2005/05/31 Tue

まだ頑張っているのだから連れて行かないで。

今朝ミルクを飲んでいたら急に息が止まってしまって一瞬死んだかと思う状態になった。
ミルクがのどに詰まったのか、何があったのかわからないが全身突っ張って硬直してしまい、泣きそうになりながら体を叩いてマッサージしこすりあげてようやく蘇生した。

もう駄目かもしれないと思う気持ちとは裏腹に逝っちゃ駄目〜という叫びを上げている私は落ち着いてみれば何を今やっているのかわからなくなっている。

やせ細っていく小さい小さい子犬を見ながら何とかしてやりたくても思うようにことは運ばないし、飲ませてやることさえも恐くなっている自分がいる。

色々悩んで考えた末に無理やりにでもマロのおっぱいを頂戴することにした。
変なものを近づけられて緊張するマロをなだめながら何とか吸い付く力はまだあるのでおっぱいにつけてみた。

マロの子達がすごい力で吸っているので簡単におっぱいが出るようになっている乳房を見つけてつけると何とか上手く飲んでいるように見える。

飲めたか飲めないか目では見えないので体重を測っておいたらものすごく重くなった。

ずっと57・8を増えたり減ったりしていたのがいきなり63グラムになった。おなかはパンパンだ。

ただウンチが出てこない。たぶんミルクの分が硬くなっていて出ずらいのだろうけれど、なんとかださいといけないが昨日も苦労したんだよね。

次の会にも又飲んでくれて67グラムまで増えてきた。
後はウンチを出すだけだ。
でも痔みたいになってるし、上手く出れば楽になってもっと良い感じに体重も増えるはずなんだけど・・・

朝、恐い思いをしてしばらく泣いて抱きしめていたことを思えばウンチを出すようにがんばってみるしかない。

心なしかふんわりしてきた。余裕があれば写真を取れるんだけど早くウンチを出してからだなぁ・・・
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

2005/05/30 Mon

やったぁ〜ウンチがいっぱい出たぁ〜!

今日病院へ行ったついでにチビのウンチが出にくいのでと言っておしりにつけるものをもらってきた。
どうしてもでないなら使うかなぁと思いながら帰ってきてチビ助をひっくり返して見ると若干ウンチが出そうな感じ・・・

今がチャンスと脱脂綿をお湯でぬらして軽く刺激してみる。
そこにメロディーが私が舐めるのと邪魔をするのでなかなかうまく行かないうちに、出るわ出るわ、見事に山のように(といっても量はたいした事はないけど体が小さい分出たのね)出てきた。(*^^)v
なんかもうバンザ〜イって言いたい気分。

おなかが張っていたのがすっかりと楽になったようでメロのおっぱいにむしゃぶりつく。
ついでに温めたミルクも2mlほど飲んでくれた。

毎回0・5mlずつ気長に飲ませてがんばってきた甲斐があるというものだ。

まだか細くガリガリのままだけど今日から少しづつ体重が増えると良いね。

ママのおっぱいに吸い付くうちはきっと大丈夫。
誤飲させない様に細心の注意を払ってがんばって育てるぞ〜!

20050530-1.jpg20050530-2.jpg
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

2005/05/29 Sun

便秘

何とか缶とかミルクを飲む。良い傾向なのにおなかが張ってきてしまってなかなかウンチが出なくなった。
いい加減泣いても仕方がないけど出させないとならない。

絞め殺されそうな声で苦しいと鳴くのでみんな大騒ぎになる。
何もしてないのよ〜ウンチが出るとき痛いんだってぇと言い訳しながらのけぞって嫌がる子の肛門を刺激し何とか塊が取れた。
その後は良い感じで出てくるのでほっとする。

メロディーはブツが出てくると急いで舐めてくれるけど、本当なその前に刺激して欲しいのに・・・

母親が舐める刺激が温度もちょうど良いしなにより仔犬には一番である。でも余りに小さく生まれてしまった性で子育て名人のメグの力も借りることが出来ない。

だってあの乱暴な舐めかたしたら死んじゃうだろうと思うから・・・

おなかが張ったのが収まったせいか又ミルクを飲んだ。今日は良い感じに飲んでいる。
昨日の倍近くは飲めているはずだ。。。といっても、5ml位なものかなぁ・・・

飲んだ後は気持ち70グラムに近くなるようだけどウンチが出たら体重は停滞中。。。吸う気はかなりあるのでずっとメロにつけて心行くまでおっぱいにしゃぶりついている。

早くメロディーのおっぱいが一杯出るようになったら進展するかなぁ。。。

20050529-1.jpg
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

2005/05/28 Sat

がんばれ、がんばろう!

今日先生と50グラムは今までに助かったことないですよねと消極的に相談すると「難しいなぁ。。。」という答え。

わかりきっていてもミルクを飲み満足そうな顔をする子に言ったら気の毒ながんばれという言葉が口をついて出てしまう。

「カテーテルで飲ませるしかないだろう」といわれるが私は今までにどの子にもカテーテルは使ったことがない。上手くいった事例も沢山聞いてはいるが、駄目だった事例は仔犬には過酷過ぎて私には出来ない手段の一つである。

そのことを言うと「そうだなぁ・・その大きさじゃ消化もままならないだろうから一度に大量にミルクが入るカテーテルは負担が大きすぎるか。。。飲む気はあるのか?」

「ママのおっぱいはまだでてこないんだけど吸わせれば吸い付くのでその隙間からミルクを流し込んで飲ませたり注射器のほうが上手く飲んでくれている。昨日生まれたばかりの時に測った体重はちょうど50グラムだったけど、うんちもおしっこも出ているのに今日は60になったりならなかったりの状態なの」

「通常生れ落ちた後一度は減るからそれを考えて増えているなら勝算があるかもなぁ・・・とにかく背中があったまっていても駄目だぞ腹を温めないと。。。それと低音やけどだけは気をつけて置けよ。」

優しい言葉が身にしみる。。。

「そうですよね。増えてるのに諦めちゃいけないですよね。もしかしたら・・・でもまた泣く羽目になるのが恐くて・・・」

「難しいけどなぁ・・・やるしかないだろう?」

そう先生だって50グラムなんか無理だって思うんだろうな・・・でもがんばってみろって言ってもらえるのは何より嬉しい。

昨日の写真とは違って少しだけ丸みを帯びてきて小さいながらも子犬の形になってきた。
うっすらと毛もふんわりしたような気がする(・・・たぶん気のせい)

1時間半ごとにやっているミルクをい時間おきにしようか考えて吸う気があるようならと変えてみた。
最初はなかなか飲もうとしなかったが温度が下がりやすいせいのようなので注射器ごと湯煎し温度を確かめながらやってみると飲むわ(*^^)v

朝からのトータルで2CC飲めた。
はかりは60グラムを指したり指さなかったり・・・

1グラム単位の秤があったはずなのでこれから探してみるとしよう。

明日の朝少しでも良いから増えていてくれないかなぁ。。。

20050528-1.jpg20050528-2.jpg20050528-3.jpg
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

2005/05/27 Fri

生きて生まれた証し

メロディーの子が産まれたよ。
マリンのひ孫になるね。
もっと元気一杯にみんなの大きな期待を背負ってしっかりとした子で生まれてきて欲しいと思ったのに今回もレインの子のときの様に眠れない日が続きそうだよ。
しっかりと測ったら50グラムしかなかった。

50グラムってニワトリの卵の重さだよ。
今までにシェルティーでこんなに小さく生まれた子がいくら人間ががんばっても育ったって言う記録は聞いたことがない。

神様はどうしてこう意地悪なんだろうね・・・

でもこの子はちゃんと自力で息をしてくれて無理やり搾り取ったたった一滴しかなかったけれどママのメロディーの母乳も飲めたんだよ。
そのあとは絞れないからミルクとファクターでがんばっている。

あの小さい体で胎便も出たしおしっこもしたよ。
でも慌ててしまってお湯で洗ったけど上手く洗えないから綺麗じゃないね。
本当ならママがよく舐めて綺麗にしてくれるものなんだけど、メロディーはおしるし程度にしか舐めないし・・・

多少汚くたって良いと思ってる。そんなことより体温は維持できてミルクが飲めて排便排尿がちゃんとできればもしかしたら満々万が一にも助かるかもしれないじゃないかって思うから・・・

信じられないけど、さっきミルクを0.5ml飲めたんだ。え?飲めているのって何回も見直しちゃったんだよ。
おなかがほんのりと膨らんで、『わたし飲めたわ』って穏やかな顔に見えた。

世界中の奇跡がすべて集まったらこの子は助かるかもしれない。
もし生き続けることが出来、普通の子犬の様に育つならたらこの子の名前は『キセキ』とつけるだろう・・・

どうか神様奇跡を起こしてください・・・

20050527-2.jpg20050527-1.jpg20050527-3.jpg
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

2005/05/13 Fri

世代交代

マリンが現役を引退してもう何年になるかなぁ・・・
今年、初めてマリンの孫から子犬が生まれる。
メロディーやファンタも母になる時期になった。

マリンの血を受け継ぐ彼らがどういう表現を持った子を生み出すのか期待は大きい。

どうか無事に、レインの時のようなことにならないように、そう願いながらあと少しのお産が楽しみである。

20050513-1.jpg20050513-2.jpg20050513-3.jpg
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村
1/1