<< 参った。。。そのいち | main | 実はファンタが…。 >>

2014/05/30 Fri

Category: 虹の橋へ

さよならメアリー。

29日11時過ぎ、アラレを譲ってくれた友人の初めての愛犬が亡くなった。沢山の経験を彼女に与えた素晴らしいラブラドールだった。

半年くらい前、悲壮な声で「メアリーの足に癌ができちゃって…切断するかしないか決めなきゃならない…。」と相談してきた彼女。絶対に死んだりしないそういう存在の愛犬に突きつけられた最後通牒に動揺は隠せるはずもない。大型犬で15歳を超える年齢を考え、股関節に問題を抱えていることを考慮したら、足の切断はその仔の最後の生活クオリティーは大幅に下がるだろう。

切断して完治するのなら、それに股関節に問題が無いのなら決断は簡単だけど、癌の転移もほぼ確定の状況でなぜ獣医は切断を進めるのか。。。

癌によって切断を選択した色々な事例をお互いに見つけてはこうなっていくんだよねという現実に苦しみ、どうしたらいいんだろうという問いかけに最後は私なら切らないと答えた。それはそうするべきだという進言ではなく、もしもあの子が私の犬だったら私の取るであろう選択肢の答えだった。

「もしも切断したとして、切られた足は結局捨てられちゃうのかな?あの子の一部なのにそんなの嫌だな…。」

何を言っているんだろうと最初はいぶかしく思った彼女の言葉に、「駄目になっちゃったものはもうどうしようもないじゃん、処分されたくないってどうやってとっておくっていうの?」と冷たい言葉を投げてしまった。すぐに冷静に物事を考えられないような状況に違いないのに、何ってことを言ってしまったのだろうととても反省した。

「今はさ、切り取られた足がどうなるのかよりも、あの子が生きていく残りの時間の中に何を優先してあげることが一番の幸せに繋がるのかって考えることが先なんだよ、それを決めてあげられるのはあなたしかいないし、あの子はあなたが決めてやってくれることがどんなことだったとしてもすべて受け入れてくれるのだからしっかりしなさい。」と話した。

そのご・・・彼女は切断をしないことに決めて癌との騙し合いの日々を送ってきた。

いろんな雑誌のモデル犬をやったり、撮影が大好きだったというあの子は切断しなかったことでその後最後のお仕事を受け、見事に完了し、先日15歳のお誕生日を元気に迎え、29日、彼女の傍で天使になった。彼女を煩わせたのは最後のたった二日間だった。学生時代からの15年強の付き合いは彼女にとって姉のような存在だったのかなと思う部分もある。

今は一緒に暮らす犬たちに頼れる存在になっている彼女の大切な心のよりどころで頼りにしていたあの子がいなくなってしまうことの大きな影響は計り知れる物ではない。でもそれをきっと乗り越えて今後も犬たちのために頑張っていってくれるだろうと思っている。あのこ、メアリーもきっと天国から応援し続けるだろう。

メアリーのご冥福をお祈り申し上げます。素晴らしい犬との出会いでしたね。メアリーがあなたの人生を変えた犬でしたね。今は悲しみの中から抜け出せなくてもいつでも待っているからまたメアリーの話を聞かせてください。合掌
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

Trackback URL


Comments

Comment form