<< 人の事は言えない@心配性 | main | モリー血便 >>

2010/06/03 Thu

ジェニー3回忌

いまさらながらだけれど、犬の幸せって一体どんな事を言うのかなぁと考えてみる。

今日6月2日はジェニーの命日だから。。。

ジェニーはシェルティーの子犬では今まで助かった例がないと言われる大きさのたった50グラムと言う大きさで生まれおちた。同じ大きさで生まれたブルーの子は既に息絶えていたし、母親の体から出てきたときに動いていなかったからこの子もダメだったのかと最初からあきらめていた。

せっかく赤ちゃんを産んだのに舐めることもできないままサヨナラはあんまりだと思ったから甲斐甲斐しく舐めまわしているのを止めずに眺めていた。でも・・・ジェニーは生きていた。

生きてると気がついてからジェニーとの日々は始まった。あれやこれやと本当に寝る間も惜しんで精一杯育てた。毎日【今日はもうダメか】と思いながらある部分では実験的な事まで獣医さんを拝み倒して治療してもらった。。。その甲斐あってちっちゃなちっちゃなジェニーは他の犬たちに大きく後れを取りながらも取りとめた命を美しく咲かせてくれた。

たった2年の命だったけれど、ジェニーから学んだ途方もなくたくさんの事は彼女が生きた証しでもある。あんなにかわいい子犬は初めてだった。ガラス細工の様にキラキラ光り、空から落ちてくる雪のように触れたらス〜っと消えてしまいそうな、ふわふわのまさに尻尾の生えた天使だった。
あの子を育てていく間の七転び八起きの毎日はいま読み返しても笑顔になれる。大変な日々が多いけれど、頑張ったジェニーがそこにいていつも希望にあふれている。でも病気が発覚してからの記録は今も読み返し続けることができない。あの日の、あの時のあのジェニーが今ここにいるようで、それなのに助けられなかった自分への悔しさと悲しさが重なりあって、その上にあの日に引き戻されてしまうから。。。

もっと一緒に居たかったあの子との短い時間を思うとき、障害を背負い儚い命だったからこそ残せる大きなものもあるのだと、あの子と出会えたことに大きな感謝を持ち続けている。。。

でも・・・実際の話として、小さなシェルティーは怖い。意図的に小さい個体を生み出そうとしている人もいるらしいけど、私にはできない。体を矮小化させる遺伝子にはそれなりの意味があるわけで、その意味が判れば固定化させるような事をできるはずがない。もちろん意図的じゃなくても小さな個体が生まれてくる事はある。難しい話を抜きにすれば好きか嫌いかってことでもいいと思う。

純血種の犬たちは標準的な大きさをスタンダードで決めているけれど、スタンダードはあくまでも指針であってバイブルじゃなく法律みたいなものだ。そしてその指針はドッグショーという基準の上に成り立っている。だから、スタンダードと言うのは変更が可能なものなのだ。

もともと犬は中型と言われる大きさの狼が原型と言われその中で選択交配の末に今の純血種が出来上がった。その犬種として明らかにその姿に見える事はとても大切なものだが、時として流行に左右されやすいその基準が【健全】を壊すことへつながる部分も大きい。

健全である事と不健全である可能性を見極める事は本来ブリーダーには必要不可欠なことのはずでも、ブリーダーという定義自体が実はいくつも種類があるので一貫性がないのだろうと思う。

犬の幸せは本来【丈夫な体】に生まれてくることで、飼い主に手をかけさせる事は健康面ではできるだけ少ないほうが良い筈だと思う。もちろん体の大きさだけで弱いとか強いとかが決まるわけではないけれど。。。小さなシェルティーで丈夫だなぁと思えた事が少ない分、またちっちゃなジェニーと辛い闘病生活を送った分、今も私は小さいシェルティーを好まない。当の本人の犬たちだって頑丈な体で生まれてきたほうがずっと幸せだろう。。。

一つのかけがえのない命として生まれて来る犬たち。その命はどんなことがあっても大切に育まれなければならない。それは生まれ持った障害があろうと、なかろうと、あとから起きてしまう障害(病気)があろうと、なかろうと・・・。その障害自体を含めて愛されることができるなら、犬にとって最高の幸せであるに違いないからだ。けれど、できうる事なら健全な体で生まれる子ばかりでいてほしいと願う。だから私は、あえて標準を大きく下回るシェルティーを【かわいいでしょ?】と人に勧める事はない。いくら見た目がどんなにかわいかろうと。。。



ジェニーが生まれた時からもう5年がたった。あの子が天使になってからもう3年たった。私はあれから進化しただろうか?ジェニーから学んだ多くの事を生かして犬たちのために何かできているだろうか?

ジェニーはきっと天国から私を見ているだろう。

ジェニー、ママをどう思いますか?君が認める人になれていますか?

今は右京と二人三脚でジェニーの分まで楽しく暮らせるように頑張っていますよ。いつかママはよく頑張っているねと思ったら、右京の娘に生まれてきてね。今度は大きな体で生まれてくるんだよ、あんまり物分かりの良い頭のいい子じゃなくても良いからね。待ってるよ、ジェニー。。。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

Trackback URL