<< 検査しました。 | main |

2014/06/21 Sat

アジソン病じゃなかった。。。

木曜日、アジソン病の検査をお願いしその後吐き止めの注射を打ってもらって帰宅。食欲は無いまま。

金曜日、吐き気止めの錠剤を夜寝る前11時くらいに飲む。ネットサーフィンしていら2時になってしまい、寝ようかと立ち上がるとファンタが何か欲しそうな顔をしていたのでダメもとでナチュラルハーベストのドライフードとネイティブドッグのフードを少し上げてみる。

一つかみほども食べた。

アジソンなのかなぁと半信半疑のまま土曜日の朝が来た。
子犬を一緒に連れて行き、2回目のワクチンを打つ。その後ファンタの検査結果を聞いた。

「アジソン病じゃありませんでした。。。(*^_^*)」

「う・・・違うの!!???」

「うんまったく数値には出ていませんね。ストレスがかかっているから逆の反応は少しありますが、クッシングという判定に至るような数値には届いていませんよ。」

「・・・また振り出しか…。」

その後もう一度超音波を見たいとのことでお願いすると胆泥というか、胆嚢の中がだいぶ汚れている。胆嚢粘液嚢腫かも?
でも数値上にはなにも出てこないのにね。。。

急いで手術に踏み切るべきか、胆泥である可能性で投薬するか…

激やせしているファンタに今麻酔をかけてメスを入れるのはためらわれる。11歳で亡くなったという友人の犬のことを考えつつ1週間くらい薬で様子が見たいとお願いしてみた。

吐き気止めを飲んだ後昨夜はご飯を少し食べたことにちょっとだけ期待して家に帰ってきたけど、アジソンなら一生薬と縁は切れないだろうけど、投薬すれば寿命が全うできるのだと期待していただけにがっくり来ちゃって数時間ファンタと一緒に昼寝をしてしまった。。。

やることいっぱいあったのに。。。(-_-;)

心配してメールをくださったみなさんありがとうございます。アジソンじゃなかったのでそれはそれで良しと考え、気持ちだけはぼちぼち頑張ってみます。まずはファンタさんがご飯を食べてくれるように様子を見ながら…<(_ _)>
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

Trackback URL


Comments

Comment form