挽き肉、キャベツ、白菜、小松菜)夕飯にした。

ほかの子たちはもらえることが嬉しくて仕方がないけどミールだけはやっぱりその餃子も食べない。

結局また残りのオレンジケーキを一人で食べた。
夜になってなぜかzd-ultraのフードを少し食べる。おなかにモノが入ったので調子が良くなったのなら良いんだけどな。。。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村
1/1