<< とりあえず・・・ | main | わるあがき?・・・ >>

2007/02/17 Sat

モリーの目

cg8.gif

少し前、モリーの目がおかしくなって何回も獣医さんとのやり取りをして治療を試みたけど、モリー自身のストレスがひどかったので民間療法(笑)に切り替えて様子を見ることにした。

もらった目薬やビタミン剤はほぼ使わず・・・

我家では年寄りの子もいるし、スズのように病気で大変だった子もいたのでいろんサプリメントを使っている。

これだと思うものに出会うまでにはずいぶんと時間がかかったが今はある数種類のサプリメントが大活躍している。

モリーにはこの数種類の中のパンフェノンが良く効いた。

犬が病気意なったときまずはじめにしなければならないのは獣医さんで病気を確定してもらうことと、正しく治療を試みることである。
これをしないで民間療法等に頼ってしまうのは手落ちというものだろう。

何があってもまず獣医さん。これが我家の鉄則である。でも犬によっては治療が合わなかったり、治療すること自体が問題に成る場合もある。
そのときは自分なりの民間療法をするのだ。

民間療法といったって効果的なサプリメントを使ったり食事の内容を見直したり作り方を換えたり回数を変えたりといった程度だけれど、これが意外に効果をもたらす事が多い。

モリーの場合には目がショボショボしてあけられなくなり、治療すればするほどひどくなっていくので獣医さんには申し訳ないが治療を断念するという答えを出した。
角膜が傷ついているという話もあったし、角膜ジストロフィーがあるなどで点眼薬とビタミン剤の投与が必要だという。
角膜ジストロフィーは大きくならないようにするためだとか聞いた。ひどくなれば失明することもあるのだそうだ。
治療を続けるたびにひどくなるモリーの目と彼女が痛みを嫌うために起こすストレスを減らすには治療をやめるしかない。
ずいぶん考えたけど、もし失明してもママがモリーの目になるよと決めてしばらくは何かされるかもしれないと構えてしまうのを忘れさせる為に何もしないでひたすら可愛がって暮らした。

12月の終わりにパンフェノンの特売?があって丁度減ってきていたので再び購入する。
久しぶりに説明書きを読んで見ると「ドライアイ」にも効果があるらしい。
私はモリーの目がドライアイだと思っていたし、角膜ジストロフィーの方はなってしまったらもう治らないのだと聞いていたのでまずは使ってみようと思い立った。

飲ませ始めて数回くらいのうちに見る見るとモリーの目は綺麗になってきた。
お正月に皆と会う頃にはずいぶんと見られる顔に戻っていたと思う。

今ではすっかりもとのモリーのクリクリとした目の可愛い顔になっている。
角膜ジストロフィーだといわれた目の中の白い点も真っ白から薄い灰色になりでこぼこしたように見えていたのが平らになってきている。(老眼鏡を掛けないとよく見えないんだけどね・・・)

角膜ジストロフィーってどんどん大きくなってしまうんじゃなかったのかなぁといぶかしがりながら「治れば何でも良いのよ!」と可愛いモリーを抱きしめている。

ご心配かけていました皆さんに報告が遅れてしまったけれど、モリーは今アジリティーをやり始めました。
楽しみの中のひとつとして爆走モリーが嬉々として走る姿を嬉しくみています。元気いっぱいのモリーを又応援してやってください(^_-)-☆

20070217-1.jpg
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

Trackback URL


Comments

Comment form