<< ミールも病院。 | main | ミールは・・・。 >>

2008/05/18 Sun

モリー負傷!

ミールの病院から帰ってきて昼ご飯を食べた後、事件発生。

朝いつものように張り切って庭と駐車場を爆走し、庭にミステリーサークルを作るほど駆けまくったモリーはまた足が痛くなったら困るよとしばし強制的に休養させられていた。
ご飯の最中は何か貰えるかもという期待の元、外に出て騒ぐ気もなかったがもういいんでしょと意気揚々とした所へ直哉が二階に上がるのでお供に駆け上がった…。が…その足元にはこれまた一緒に行こうとたくらんでいたチョコが潜り込み…。

ものすごい悲鳴とともに階段から落ちたモリーがいた。痛かったらしいチョコがパパに逃げ込んでモリーに向かってものすごく吠えまくるがモリーは階段の下でもがきながら立てずにいた。
抱き上げると心臓の音が小さくなっていきふら〜っと意識が遠くなるような顔つきに…。

あわてて「モリー!モリー!しっかりしなさい!!」と体をゆすると意識が戻ってきた。こちらもびっくりしてしまいとりあえず足をあちこち触ったが骨折なのかヒビが入ったのか、股間節なのか背骨なのかパニクッてしまって判断ができない。

今日は日曜日だから先生のところは午前診療だけど、時計を見たらまだ2時だったので即効電話を入れ家を飛び出そうとした。すると先生から電話が入ったのでとりあえず状況を話し病院へ吹っ飛んで行った。

所見ではたぶん強打によるショックで立てなかったのじゃないかとのことだった。病院ではビビりつつもちょっとおかしな歩き方ながら動くことはできるようになっていた。
レントゲンを撮って見てもらったが骨折もヒビも入ってはいない。股関節もきれいで正常にはまっている。腰の骨も大丈夫だろうとのこと。膝もこれだというほどのものは見えていないが2・3日たっても痛みが引かなかったり動きがおかしかったらもう一度連れてくるようにとのことだった。

直哉に抱っこしてもらおうとして飛びあがろうとした時に腰砕けのようになる。腰に力が入らないのか膝なのかという感じだ。
一応炎症止めの注射をしてもらい飲み薬をもらって帰ってきた。しばらくはおとなしくバリケンに入っていてもらうことに。

走ることが命のモリーにじっとしていろというのは酷なことだけど、良くなるまでちょっと我慢だ。

しかし…改めてモリーは痛みに弱い犬なんだと思い出せてよかったかな。犬によって痛みに強い弱いがあるのはきっと人間と同じなんだろう。私は自分自身がひどく痛みには弱いタイプなので、人が我慢できる痛みを我慢できない。モリーもきっとそんな子なんだろう。

元気いっぱいのかわいい笑顔のモリーに戻るのはそう時間はかからないだろうけど、今回ばかりはママのほうが心臓が止まりそうだったよ。心配性なんだから心配かけないでね…。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

Trackback URL


Comments

Comment form