2004/06/26 Sat

完成!マリンとパパのベッド

cg7.gif

パパが朝からYUUKIやNAOYAを手伝わせて、ようやく念願の大きなベッドを完成させた。
一番喜んだのはダッシュだった(苦笑)

乗ったとたんになかなか下りてこない。とてもお気に入りとなった。マリンには飛び乗るのに高いので、乗せて貰うことになってしまうが悠悠と寝れるのですっかりと満喫している。

今日からダックス達の受難の日が終る。私もゆっくり眠れるわ(笑)

20040626-3.jpg20040626-2.jpg20040626-1.jpg
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

2004/06/17 Thu

好調

cg7.gif

子犬のために部屋にじゅうたんを敷きなおしたが、誰が一番喜んだかって実はMARIN様だ。

マリンは最近関節が弱ってきたので高いベッドとかに飛び乗ったり下りたりするのが大変そうである。
そこにママが滑り止めのはずのじゅうたんを引っぺがしちゃったからかなりブスッとしていちいち言わないと上がれないし下りれないのでむかついていてご様子だった。

じゅうたんを敷いてからはいちいち『下ろしてぇ〜』とかベッドの前で『登れないんだもん』と立ちすくんで白目まで見せて上目遣いをすることはなくなった。

人も犬も老化は必ずやって来る。でも自分でできることは出来る限りやらせてあげなくちゃぼけてしまうのが早くなる。

いたれりつくせりも良い部分と悪い部分があるわけだ。

自分で好きなときに乗り降りができるのはMARIN様には好評である(笑)

でもいつかソファーやベッドに自力で飛び乗れなくなる日も来るだろう。
だいじょうぶだよね、マリン。。。その時はあごでママやパパやユウちゃんやNAOYAをこき使えば良いんだから・・・(~_~;)
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

2004/06/12 Sat

マリンの体のこと

cg7.gif

この日記を読んでくださる多くの方は、マリンは順調に回復し、とても元気でいるのだろうと思っているのかなと思う。。。

でも何故お散歩とかに行かないのかしら?庭にしか出してあげないの?って疑問も沢山あるのだろう。

実際には、マリンの体はボロボロである。

体中に脂肪細胞腫が出来、関節炎もおき、肝臓の数値はまだ正常値には戻らず慢性肝炎のままで、おなかにはどんどん大きくなっていく大きな脂肪腫があり、これは切ることが出来ない。。。
年齢から来る甲状腺の機能低下によってある程度は引き起こされるものの部分もあり、投薬とサプリメント頼みの毎日が続く。

合わないと思った薬は使うのはやめる。
どんなに症状を改善するといわれても、改善しないものは使わない。

マリンはしゃべれないけれど、目でものを言うから。
それを飲むと調子が悪くなるから嫌なの、今日はちょっと体がきついからダックスを他にやってね、今日はとても気分が良いのよ。少し遊ぼうね、そのお薬を飲むと調子が良いから、ベッドの上に行きたいわ、お外を見たいの、ねぇ、ママ・・・

私は彼女が語りかけるその言葉だけを信じて今までやってきている。

人だって、生きるということに辛い思いをしないでいる権利があるように、犬にだってあるはずだと思う。

もし私がマリンなら、体中にできた脂肪腫を切る手術はされたくは無いだろうし、いくら今は症状が出ない数値上のクッシング症候群でも、苦しくなる薬は飲みたくは無いと思う。

もし、その薬を飲ませないことで死期が早まったとしても、私ならありがとうというだろう。

人も犬もいつかは天国からお迎えがやってくる。

その日まで自分らしく、幸せで暮らすことが一番だと信じている。

マリンは年をとってからもいろんなことと戦い、がんばっている。
私はそれを出来る限り応援するしか出来ない。
マリンが持つ寿命を彼女が締めくくるその日まで、ただただ幸せに普通に暮らせれば良いと思っている。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

2004/06/01 Tue

暑いのは嫌い

MARIN様はお暑いのは嫌いである。
ココ何日かとにかく夜だって暑いじゃないの。

ついにMARIN様は暑いパパの部屋で寝るのいやになった(苦笑)
パパが暑くても窓は開けてねるが、ママみたいにすぐにエアコンは入れてくれない。

ベッドは例のごとく狭いから、「あっちに行ってよ!」と押したところでそう温度が変るはずもなく、パパが寝たのを見計らって(こういうときだけは自力で下りてくるのだが)「もう暑くて嫌なのよ〜」とへ〜へ〜しながら私のベッドにやってくる。

こっちの部屋は犬たちの吐く息だけで暑くなるんじゃないかと思うほど、西日も当たり夕方から夜にかけてはすごく暑くなってしまうのでエアコンはこの時期からかけ始める。

特にベッドのあたりは涼しくなるようで、犬たちは日がな一日ココに固まっているのだが・・・

MARIN様はジロリと寝ているダックスを一瞥し、「お退き!」とばかりに私のベッドに乗って私の枕のひとつを胸に抱え込み、「極楽極楽」と眠りに付く。

困るのはダックス達で、「お母さんマリンちゃんが私たちを下ろしたぁ〜」と夜中に言いつけに来るので「静かにしなさい」とたしなめるが力関係の弱い子から乗り切れずに脱落してしまう。

仔犬だけは別・・・大将は相変わらず助走をつけて飛び乗り、叱られる前にママの腕の中に入り込み深い眠りについていく。

マリちゃん・・・君が載るとあぶれる子がいるんだけどさ・・・
今度はどこにも障られないようにひろ〜いベッドを造ってくれるって言うから、もう少しの辛抱よ。。。?ってこれはマリンが辛抱じゃなくてダックス軍団がだわね(*^^)v

20040601-1.jpg
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村
1/1