2012/08/13 Mon

Category: 老犬介護

サムが甘ったれになった(*^_^*)

最近特に気になるのが老犬たちの依存性の高まりだ。みんな一緒にいるのだし、仔犬じゃないんだから、「おかあさん、おかあさん」とついて歩くのはどうなんでしょう?まだついてあるければいいんだけど、ご自分は寝たまま動かず、「どうしてこの部屋にいないのよ〜、なんでそばにいないのよ〜」と、お呼びくださるのは勘弁願いたい。

確かに若い子みたいにひょいひょいっとついて歩く事が出来ない分不安になるのかなぁって思うこともあるけれど、特にサムがひどくなっている。別の部屋に行っただけで「ひゃんひゃん」と呼び続ける始末…\(◎o◎)/!あの無口なサムが…です。

ちょうど子犬が産まれていた事もあって夜中はチビ犬たちの部屋で寝ていたんだけど、パパがいるにもかかわらず夜中に思い出したように私を呼ぶ声がする。泣き続けるかなぁと様子を見ているとさすがに眠いのかすぐに泣きやむんだけど、またしばらくすると目覚めるのか呼ぶ声がする。この1週間は運よくオリンピックだったからハタ迷惑じゃなかったし、今週はお兄ちゃんが夜中はついてくれることになったのでもう問題無いんだけれど、夜中に何に用事があると言うのでしょう???

一緒に寝ているパパは、サムは人一倍毛があるからきっと夜中に暑くなって文句言うんだっていうけれど、私が一緒に寝てる日は一切吠えたりしないんだよ。たぶん暑いからではないと思うけど…。

思い返してみれば、確かにエリーもダッシュも若いころに比べれば子犬みたいなところがたくさん見えてきているけれどね。サムのはちょっと「しつこい!」。。。この前の病院のせいかなぁとも考えたけどいやいやその日よりもずっと前からだ。

目が見えにくくなってきたとか、足もとが不安だとか、たぶん何かしらの理由があるんだろうけれど、この暑いのに私の体にひっついてくるのは勘弁してほしい。どこかが触っていないと不安なのよって言っているのは判るんだけど、サムも私もチーターじゃないんだから、手足からめないと安心して寝れないのよってことは無いでしょうに。チビの蘭やノンを抱くのだって嫌になっちゃうくらい暑いのにね、フルコートの大人のシェルティー抱っこした茹だっちゃうよ。(^_^;)

サムには申し訳ないけれど、何かと私の足とか腕とかを枕にしに来るけど、そぉ〜っと離して、せめてお尻がくっついてるくらいにしてもらっている。ちぇって顔するのがちょっと可愛いね。

そういえばこういう風にしてきたのはミールも同じだった様な気もするし、家に最初からいる犬たちへの遠慮がようやく解けたのかなぁとか思うとちょっとくらい大目に見てあげちゃおうと思うよ。兎に角、早く涼しくなると良いね。サムとぴったりくっついて寝ると暖かいよ〜って喜ばれる季節が早く来ますように(笑)
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村
1/1