<< 理不尽な話 | main | また一つの命が・・・ >>

2009/12/19 Sat

Category: つぶやき

今年も残すところあとわずか・・・

今年も残すところ後わずかとなりました。

我が家の基礎となったマリンが天使になり、その回りに存在した沢山の知り合った犬たちも次々と天使になって行きました。我が家でもまだ自分の中では気持ちの整理をつけられないままの悲しい別れもありました。

同じ世代を生きた犬たちがこの世に存在しなくなった事実は時の流れがあることをはっきりと自覚させられます。今ここにあの笑顔があの優しい感触がないことをどれほど恨めしく思い出すでしょうか。。。

不思議なもので、逝ってしまうときには年相応の、かかった病気なりの、闘病したままの姿かたちになっていたというのに思い出されるのは若く美しく輝いていたときのあの子達の姿ばかり。。。きっと虹の橋の袂ではその姿に戻って待っているのだろうなとぼんやりと考えます。

マリンとは予想していた以上の年月を共に謳歌し、喜びも悲しみも犬と暮らすことの全てに勉強させられた毎日だったように思います。その歴史の重みを肌で感じ続けていくことがあの子との暮らしの意味であり、これからの犬たちに何かしらの効果をもたらすものとなるのだと信じているわけですが、その中には疑問を持たなくてはならないものも沢山あるのだと解った年でもあります。

昔は確かに犬たちは若くして亡くなることも沢山ありました。たいていはフィラリアという寄生虫によってだったり、ワクチンで予防できるはずの感染症であったり・・・。そのために今の犬たちのように老化によって引き起こされる病気が発見されたり、人と同様の大病を患うことは知られていませんでした。

現代のように飼い主が犬たちの体について敏感でなかったことも関係してるだろうなとも思いつつ、その時代でも長生きする犬たちも沢山いました。今のように栄養素を完全に網羅してあるドッグフードがあったわけでもないし、思い出すのは味噌汁かけご飯を食べていた犬たちの姿ばかりです。

3歳のときに祖父に買い与えられた成犬になっていた雑種の犬はワクチンも打たずフィラリアの予防もされず、蚤やダニの予防もなく、食事は人のあまりもので、紐にもつながれずに家を守り、私が14歳のときに祖父の墓参りの帰りに倒れて絶命しました。たぶん12歳だったはずです。。。

当時は獣医さんなども知らなかったし地方の田舎でした。ドッグフードもあるのはありましたがビタワンというものでした。。。主食で使う家はほとんどない時代だったんです。

マリンと暮らしはじめていろんなことを知るようになりました。完全栄養食ののドッグフード。ワクチンを打つこと。フィラリアの予防をすること。蚤やダニですら薬で予防できること。具合が悪ければ獣医さんにかければたいていの病気が治ること、犬には教えなければならないことが沢山あることなどなど・・・

犬の病気は人の病気と同じものがあること、治療もさまざまで人並みの治療が受けられること・・・。

その最後にはいつかは彼らのほうが先に旅立つこと。。。

犬たちと暮らす時間はどんなに永遠を望んでも限りがあって、人間の家族と同じように別れが来ること。悲しいことにそれは必ず彼らのほうが先であること・・・。

決められた時間の枠の中で犬とどんな暮らし方をしていくことはお互いに幸せなのか、今年マリンを送ることでなんとなく解ったように思います。今までしてきたたぶん間違っていたであろうことへの反省と、これから選んでいかなければならないことをがんばって、天国に行ったマリンに【ママ、それでいいのよ】と言ってもらえるように今までを振り返って修正していかなければならないのだなぁと感じています。

犬たちには何が必要で何が必要ではないのか・・・私のためにではなく犬たちのためにナニが最善の方法なのか来年から初心に戻ってまた歩き始めようと思います。。。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

Trackback URL


Comments

MAGICWORLD闘病日記 | 今年も残すところあとわずか・・・
MAGICWORLD闘病日記 | 今年も残すところあとわずか・・・
MAGICWORLD闘病日記 | 今年も残すところあとわずか・・・

Comment form