2004/04/25 Sun

ダッシュ8歳になる

cg7.gif

ついにダッシュが8歳を迎えた。なんかなぁ・・・今も信じられないなぁ・・・ついこの前キャンディーのおなかの中から小さくておでこにイチョウのマークをつけて出てきた子が、もう8歳なんだ。

私たちにとってはじめての繁殖犬で、良く遊びよく学び、沢山の子犬のパパとなった。

フリスビーなんてものは、ダッシュにとっては遊び以外の何物でもなく、教えたなんて感覚は今だって無い(笑)

仔犬のころから布のフリスビーを持ってきては、「ママ、引張りっこしようぜ!」といってくる仔だ。ボール投げはキャンディーから横取りし、マリンには取っ組み合って怒られながら育ったつわものなのだ。

でもその反面すごく優しくて、何かあって沈んだ顔していると、「ママどうしたの?悲しいの?」と首に前足を巻きつけて熱烈なKissをしてくれる。
流れた涙はほとんどダッシュの口の中に消えた・・・

大切な子を亡くすたび、ダッシュがそばにいていつも「元気出してねママ!」と応援してくれる。
子犬が泣けば大変大変と大騒ぎするのが玉に瑕だし、群れのボスなんかやってて神経使ってるんだろうなとも思う。

何かあれば尻尾をおったてて、つま先だって歩く姿は私から見れば幼い子が粋がって歩いているようにさえ見える。

ダッシュが何歳になっても私にはあの小さいころのダッシュのままなのだ。

そしてこの先何年たってもあのこのために出来ることなら何でもしてやろうと思う。

ダッシュからもらったものは私には大きすぎて決して返せやしないけれど、豊かな毛のぬくもり、体の温かさ、強い鼓動、優しい瞳、どんなことがあっても私の中から消えることは無い。

少しでも長くいい時間を共に過ごすために、そしてこれからのいい時間を過ごす幸せに、あのときの今日、君が生まれてきたことを喜んでいるよ。

20040425-1.jpg20040425-2.jpg20040425-3.jpg
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

2004/04/23 Fri

エリーの赤ちゃん 狼爪を切った後

cg7.gif

一番小さい女の子の足が狼爪を切ったところから化膿してしまった。
最初は狼爪を切った部分がかさぶたになっていてその上が少し赤かった程度だったが、通常は1・2日で直ってくるものである。

ところがこの子は体が小さいだけのせいじゃないのか、化膿部分が広がり、実際に切った狼爪の部部を含め、たて5ミリ、横6ミリ、深さ1ミリくらいの大きさに化膿部分が広がって、簡単に言えば穴が開いた状態だ。

普通の大きさの子ならあわてないが、このオチビさんの足の太さは直径6ミリ前後しかない。

どれほど化膿部分が大きいかわかるだろう・・・

クロマイ入りの軟膏しかなかったので、とりあえず応急的にそれを塗って一晩やり過ごした。
見た感じ意味ないって思うけど、それでも何もしないよりは良かったはずだ。

何をするにしても、新生児に薬は恐いし、大事な後ろ足の部分、万が一足が取れてしまうようなことになったらと思ったら気が気じゃない。
骨まで達してしまったらまずアウトだろう。

でも傷には保温は悪いのに、生きさせるために保温は不可欠で・・・

眠れない一夜を過ごした。

病院に電話して速攻見てもらえるように頼み、院長先生がいることを確認してようやく到着。
タマタマ入り口に院長先生がいたので、引きつった顔をしてこれって何とかなる?ときいてみた。

一瞬『うわ〜ひどいな。これってうちで切ったの?』って言うので気が立ってる私は『当たり前じゃんここでしか切らないよ!』と憤慨して突っかかってしまった。
はっとして我に返り、『いや切った部分じゃなくてその上だと思うんだ。何とか止められるかな?(化膿が)この子の一生の問題だから。。。』と言うと、先生は笑顔になり、自信のある強い声で『大丈夫!これくらいなら、ちょっと待っててね。』といってくれた。

単純なものでその言葉を聞いた瞬間張り詰めていた緊張の気持ちガス〜っと音を立てて消えていく気がした。

その後、診察室には狼爪を切ってくれた先生が入り、『化膿しちゃったんですって?ありゃぁこれは痛そうだ、可哀想に。』といってくれた。

『そうでしょう?このまま化膿が止まらないで足が取れちゃったらって眠れなかったんだ。』と言うと、『大丈夫です。消毒して、傷口には乾くように粉の抗生剤を出しますから何回か見ながらつけてあげてくださいね。小さくて可哀想だけど、化膿を止めるのが先決なので注射しますね。
消炎剤と止血剤と、抗生剤が入ったものですが、この大きさの仔犬に問題を起こすような量ではないので安心して使えて大丈夫です。』
と明確にてきぱきと診察し消毒し注射もしてくれた。

注射するとき一瞬『ぴ〜』と泣いてすごく可哀想だったけど、足が取れるよりはずっとずっといい。
生まれたばかりで大変な目にあってしまったけど、どうか綺麗になおりますように。

先生は『やっぱり生まれてすぐに切ったのがまずかったかなぁ?でも普通の子は問題ないんだけどなぁ。。。本当にかわいそうなことになっちゃってすみません。』と謝るので、『いや、先生のせいじゃないから・・・私もこんなに小さいのに普通の仔と同じようなつもりでお願いしたのが悪いんだから。ほかの子は問題ないし、この子はまだうまく飲めないときが多いから、体力が落ちてて菌に感染したんだと思うし、先生のせいじゃないから・・・』
と神妙な顔の先生に謝った。

帰りの足取りは軽いがそれでも1週間は注射も続けなければならないし、傷口が乾くのを待たなければならないだろう。
少しづつ大きくなってくれればいい。

君は強い生命力を持って生まれてきたんだからきっと頑張れる。
マリンもキャンディーも同じくらいの大きさだった。
きっといい子になるね。ママも頑張るから痛いの少し我慢しようね・・・
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

2004/04/18 Sun

うわぁ〜!。。。これって私のせいだわ。。。

cg7.gif

マリンが生まれてはじめてベッドの上で粗相した。
粗相とか言う生ぬるいもんじゃない。

あ〜出ちゃってるけど止まらないの〜っていった感じだ。
おかげでママの羽毛布団は夜中だというのに、洗濯機にほおり込まれた。
申し訳なさそうなマリンの顔・・・

一体どうして?何か問題が起きたの?マリンの体の調子がいいことですっかり気を抜いてた私がいる。

とりあえずマリンの状態を良く見てみたが、ただただ申し訳なさそうな顔をするばかりで反応もいいし、どこか痛いとか、そのまま垂れ流しっぱなしってわけでもない。

トイレに抱きかかえ連れて行こうとしたときに思わぬことに気が付いた。

これじゃマリンは下りれないじゃない・・・

テーブルと椅子が幅寄せしていて、確かにほかの子なら問題なく上ったり下りたり出来るスペースは開いてるがマリンは足腰が弱くなってるのでまず無理なはずだ。

加えて今日は朝早くから私たちは出かけてしまい、マリンをトイレに起こさなかった。
たぶんYUUKIは私たちがさせてあると思い、きっとトイレに連れて行かなかったんだろう。

昨日の夜しただけで、夜中まで我慢していればもれちゃうよね・・・

ボケちゃったのか、失禁かと心配したけれど、マリン我慢しずぎだよ。。。(T_T)

下りたいよって吠えればいくらYUUKIだって判っただろうに。

エリーのお産であたふたしてた私が悪かったね。
ごめんねマリン・・・

というわけでおしっこまみれになったマリンは夜中に体半分洗われて非常に迷惑そうだった。

早々にパパのベッドに移動した(苦笑)
ごめんね、マリン・・・
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

2004/04/17 Sat

Category: つぶやき

命の重さ

cg7.gif

マリン・・・朝から悲しいニュースが流れたよ。
小学生の仔に意地悪した中学生がいた。まさか本気で飛び降りるとは思わなかったんだろうね。
あわてて止めに入ってももう遅くて、つかんだその手が離れたとき中学生はどんな気持ちになっただろう・・・
落ちた小学生は死んでしまったよ・・・

これは映画やドラマのことじゃない。
現実に起きたことなんだ。

親からもらった大切な命。これから開けてくるであろう限りない未来・・・
それが一瞬の他愛ない一言で二度と帰ってこなくなることもあるんだね。

この子たちが、もし犬と暮らしたことがあったらこんなことのなっただろうかと考えてしまう。

犬は小さい子供と同じである。逃げようの無い強制には従う。高さの恐怖を知らない仔犬は2階からだって飛び降りる。(経験が無いからだ)
追い詰められたらそれしかないから。。。

中学生にもなっていればもし言ったことを本当にやったとしたら大変なことになることくらいは判っていたのではないかと思う。

軽く考えてのちょっとした悪戯は命がかかっていたことが問題だったのだと思う。

マリンやキャンディーと暮らしてきた息子たちが命についてとても慎重に育ったことを感謝している。
それはたぶん君たちが彼らに伝えてきたのだろうと思う。

人の多くは犬を子供の教育のために飼うと言う。
情操教育のために良いと聞いたからって言う人が多い。

でも根本は違うところにあるはずだよね。

お手本は親が示すものだ。

自分より力が無く、幼いものに対してどういう気持ちで接するべきなのか、どういう風に接するべきなのか、教えて行くのは親のはずだ。
犬を飼ったところで、子供は親の真似をして犬と接していく。

教えられて子供は犬とともに成長する。
成長するためには、親が犬に対してとる行動を良く観察しているというものだ。

遊び方から呼び方から何もかもそっくりに子供はするだろう。

犬だって痛いって感じるの。悲しい気持ちになるの。嬉しくて楽しくて羽目をはずすときもある。

全部君と同じなんだから・・・

違っているとしたら君が使う『手』が犬は『口』であると言うこと。

人の手は時によって凶器になる。犬の『口も同じだ。
でも人の『手』は愛情を表現できるし、優しく撫ぜたりもできる。犬の『口』もまったく同じだ。


犬だって物じゃないんだから子供の思うとおりになんか成るはずがない。
犬だって遊びたいときもあるし休みたいときもある。人よりずっといろんなことを我慢して暮らしているのが犬なのだから・・・
犬は一人では何も出来ない子供と同じ親の管理下にある生き物である。

ごはんも作ってもらわなければ食べられないし、(勝手に冷蔵庫開けて食べられないでしょ?)
お水だって汲んでもらわなくちゃ飲めないんだ。
(勝手に蛇口開けて飲めないでしょ?)

暑かったり寒かったりそういうことですら、機械はいじれないし調節できない。

何も出来ないちいさな子供と同じである。

人も犬も関わった大人を見て育つ。

ねぇマリン、命の重さを教えるのはいったいどうしたら教えられるんだろう。
赤ちゃんが生まれるところが見られたら覚えられるものじゃないよね。もっともっと違うところにあるはずだよね。

君たちが天国に逝ってしまうときを見ることで知ることができるんだろうか?
もっともっと違うところにあるはずだよね。

それはたぶん言葉では表現できない繊細な部分なんだろう。。。

せっかく授かった大事な命・・・大切にする心を育てていきたいね。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

2004/04/10 Sat

最近のマリン

cg7.gif

体の調子もだいぶよくなった。
見ていると気力も戻ってきたんだなって思う。

今日はダッシュと一緒に遊ぶところが何とか撮れたので貼ってみようと思う。

誘われたからには、昔と同じにダッシュ小僧なんかには負けられない。
立ち上がって組合になり、最後は逃げるダッシュに追い討ちまで・・・

さすがマリン女王様(笑)

20040410-1.jpg20040410-2.jpg20040410-3.jpg
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

2004/04/06 Tue

Category: つぶやき

続、アジアインター

cg7.gif

アジアインターでシェルティーの審査を見ていたとき、正直言ってしばらくの間審査員の意向がわからなかった。

審査員がシェルティーに対して何を最重点と考え、審査しているのかがつかめればおのずと勝つ犬はわかるものである。

雄の審査が終わり、雌に入り少し進むうちにようやく判った。

なるほどね。
そう言うことか(笑)
なら納得!

Dogショーは面白い。審査員すべてが同じ審査はしないから。
そして、その審査の意向がつかめたショーはなおさら面白い。

どこの国の審査員であるかなども大いに関係もあるし、自分が良いと思う犬の重要な部分と審査員が求めるものとがどんな風にかみ合うのか会わないのかを想像しながら見るショーは帰ってきてから見直すたびに新たな発見があり、人にダビングするには大いに問題のある発言も、自身の勉強のためにはとても大事なものである。

もう一度見直せば最初からなるほどねと判るものをなかなか気がつかない自分のバカさ加減にゲンナリしながら、判ってから見る面白さは格別だ。

途中でようやく気付いて、何だそうかと叫ぶ自分の声を、もっと早く気づけよとぼやきながら、何度も見直して楽しんでいる(笑)
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

2004/04/04 Sun

血液検査…

cg9.gif

伸ばし伸ばしにしてきたマリンの血液検査・・・チビダックス達の注射もあったので、この際だからと意を決して連れて行ってきた。
まぁたまたまNAOYAも一緒に行ってくれると言うのでそれなら車で待たせられるし・・・

雨だったから、気温も低いし大丈夫だとは思ったけど行ってくれると言うならそのほうが良いわ(#^.^#)

で・・・仔犬たちの注射を先に済ませ(反応が出るなら獣医さんにいる時間内に起きれば問題が少なくて澄むから)その後にマリンを見てもらうことにした。

いやみじゃないけど、何を聞かれても、今は調子が良いんですとしか言わない私を『薬飲ませていないんですよね?』と確認しつつ、たぶん『まったく困った飼い主だわ、勝手に判断しちゃってさ・・・』と思われてるのをヒシヒシと感じつつ・・・

決してそういうことを言ったり態度に出すような病院じゃないんだけれど、言われたことを独断でしていないし、検査も受けに来ないから、自分の罪悪感みたいなものでそう感じちゃうわけで・・・

マリンの顔を覗きながら、『いいよね、これで良いんだよね。マリンは今のほうが楽なんだものね・・』と言ってる自分がいる。

実際2月1日からクッシングの薬は飲ませるのを止めた。ようやく2ヶ月が過ぎマリンの体調は私が見ている限り格段に良くなっている。
たまにビッコを引くのはそけい部分に出来た脂肪腫のせいで、これもまた肝臓が悪いままなら現状維持しか手がない・・・

でもファンタを遊んであげる気力も出てきたしダックス達に怒る事も少なくなった。
ベッドにも一人で飛び乗るし、長いお散歩が出来ないだけである。

あれやこれやと、『いわし事件』から始まったマリンの急変に思いを寄せながら、検査結果を待っていた。

『どうぞ〜』と呼ばれて診察室に入るとき、ちょっとドキドキしながら『やっぱり悪くなってるの?』と聞くと、『いやぁ・・・めちゃくちゃ下がってますよ・・・』

これを聞いて今までの沈んだモードは一変し、『だよねぇ!だって元気になったもん!』と意気揚々とするあほな飼い主に先生たちは苦笑いだった。

検査でクッシングの疑いありと出ているから、無症状のうちに病気を叩いちゃおうと始めたのですが、飼い主さんの意向もあるし、明らかな症状もないですから、クッシングの薬は当分良いですね』と飲ませなくて良い事を認めてもらえ、それでもまだ、完全に正常値までは下がっていない数値なので肝臓の薬だけは続けることにした。

GOT(AST)が最初に900を越えていたのが、ステロイドを使ったせいで1200にはねあがり、この時点でもうどうにもならないのかとかなり落ちこんでいたのは事実だった。

正常値を知る人なら、この数値の異常さはわかるだろう。

クッシングの検査後、投薬を開始。約2ヶ月間飲ませ続けた。もちろん投薬量なども検査しながら数値が下がらないので多くしたり、体に異常が現れるので元に戻したりとずいぶんと先生たちには苦労をかけたと思う。

一考によくならず薬を拒否するマリンの表情や動きが次第に悪化していくのを見続けてきて、ついには自力で立つことにかなり苦戦するようになったのをきっかけに、もしかしたらと思い切って薬を切った。

もちろん毎晩朝までかかって調べられることはすべて調べつくした結果と、MARINの症状を見ながら自分勝手ではあると思ったが、最初からアレルギー性の急性肝炎だったのではないかとずっと疑ってきていた。

肝炎が治りきらないうちに、肝臓に負担のある薬を使えばマリンの症状は納得できるものだった。

でも私は獣医じゃない。ただの頭でっかちなだけである。
でもマリンを少しでも良い状態でこの先の何年間かの短い残された時間を暮らすために、命を握っている飼い主の特権として判断し行動した。

たまたま良い結果になったのだから、深く考えずにこれでよしと思う。

先生方も、結果が良いのだからこれで良いですよと飼い主の意向を尊重してくれた。

私にとってとてもありがたくて素晴らしい獣医さんだと思う。

病室で泣きじゃくったことが何回もあるだけに、気心が知れたと言うかなんと言うか・・・

とにかくマリンは確実に快方に向かい始めてる。
でもまだ数値は280までしか下がっていない。

年齢から考えても、直りはゆっくりなのだろう。
薄紙を剥がすようにで良いから、少しでも気持ち良い毎日を送らせたい。

まだまだお薬はなくならないけれど、一緒に頑張って行こうね・・・マリン・・・

20040404-1.jpg
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

2004/04/03 Sat

Category: つぶやき

アジアインター

cg7.gif

いやはやまったく参ったね。
今までにDogショーに行くのにあんなに混んで大変だったことはなかったわ。

駅前から会場までビデオカメラかついで走ったおかげで何とか始まりに間に合ったけれど・・・

カメラを動かす持ち手みたいのは途中で折れて落ちたし、かなり最悪だった(苦笑)

マリンと走ったころデビューし始めたちびっ子たちが、素晴らしい名犬に成長し今目の前を走る。

アメリカチャンピオンになったエリーを始め、大好きな姫ちゃん、PRIDE・・・

やっぱりつい雌に目が行っちゃうわね(*^^)v
残念だなぁっておもうのは、こうした名犬と思う子達の子供たちの数が少ないこと・・・

レディもそうだった・・・ショーに走る子はなかなかお産には集中できないし、一長一短があるんだね。

エリーはポールの子だし、姫はヒューゴの子だ。
どちらも、お父さんは私は大好きで、使ってみたかった名犬だ。その当時は今のようにまだ女の子も沢山いなかったから、チャンスに恵まれないままにきてしまったのが残念である。

最近のお気に入りのラブちゃんが理事長賞を取り、リエちゃんもリザーブをもらった。
リエちゃんは友人の繁殖犬でダコタの娘・・・つい先月、パピーでベストインショーを取った子だが、ラブちゃんがパピーのころ見せてもらった雰囲気に良く似た、私の好きなタイプのセーブルである。
この先の快進撃を期待させる面白い犬だと思う。

うちにもエリーの子であんな子が生まれたら良いな!

雄は大好きな昨年のASSA NO.1に輝いたサムも出ていたし、IONAを実際に動いたところが見れて性格の良い犬だって実感してきた。
大好きなハローの息子(トライ)も出ていて、かなり気に入ってしまった。

人の好みというのはさまざまだが、良いものはやっぱり良いと思う。

インターと名のつく大きなショーはお祭りのように沢山の名犬が並ぶシェルティーフリークにはたまらないショーだ。

目を肥やすにはもってこいだと思う。
関東圏だけでなく、全国から名犬が集まるのだからやっぱり見に行かなくっちゃね。

しかし人が多くて、ごちゃごちゃしてて、それだけが・・・

帰ってきて見直したビデオでは、案の定いいたいほうだい言ってるのでダビングはしてあげるけど、声は無しよ(苦笑)あくまでも個人的感想が山ほどなので(苦笑)

いつかファンタと出られるように、頑張ろうって気になった一日でした。

マリンと出来なかったこと、頑張ってみるから・・・後1日日にちが足りてら出れたんだけどね・・・久し振りに『神様』に会ったら『出したのか?』って聞かれたんで『日にちが足りなくて出れないの』と答えたら笑ってた(苦笑)

そろそろ始めるかな・・・マリン応援してね(*^^)v




20040403-1.jpg
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村
1/1