<< あっという間に。。。 | main | 5年目の命日、ジェニーとヒマワリ。 >>

2011/05/30 Mon

49日と命日と。。。

レインが天国に旅立って7週間、49日と言われる日が来た。この日までは魂が家にまだいるとされ、喪に服す期間と思っている。犬たちと暮らし始めて長い長い時間がたった我が家では毎月のように命日もやってくるし、この5月はミールの命日が27日、3年目だった。今週6月2日はジェニーの命日、旅立ってもう5年だ。5年くらい過ぎてようやくそばにいない不自然さが薄らぐように思える。時間が解決してくれるとは言うけれど、今だって何故ずっとそばにあの子たちがいないのか考えると泣けてくる。。。

bara_hana_1.jpg
友人が送ってくれた薔薇の花↑【レイン女王様にはやっぱり真っ赤なバラでしょ!】というコメント付きで。。。thank you!



犬たちが子犬や若犬の時には過ぎゆく時間は笑っている時間のほうが多くて、仮に泣くようなことがあってもそれにはまだ希望がある。残された時間もまだ膨大にあるから、いくらでもやり直しができる。だけど、年寄りの犬を目の前にした時残された時間への限りを感じたら希望が少ないだけに何がベストで何がベストではないのか判らなくなる時もある。

今までは自分でもそれなりに納得のできる判断をしてきたし残された時間もあった。今回のレインとの別れはあまりにも時間が少なかったことと、あまりにも急な発病で、今になって思うと「冷静」でいなければならなかった自分にそれが欠けていたようにも思える。

今頃になって言うのもなんだけど、治療するべきだったのか、否か。。。そんなところでまだ結論が出てこない。レインがなってしまった病気で亡くなったのではなく、たぶん肝臓が極限にダメージを受けたせいでの臓器不全だったのだろうと想像できることが、「やれるだけのことをやってあげたのだから…」という想いになれないのかもしれない。「あれで良かったのだろうか…?」という想いが残っている。でも、先生は獣医としてできるだけの事をしてくれた。でも飼い主としての自分はどうだったのか?そんな変な矛盾。きっと答えは見つからないままなんだろうなと思うけど…。

ミールの時のように、最初から腎臓という器官が弱ってしまってそれを何とか持ちこたえさせていくための治療選択なら、たとえその治療に効果がなくなるまでやり続けたとしても、今のような想いにはならないのだ。健全だったはずの器官にダメージを与えてしまう治療しか選択できないという矛盾に今も後悔が残る。

もっとも、その時点で治療しないと言う選択肢がとれたのかどうかは判るはずもない。どんな人でも「治療しない」ということを選ぶのはある意味で「見殺しにする」ってとれてしまうだろうから。。。自分の中の悲しみは、治療すると言う選択肢が必ず「ベストな選択」に当るとは限らないと感じているのに、自分の愛犬ですらなかなかその選択をできないことかなぁと思う。

それはついさっきまで、もっとずっとずっと一緒にいられると信じていた愛犬との別れをいきなり突き付けられたことへの動揺が毎回大きいから、冷静に考えることができなくなってしまって、もがきにもがいてしまうからだろう。だからこそ、少しづつでも天使になった子たちから学んだ多くの事を今を生きる子たちのために正しく活用しなければ申し訳ないと思う。これからもまだまだ間違いを繰り返し、そのたびに犬たちに謝りながら暮していくのだろう。

今までごめんね、でもこれからもよろしく。。。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

Trackback URL


Comments

MAGICWORLD闘病日記 | 49日と命日と。。。

Comment form