<< ジェニジェニの目が・・・ | main | 体調不良@ノン >>

2010/06/28 Mon

Category: 予防

シェルティーと暑さ

今日はひどく暑い。湿度が高いからなおさらだ。

うちの犬たちはシェルティーが大半だからある程度の気温になったらエアコンを入れっぱなしにするのはお決まりみたいなものだけど、今年は6月の後半、今になってその状態になった。

シェルティーがこのくらいの温度が快適と感じる温度って何度か測った事があるだろうか?うちには色んなタイプのコートの子がいるけれど、毛量の多いサムなどは今日のような日は下手に温度をあげておくと「しんじゃいます〜」とでもいうように「ハァハァ、ハァハァ」と荒い息をしていつもならそうは飲まない水をちょこちょこ飲むようになる。

そんなに暑くないんじゃないの〜と話しかけるが、確かに人だって室内でもあっちだこっちだと動いていたらうっすらと汗をかく温度は26・27度だ。サムは私たちが冬服でそれも毛皮のコートをまとったままなわけだから、たとえ26度だって相当辛いわけだ。

昔ね、そんなにつらいのかと思ったから、毛皮のコートを着て27度の部屋で実験してみた事がある。たいして動かないのに着た瞬間からなんじゃこれ?っていうくらいムワァ〜っとして、しばらくすると顔が真っ赤になり、心臓がドキドキして、そのうち頭がぼぉ〜っとしてきて、結局、死ぬかと思ったのでサムの辛さは一応わかるつもり。私自身も夏が大っきらいなたちでして。。。毛皮は着ていないけど脂肪は来てるからまぁ同じようなものです。デブですから(笑)

シェルティーはもともと気温の低いところで大元が作られたわけだから日本の気候に適しているとは思えないけど、そんな事を言ったら他の純血種もみんな同じなわけで。。。でもまぁできるだけ環境を整えてあげてるんですけれど、さすがに夕べは急に蒸し暑くなったせいで、もしかしたら病気の前触れか?と思ってしまうほどサムには大きなダメージだったようす。
夜中になってもなかなか寝つけずあまりにハァハァするのでおトイレかなと思って外に連れ出してみたものの、出るや否や、僕はお家の中が良いですとぴゅーっと逆戻りしているし。。。

冷たいお水飲む?とか体さすってあげようかとかやっているうちに4時だった。。。動くと確かにこの温度じゃ暑いんだなって思って少し温度を下げて、風量も弱にしていたのを普通に戻してしばらくするとス〜す〜と寝てるし。。。

あぁ・・・暑かっただけですか。。。君が背負っている毛はさ、うちじゃ只のムダ毛だったしね。。。というわけで、ショー対応の犬はかなり暑さに弱いんですよっていうお話でございました@うちの犬の場合(苦笑)先日のように湿度が低くてサラッとしてて気温が高いのは意外に平気なんですね。人も同じか。。。

というわけで今年もシェルティーの熱中症には気をつけましょう。毎年何頭ものシェルティーが暑さで命を失う事故に遭遇しているのですから。。。気をつけるに越した事は無いのです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

Trackback URL