<< 病院へ… | main | 書かなきゃダメでしょ…。 >>

2014/07/12 Sat

CRPが下がった。

病院から電話が入った。CRPの検査結果が出たとのことで、前回上がっていた数値が激減したとのこと。もっとも最初の頃はCRPは正常値だったんだけれど、おかしくなってひと月過ぎくらいからの検査で少しづつ上がってきていたCRP。前回は4を超えていた。今回は1強ってことはやっぱりステロイドが効いたんだわ。。。

先生の見解は肝臓の腫瘍からくるものか、または下痢を伴わないIBDである可能性を焦点に充てて今の治療を続けるのがベストとのことだった。病名はつけようはないけれどどちらかかもしくは両方が今の問題を起こしていると考えて間違いないだろうとのことだった。IBDに関しては下痢を伴っていないので難しいけれど、中には下痢しないものもあるらしいとのこと。胃のほうだけ?

確かにステロイドを使っていたほうが自発的に水も飲むし、食べものを欲しそうにすることも多い気もする。下痢をしないことからIBDはどうなんだろうと考えていたけれど、何度も先生に話したのは、少しでも食べ物が入るとトイレに駆け込んでいる状況だったことを思い出す。そういえばステロイドを入れてからはそうなっていないなぁ。。。

食べ物がおなかに入っていないせいで出る物は出なくて当然。でもミールの時やエリーの時は同じように絶食状態になってしまった時排便しようとする気配すらなかった。ってことはファンタの場合に限っては食べると排便したくなっていたのだからそれは一つの症状だったってことなんだろう。

犬は下痢しそうでおなかが痛かったりすると食欲はなくなる。モリーなんか食べすぎたり体に合わないものや初めて食べる物を食べた後などはすぐに下痢するけれど、たいていいつも大好きなご飯を要らないと言ってくる。缶詰とかお肉とか好きなものを入れたって食べない。調子悪いんだねとご飯を下げて様子を見ていると確実に下痢になる。実に明確な症状なのでそれが夜中でも慌てなくてすんでいる。

たぶんこんな病気でしょうと先生に言われたことで気持ちが落ち着いたのか天使になった犬たちから得た経験を少しづつ思い出し始めた。いろんな勉強法があるけれど、経験に勝るものはない。私が愛した犬たちは今後の家族のためにさまざまなことを伝えてくれてきた。それを生かせなくてどうする自分?

ファンタが具合が悪くなり始め、使った薬の効果が全くなくてだんだんイライラが募り始めたころ、じゃあこういう方法は、こういう投薬は駄目なの?と聞いたことは何回もあった。もっと早くヒットしていたらなぁって思うけれど、結局今は昔のようにたぶんこんなことだろうからこういう投薬で様子見ましょうってできなくなっているらしい。

病名が確定できていないと使えない薬もたくさんあるらしい。。。もし万が一はずれだったらもっと状態を悪くしてしまうとか問題は多々あるとか…。その中の一つがステロイドなんだろうな。。。

残念なことに私たち飼い主は獣医ではないからこの病かもしれないからこの薬を使ったらって思っても、実際に獣医さんからもらわないと薬は手に入らないしどうすることもできない。こういう病気ではないのですか?と聞くことはできるけれどね。。。
私にできることと言ったら犬の様態を事細かに説明し、関係あることもないことも全部報告し、先生から提案された方法論の中のどこまでを許容するかをはっきり答え、(高度治療するとか高価な薬を使うとか手術を選ぶ等々)そのうえで病気を見つけて、治療してもらわなくてはならない立場にしかいない。なんだかなぁって思ったりする部分なんだけど、何もかも先生の提示する方法をすべてやれる・やりたいとは限らないし。。。

やれることがあるものをすべてやるということと、犬自身のQOLを考えて、飼い主がやれることの中の何を選択しやってあげるかの二つしか方法はないけれど、やれることをすべてやることのほうが愛情が深いのだと私は思っていない。実際にやらなければ良かったって思うことは沢山あったから。。。

犬が生きられる時間の中で痛みや苦しみから救うことが本来の目的で、結果がどうなるのか、残された時間がどのくらいなのか、治療を受けることのメリットデメリットを知り、何をどこまでやってあげようと思うのか、実際にどこまでやれるのかの答えが絶対に必要だ。

だっていつかは必ずサヨナラがやってくるのだから…。サヨナラの時にやりすぎてしまったという後悔はできるだけしたくない。。。今までに何回もそういう後悔があるからなんだろうけれど。。。

今になると、自分が獣医になるか、息子を獣医にするかしておけばよかったと思ってみたり。でも・・・息子が獣医を断念した理由が「自分の犬の外科手術はできない」ってことと、「生体解剖」を受けいれられないってことだったからどっちにしても無理だったってことだ。こんなこと書いても意味ないか…。(-_-;)孫に期待したりして・・・(苦笑)

孫は獣医になったとしても任せられるようになる前に今の犬たちはこの世にはいないしね…今は信頼できる先生がいるのだから何とかしてファンタが治るように治療を続けていくしかないんだ。(^^ゞ

今日はIアシストのフードをふやかして50粒くらい飲ませた。超嫌な顔されたけれど吐くかなって監視していたら2時間たって水を飲んだ後むせたみたいで8粒だけ吐いた。その後は吐いていない。もう一回少しだけ飲ませて寝るとしよう。今は薬の効果を期待して、それしかやってあげられることは無いのだから。。。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

Trackback URL


Comments

Comment form