<< 前回の診察から2週間 | main |

2014/08/24 Sun

梨!!

昨日「ペットチニック」を飲ませたせいか真黄色の尿が出た。黄疸だったらどうしようと思ったけど、病院に行ったところでどうなるものでもなかろう。。。
ビタミン剤の入ったものを飲んだのだから2.3日飲ませずに様子を見たほうがいい。飲ませていなくても色が変わらなければ黄疸。。。

朝一の排尿でガックリきてしまった私だけど、いつもと同じに朝は始まる。いつもと同じにチーズにファクターを3粒混ぜ込んで抗生剤と胃を動かす薬とウルソを飲ませる。しばらく様子を見て吐きださなければちょっと安心。朝一ではこれ食べてみる?と食べ物を差し出してみても良い結果は無いままだから前の日に食べたものを全部吐きださない限り強制給仕はしない。

午後になってクッキーとかちくわとか前の晩に食べたサーモンとか試してみるがなかなか食べる気配はない。

日がな一日寝ている。たまにワンワン吠えたりすることもあるので一番酷い時よりは体は楽そうに思える。太れる要素はまったくないけれど無理に食べさせれば吐くだけだから。。。

夕飯の時には食事の場所に必ずファンタを入れる。なんでもいいから食べたいよと近づいてくれることを期待して。

夕飯時、肉類は皆NG。ささみ・鶏モモ・牛肉・ラム肉。フゥとため息がつきそうになるけど「今日はお肉はいらないんだって!」と明るくやり過ごす。そのうちパパの傍に行ったので何でもいいからあげてみてというとサツマイモをあげてくれた。1センチ厚さの直径10センチくらいのお芋の焼いたのを4分の3くらい食べた。上出来だ!!

その後またテーブルの下に入って眠り始める。良いよ良いよ、これだけ食べれたんだから充分だ。

しばらくして義理の姉から送ってもらった沢山の梨をデザートに剥きはじめるとファンタが起きてきた。目がキラキラしていてそれ食べたいですと言っている。梨は消化が悪いんだけどなと思いつつ、病院へは行かないと決めた日からファンタが望むものは何でもあげると決めたのでよく噛み砕いて差し出してみた。

周りにほかの子たちも寄ってきたけれど珍しく下がらずにまえにでて食べた。最初は4分の1個ペロッと平らげた。結構な量だ。甘かったからおいしかったねと頭を撫ぜると満足そうにまたテーブルの下に戻った。

吐かないか心配で少し様子を見るうちにみんなの御飯の時間が来た。男の子たちとダックスに先に食べさせて台所でメロとアラレ・フウカ・モリーの前に食器を並べるといつもは知らん振りしているのに「私のは?」という顔で見つめてきた。

今日はIアシストを50CCだけ入れてこのままじゃ食べるはずがないので鰹節をかけてみた。すると半分くらい食べた。大丈夫かなという私の不安をよそに、もういいわと食器を鼻で押す。はいはいよく食べられたね、良かったよかったと話しながら食器を下げた。

犬たちの食事が終われば今日はもう終了。そういえば梨を食べ損ねちゃったから食べようっととまた一つ剥いてみた。するとまたファンタが近寄ってきてそれ食べたいと言ってくる。また4分の1を噛み砕いて少しづつ差し出すと綺麗に食べた。

梨にはなんかいい効果があるのだろうかと調べてみるとなかなかのものだ。明日また食べられるかどうか、また、明日まで吐かずに腸まで流れて行ってくれるのか一抹の不安はあるけれど、今までになくおいしそうに良く食べられた今日に感謝する。どうかいい結果になりますように。。。夜のお薬を飲ませて今日はもうおやすみなさい。

お姉さん、毎年甘くておいしい梨をたくさんありがとう!!
今年は今までで一番感謝です!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

Trackback URL


Comments

Comment form