<< 佐々木クッキーが天使になりました。 | main | 梨!! >>

2014/08/23 Sat

前回の診察から2週間

もう病院には連れてこないで自宅療養で頑張ると決めてから2週間。ステロイドは徐々に減薬して10日間くらいかけて終了した。

気のせいかもしれないけれどステロイドを切った時のほうが楽そうに見える。もちろんご飯は相変わらず十分な量には程遠く、その日その日に食べたいという物だけ食べたいだけ与えているけれど、まったく食べられない日にはすりつぶしたフードなどを50娑粍み込ませる。本人が食べたくないということは前に食べたものが消化できていないのだから強制的に食べさせるのはやめておけばよかったと思うように吐かれてしまう。

そうでない時は吐かない日が多くなった。

排便もウサギのうんちみたいなコロッとしたものを長い時間踏ん張って出すときもあるけれど、ご飯とか肉類やお刺身、黒豆あたりがまだ食べてくれているもので、今日はだいぶ食べて吐かなかったなと思う次の日には良いウンチを3センチくらい出すことができる。

最初のうちこそまるでポッキーみたいな太さの便が1cmくらいの長さで数本固まって出ていたけど食べられればそんな硬くて細い便にはならないことが分かった。つまり大腸や小腸には問題が無いってことのあかしだろうと思う。

何とか腫瘍が縮んでくれればと儚い希望を抱いてしまう。そんな折先日コメントをくださった方から「バランスα」という物が良いらしいと教えていただいたので、まったく知らない飲料だけど使ってみようとサンプル請求してみた。ファンタが拒否して駄目なら自分が飲むのもありな商品なので届いたら早速使ってみようと思う。

今日は今までよりもずいぶん気温が低かったので庭に出して写真を撮った。あと何枚ファンタの写真が撮れるだろうと考えると昨日のクッキーの事まで思い出して前が見えなくなった。それでも今のカメラはお任せで相応に撮ってくれるので助かる。

まだ自力で歩けるファンタ、見た目はコートが十分あるおかげでやせ細って見えない分だけ画像を見る限りでは泣きたくなるようなひどい状況には見えないだろう。でも本当に軽くなってしまったのね。

バランスαが効いてくれますように。今はファクターを毎日6カプセル飲ませている。検査代金とほぼ同じような金額を使っているけど気持ち的には楽になった。なぜってファンタを不安がらせていないから。今はゆったりとした時間の流れの中でファンタにできる事をしてあげるしかないところまできた。少しでも寝たきりになってしまう時間を短くしてできる事なら最後まで自分の足で歩いていられるように。。。


CIMG0108.jpgCIMG0121.jpg
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

Trackback URL


Comments

Comment form