<< デイジー帰還 | main | 今デイジーのためにできること…。 >>

2011/10/30 Sun

デイジーの食欲は・・・。

退院する時先生がこの元気ならしばらくは大丈夫だとは思うけど、問題は食べてくれるかどうかなんだよねと言っていた。退院する日はさすがに4日間何も食べなかったせいなのか小さな猫用の缶詰を一缶食べたと聞いていたのでちょっと楽観してた。

実際には…食べない。全く食べないと言っていいくらい食べない。あれならこれならそれならとデイジーが好きだったものを集めてみたけど最初の一口をパクリと食べたのは帰ってきた晩だけだった。

固形のものはほとんど受け付けない。馬刺しもダメだし、生食できる牛レバーもダメ。ラムの肉も、鶏肉もささみまでも、匂いを嗅ぐとそっぽを向く。病院で食べたと言うネコ缶も全く興味なしだ。パンやカステラの類も舐めては見るけどといった具合。炊いたご飯も食べない。ドッグフードにおいては論外と言った感じだ。

昨日までは介護食の缶詰とか赤ちゃん用の離乳食の缶詰とかでごまかして薬を飲ませられたけど今日は昨日ほどうまくいかない。朝晩の点滴をしてファクターを二粒なめさせるとほんの少しだけ食べてみようという気になるのか鳥のレバーのベタベタしたところだけをなめ、離乳食缶詰を小さなティースプーン1杯だけ食べた。

無理に食べさせるのはデイジーにとって苦痛があるように見える。おなかの中の大きくなった脾臓や肝臓のせいで胃や肺は圧迫されていたし、貧血もひどいから体は辛いはずだ。無理にのどの奥に食べ物を流し込むことが良い場合もあるし悪い場合もある。デイジーの場合には無理をすること自体が悪ことなんだろうと感じている。無理に押し込んだらそれ自体が苦しませることになるだろうから。でも薬を飲ませなければならないし…。究極の二択だ。

明日はうどんを煮てあげてみようかな。肉も甘いものもミルク類もチーズやヨーグルトやプリンすらもいらないと言うデイジーがこれなら食べられるというものを探してみよう。

退院した日よりも気持ちが落ち着いたのだと判るが、その分点滴をされることはやはり嫌なようで用意をすると困った顔をするのが辛い。痛い想いをさせたくは無いんだけれど飲まない食べないだと点滴だけはしないと…。その点滴だってし続けていたっていつかは必ず効果の無くなる日が来る。そこまではなんとか頑張りたい。。。

デイジーはまだ一人で歩けるし、ベッドにも乗れるしお水も飲むことができるしおトイレも大丈夫だ。まだ大丈夫。きっとまだ大丈夫。。。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

Trackback URL


Comments

MAGICWORLD闘病日記 | デイジーの食欲は・・・。
[url=http://www.london-detectives.co.uk/]victoria secret london[/url]

Comment form