<< がんばったよね。。。難病 | main | ゆっくりおやすみ。。。 >>

2009/11/22 Sun

Category: つぶやき

<腎臓再生>

こんなニュースがあった。11月22日yahooニュース毎日新聞より

<腎臓再生>ネコの体内で ブタの細胞利用し 人工臓器に道
さまざまな臓器になるネコの「間葉系幹細胞」を、ブタの腎臓の基となる細胞「腎臓原基」に注入し、ネコの体内で腎臓の組織を再生することに、自治医科大や東京慈恵会医科大などの研究チームが成功した。尿の生成も確認した。ネコの代わりに人の細胞を使えば、病気の腎臓に置き換える人工臓器作りに役立つ可能性がある。

 間葉系幹細胞は、骨髄などに含まれ、血管や筋肉などになる。この細胞は人にも存在する。

 実験では、腎臓原基(約1ミリ)を、妊娠中期のブタの胎児から取り出した。それにネコの間葉系幹細胞を注入、片方の腎臓が摘出されたネコに移植した。すると、4週間後に腎臓原基が8〜10ミリに成長し、ネコの血管が通った。また、血液をろ過する糸球体や尿細管も形成され、尿がたまったことが確認できた。

 ブタの臓器は人の大きさに近い。中国やメキシコなどでは、インスリンを分泌する膵島(すいとう)がブタから人に移植されている。研究チームの小林英司・自治医科大客員教授は「ブタの腎臓原基がネコの臓器再生の足場になり、臓器形成に近づいてきた。日本での臓器移植の実施件数は極めて少ない。人工的に臓器を作り出し、難病で苦しむ患者の治療につなげたい」と話す。


腎臓・・・って言うとまだ過剰反応をしてしまう。でもこのニュースは光が指したような部分もある。ミールの腎臓がもう動けなくなったと知ったとき見知らぬ犬の腎臓を一つもらうという決断はできなかった。
でも・・・もしも作り出された臓器として提供を受けられるのだったとしたらその手段を選ばないとはいえない。
体調や年齢や副作用や考えなくてはならないことが山ほどある中でただ単純におなかを開けて使えなくなった臓器を取り出して、新しい臓器と取り替えるだけのことだったとしたら、選択する可能性もあるだろうなとぼんやり考えている。

ブリードをしているとき女の子の中には出産のトラブルでおなかを切ることがある。赤ちゃんを助けるためだったり母体を助けるためだった利するけど、手術後に大きな問題がおきることはあまり無い。【命を助けるための手術】の中には【命だけは助かったけど・・】というものが多いけどそういう手術じゃないものもいっぱいある。。

きっと自分的には高度医療といわれるものの、そこが引っかかってしまう問題なんだろうなと思う。
生き物だからそう簡単にはいかないことばかりだけど、副反応とか長期の投薬とかがなくて、術後に今まで同様に何も代わらない健康がとりもどせるのならという条件が必要な自分だからかもしれない。

でもこうした先進の研究があってこそ救えなかった命が救われるように変化していくわけで、喜ばしいには違いない。この研究が成功し、わたしの悲しい別れの中のジェニーやミールとの時間も今よりもずっと後に起きることだったなら二人とも助かってもっと長生きできていたかもなぁとあの子たちがいたときを思いだしてしまうヨワッチイわたしだ。。。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

Trackback URL


Comments

Comment form