<< 突然死・・・。 | main | 頑張れるか頑張れないかわからないけど…。 >>

2014/08/08 Fri

犬の肝臓がん サイレントキラー

しばらく前から見つけていた肝臓の中にある腫瘍…ものすごく大きくなっていた。まだ2週間くらいしかたっていないのに。。。

診察してもらいレントゲンをお願いした。エコーで毎回見ているけれど、どの程度肝臓が腫大しているのか確認したかったから。予想通りの結果で見るまでもなくっていう状態だった。

犬の肝臓癌は2種類あって今回ファンタに起きたものは原発性肝臓癌と呼ばれるものに違いない。腫瘍があると解ってから検索してみればまったく症状が同じだった。初期症状はどの病気にも当てはまるような症状と同じなので調べているうちに手遅れになると書かれていた。

抗がん剤を使うつもりはなかったけれど実際この癌には効果が無いとされているので使おうという勧めはされない。早期発見で手術に耐えられる体力と年齢であり、完璧に腫瘍自体を取り除くことができたとすれば術後2.3年は生き長られるそうだ。つまり手術できない状態なら予後不良となる。残された時間の限りが見えるということだ。

この数日、夜な夜な調べまわって、たぶんIBDとかは関係なく、腫瘍が癌なのではないかという思いに達していた。ファンタに食べさせるものもすべて重湯のような状態にして飲み込ませるところまでやってみたが、量が多いと吐いてしまう。消化できないのではなく何かが胃や腸を圧迫していてほんの少量しか胃の中に停滞させられないところまで来ているのだと解ってきた。IBDかもしれないと使ったステロイドもかなりの量を飲ませたけれど好ましい結果は出なかった。IBDの可能性が消えたら早く辞めたい薬だ。二週間前から減らしている。もっと減らしてやめてしまいたかった。

胃の動きを良くするお薬を処方してもらって少し食べてみるようにはなったけれど、食べたと思うと胃の中でふやけてきたころに腸に流れる前に限界にきて吐き出してしまうことの繰り返しでその限界の量を見つけるのに苦労している。50mlを一気に飲ませると駄目で、30mlなら何とか…。かといって数時間が空いたからとまた飲み込ませると50を超えるあたりで駄目になる。。。吐かれるとまた駄目だったという喪失感で頭がおかしくなりそうだ。。。

最初は原因不明だった。胃や腸に問題があるとばかり考えているうちに手遅れになってしまった。

先生に、「今更言うのもなんなんですけど、最初の段階でこんなのオカシイから開腹してみようと開けていたら助かりましたかね?」と聞くと「難しいね。肝臓だと解っていなかったから、腫瘍が見つかったかどうかも解らないし、見つけても完全に取りきれないこともあるしね。。。」

私が自分自身を責め過ぎないような配慮かもしれないなと感謝する。腫瘍が見えてきたのは症状が出てから約ひと月半立っていた。。。

肝臓の数値が全く正常値で見つけにくい原発性肝臓癌。転移性肝臓癌とは違い、かなり腫瘍が大きくなって進行しても肝臓自体は正常に働き続けるので発見した時にはほとんどが手遅れになるという。ファンタはそんな癌に侵されている。

いろいろ考えてから来院したので、結果を聞いてからこちらの希望を話そうと思い血液検査の結果を待った。数値はそう悪くなっていない。貧血は出てしまっているけれど、ステロイドを減らしてきた結果か肝臓の数値は戻っている。

先生に話を切り出した。

「今日の状態でもうIBDも否定できるし、胃や腸の機能の問題じゃないこともはっきりしたと思うからもう薬はやめたい。胆嚢の状態を改善している薬だけでいいと思う。。。それともう病院には連れてこないことにしようと思う。経過観察するだけしかないし、悪くなっていくのを見るだけであって、ファンタには大きな負担になっているからもう解放してあげたい。」

そんな内容を話した…と思う。ちょっと泣きそうになってしまったので良く思い出せないんだけど話の内容は伝わった。ファンタが楽になれるとはっきりしているものだけを続け、様子は電話で知らせることにした。先生もファンタの為にこの選択は良いと思うと言ってくれた。

病院から車に戻る時に折れてしまいそうなほど痩せて軽くなったファンタを抱いて目を見つめて言って聞かせた。

「ファンタ、もうここには来なくていいんだからね、今までよく頑張ってくれたね。これからはおうちでできる事をやっていこうね。偉かったね。」

ファンタに気持ちが通じたのか、後ろの席のドアを開けるとき久しぶりに顔を舐めてくれた。嫌がることばっかりし続けていたからずっと顔なんか舐めてくれなかったのに…。

思わず何もかも放り出して大声で泣き叫びたくなったけれど、抱いているファンタを投げ出すこともできないし、目をパチパチさせて涙を乾かした。夏休み中なのに病院に付き合ってくれた息子の前で泣きわめくにはまだ早すぎる。。。

まだやれることはいっぱいあると自分自身に言い聞かせ病院を後にした。ファンタの事はまだやれることがあると思うので引き続き書いていこうと思います。頑張るファンタを応援してもらえたら嬉しいです。。。

IMG_20140124_113724.jpg
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

Trackback URL


Comments

Satisfied with praise. Bag quality is very good, fine workmanship, the version is very good, I really like. Like a bag quality is very good, real leather, color is also very wild, and now back to being fit winter bag quality is very good, super love, packaging is also very good yo. Next time you buy the package on this home. Bag quality is very good, concern for a long time and finally bought today, but also for a friend to shoot one. Bag quality is very good, really good cortex. Disposable bought two, a good ride clothes! Bag quality is very good, kind and pictures, as is the money I want, 10 points satisfactory.
Valentino Flat Shoes a,£a,2a,?a,2 Dtac http://www.internationalcleantechnetwork.net/umbraco/SendPublish?valentino/Valentino%7CFlat%7CShoes%7C%C3%A0%C2%B8%C2%A3%C3%A0%C2%B8%C2%B2%C3%A0%C2%B8%E2%80%9E%C3%A0%C2%B8%C2%B2%7CDtac
はじめまして、実は我が家の間もなく13歳になる愛犬(雌、雑種)もファンタちゃんと似たような症状で闘病中です。二ヶ月前に内視鏡をする予定でしたが徐脈の為、レントゲンとエコーのみで胃に何かがあるか、胃の壁が厚くなっているという胃腸炎の診断のみで。吐かない日はなく、吐くたびに体重が減ってしまって…。なんとか今の苦しみが軽減出来るよう手段がないか探っていますが、見つけられない状況です。でも、ファンタちゃんも頑張ってるんだと、うちの子だけじゃないんだ、とこの日記から力を貰ってますので。
毎日日記を読みに来てます。

私もずっと応援します!
可愛いファンタちゃん、応援してます。
大好きな家族と一緒にいれること、苦しい時間が少ないこと、祈ってます。

Comment form